すいません~。

ブログの更新、

なかなかできなかったんですが

みなさんを忘れていたわけではありません。

年末年始はスタッフのみんなを

「お里帰り」させなくてはならないので

人手不足でてんやわんやでした。

しかも難病の重手術を

ご希望の患者さんたちが

毎日毎日ガンガン来ました

(今も続いていますが)

再生医療の希望者も殺到中です。

半身不随の動物が走れるようになります。

移植する再生細胞は私が私の研究所で

培養しますので本当に時間を食われます。

HPも現代調にリニューアルしましたが

実はまだまだ未完成なんです。

コンテンツを順次追加して

皆さんの役に立つような形に

仕上げたいと思っています。

あ、、、ここでは

「仕事の話はしない」

ことになっていました。

では近況報告。

これは1960~1980年代に

かけてつくられたスパイカメラの

オプション部品色々です。

年末にマニアのお店、

カメラ&ウオッチバーの

オカダヤさんから

もらっちゃいました、

探していたものも含まれていたので

嬉しかったですね。

感謝以外に思いつく言葉がありません。

スパイカメラとは何ぞ。

という方が多いでしょうから

紹介しましょう。

1960年型のミノックスⅢa

という超小型カメラです。

少し前に手に入れて

大切にしていたものです。

ブラックボディは本当に珍しく

当時の愛称は

プライベートアイ(探偵)

だったそうです。

この写真機に使う

8×11ミリのフイルムは

もはや売っていませんから

市販のものを

純正の専用器具で切り出します。

これは浅草のハヤタさんから

安く譲ってもらいました。

ありがたいことです。

1971年製の

ミノックス専用プロジェクターです。

小さなポジフィルムを大きなスクリーンに

投影するのが実に面白いですね。

物理的に不利なフォーマットで

最高を目指すのは

ピストルでミサイルに

対抗するのに似ています。

男の美学のひとつです。

今時、改造フイルムの現像を

受け付けてくれるような

趣味人御用達のラボなんか

ありませんから

自家現像します。

しかし仕事が忙しくて

時間が無いため

ドイツ製のポジ現像キットは

まだ未開封です。

仕方がないから

別の映写機で

昔撮った35mmポジを

見てみました。

これを代償行動と言います。

ん、、、これは素晴らしい。

デジタルの電脳ストレスに疲労した脳に

アナログの何と心地良いことか。

ライカ版のポジを撮るなら

1990年代の写真機がベストです。

この頃のアナログ機械文明は最高潮に

達していましたからね。

というわけで

昔のライカR7を引っ張り出しました。

ん~、なんか脱線してきましたね。

と、言いましても

仕事がキツキツに詰まっていますから

撮影旅行に出かけるわけにもいかず

病院の館内で

カメラマンごっこして終わりですよ。

つらいですね、

でも悲しくないです。

男は仕事が第一なんです。

みなさんこんにちは。

四代目ドーベルマンの

野村オスカーだよ。

とうちゃんがゴッコして気がすんだら

あちょんでもらおうと思って

待ってるところだよ。

じゃまたね!

クリスマス~。

a9900443

今年も銀座の中村のおじさんが

かっこいいクリスマス・ディスプレーを

飾り付けてくれました。

病院A棟の一階エントランスです。

a9900452

この時期は街がキラキラしていて

素敵ですね。

a9900445

今年はなぜかタマゴちゃんみたいなのも

光ってます。

a9900216

a9900217

お花たちも

わんわんのような顔で

笑っています。

a9900282

とうちゃん、

とうちゃん。

a9900486

はいはい。

なんですか、

わが息子、オスカーよ。

a9900092

クリスマスイブってさぁ、、、

大きな袋を持った大男が

夜中に忍び込んでくるんだよね、、、。

a9900688

おみゃーはよー、

今さら何言ってんニャ。

そういうのじゃないって

前にとうちゃんに教えてもらったニャ。

あ、みなさん、俺はトラキチです、お久しぶり。

a9900109

でも、おいら

立場上、許せないんだよね、

不審者の侵入は見逃せない。

a9900687

はぁ~ 。

では看護婦のおねいさんたちに

聞いてみるといいニャ。

(キリッ!)

