CONSULTATION 診療案内

通常診療はもちろん、
小さな相談事や
日常の動物に関する
様々なトラブルも
お任せください。

二次診療、
セカンドオピニオン、
難病の治療、
難手術、
最先端の高度医療も
対応いたします。

野村獣医Vセンターは
「小回りがきく町のお医者」
ですが
「最先端のハイテク大型病院」
でもあり、
これは他に類を見ない
存在です。

興味、愛情、責任。
プロ意識に満ちた
スタッフたちと一緒に
今も昔と全く変わらない
〝動物好きで経験豊富な
院長〟が現役を続け、
最前線で頑張っていますので
ご安心ください。

我々のモットーは
思いやりに満ちた親身さと
動物第一主義であり、
その使命は動物たちと
動物の飼い主たちを
守ることなのです。


診療対象動物

犬科、猫科の診療

犬科、猫科イメージ

犬科、猫科の診療

犬科、猫科イメージ

●診察科目
ジェネラルドクター
(全科目総合医)として
動物医の定番の
内科、外科、皮膚科、産科、
はもちろん、
様々な科目に精通しています。
様々な症例に対応可能です。

●通常診療受付
本院は敷居が高いと
思われがちですが
普通の病院として
遠慮なくご利用ください。
日常的な診療を受ける
かかりつけ医こそ
いざという場合のために
実力を吟味するべきです。
各種の予防接種や
フィラリア予防、
様々なご相談なども
気軽にお任せください。

●様々な手術
一般的な手術だけでなく
難易度の高い手術や
特殊な手術もご相談ください。
また、技術的、美的センス的に
普通の動物病院では不可能な
ドーベルマンやピットブル等の
〝機能改善〟と〝疾病回避〟を
目的とした伝統的な
〝特殊外科〟も受付けます。

●最先端医療
最先端医療もお任せください
①再生医療(自家培養の幹細胞)
2014から開始
②第四の癌治療(免疫細胞治療)
2014から開始
③第五の癌治療(ICG光療法)
2010から開始
④第六の癌治療(HV治験中)
2023から開始
その他様々な最先端医療が
施術可能です。

イタチ科の診療

イタチ科の診療イメージ

イタチ科の診療

イタチ科の診療イメージ

一般診察はもちろん、ジステンパー予防、
フィラリア予防、外科的処置である
副腎腫瘍(左右)の摘出、
誤飲による異物摘出等行っております。

当院院長がフェレットを広めた
第一人者のため、
日本中から様々な病状の患者が訪れ診察しております。
どんな病状でも対応いたしますので
お困りのことがありましたら
まずはご相談ください。

また、飼育指導も行っておりますので
ご相談ください。

エキゾチック科・特殊動物の診療

エキゾチック科・特殊動物の診療イメージ

エキゾチック科・特殊動物の診療

エキゾチック科・特殊動物の診療イメージ

※要予約。
必ずお電話の上ご来院ください。

当院ではウサギやハムスターなどの
小型哺乳類やは虫類、魚類、動物園動物、
特殊動物などの診療も行なっております。

院長は
「自身が飼育した事のない
ジャンルの動物は診療するべきではない」
とのポリシーから
多種多様の動物を飼育し、
経験を蓄積してきました。
は虫類の診察においては
1989年に日