a9900362

はい、看護婦のおねいさんです。

クリスマスはね、幸せ満点の

ウッハウハの大イベントなのよ。

関係ないけど新型の制服のマークが銀糸でキラリ。

a9900159

そしてこれは

A棟二階のディスプレー。

コンセプトは“乙女のウキウキ”

a9900263

なるほどー。

アッツアツで

ウッハウハの大イベントかー。

a9900925

ということは

とうちゃん、あちょんでくれるね、

きっと。

a9900727

もちろんだニャ。

とうちゃん、あちょんでくれるニャ。

それと、誰もアッツアツとは言ってないニャ。

a9901248

はい、わかりました。

あちょんであげます。

(とうちゃん)

a9900905

しかも、クリスマスの日には

プレゼントがもらえるニャ。

たとえばマグロとかマグロとか、マグロなんかだニャ。

a9900911

そんなことより

そこに乗ったら

いーけないんだー。

a9901192

ほっとしたら

なんか

ねむくなってきた。

a9901137

突然ですが、こんにちは。

地下一階の

熱帯生物・飼育温室で暮らしている

ナイル・アロワナのトトメスです。

くだらないブログですいませんね~。

a9900128

ぐー。

ぐー。

ぐー。

とうちゃーん。

a9900969

ピカピカ。

キラキラ。

チッカチカ。

a9900176

さあ、年末の追い込みだ、

仕事だ、仕事。

a9900433

野村獣医科Vセンターは年中無休です。

だからもちろん

年末年始も無休で診療いたします。

ただし従業員達にお里帰りをさせるため

大晦日~新年1月6日の間は

診療時間短縮になっていますので

ご来院の際は御注意くださいませ。

何卒宜しくお願いいたします。

1974年式 西ドイツ製録音機

nik_2897

1976刊行の古い雑誌…。

そしてその横にある黒い箱は

当時物の西ドイツ製録音機です。

メーカーはUHER(ウーヘル)と申します。

大変に高価な品物でしたから

そのころまだ少年だった私には触れる事はおろか

現物を見ることもかないませんでした。

本機は二十年前に中古品を偶然見つけて購入したもので

大切に使いながら現在に至ります。

使用目的としては鳥や虫やカエルの声の記録ですね。

「はぁ?」と思う方も多いでしょうが

40年くらい前の動物好きの間では流行ったんですよ、

自然音の「生録音」…。

私はいまだにそんな絶滅危惧種みたいな、

というか、もはや完全に絶滅して

化石になってしまったような

アナログな趣味を

たった一人で続けているわけです。

さみしいですね。

nik_2776

この雑誌も当時のものですが

注目していただきたいのは

上に乗っている旧式態としたゴツい

マイクロフォンです。

これはSONYが放送局のリクエストに応えて

再生産した防滴マイクで

現在も台風の中継などで使われているのを

見ることがあります。

nik_2773

私の場合、この野外用のタフなマイクを

こんな器具に取り付けて使用します。

遠くの音を大きく録音するための

パラボラ集音器です。

どのくらい感度が良くなるかと言えば

野村獣医科Vセンターの七階の窓から

中野通りの反対側を歩いているオジサンの

キモい独り言が聞き取れるほどです。

別にそんな汚いのは聞きたくありませんが

鳥の声を録音する時なんかは

この組み合わせは正に無敵なわけです。

実は今年の初夏の季節、

毎年屋上ににやってくる

渡り鳥のサンコウチョウを

録音しようと思っていました。

「月、日、星、ほいほいほい」と鳴くんですよ。

三つの光だから三光鳥というわけです。

おもしろいですね。

しかしどういうわけか

季節外れのヒヨドリが居座っていたため

サンコウチョウは怖がってやって来ませんでした。

残念でした。

nik_2958

とうちゃん、

とうちゃん、

ざんねんだったね。

nik_3363

残念な時は

サッポロ一番カップスター!

nik_3403

話は変わりますが

今年もこの二人、

子供をつくりました。

nik_3428

ジャーン!

一人っ子だじょ~!

nik_3429

おっ!

P5230091_edited-1

おっ!!!

L1020228-b

仕事しよっと。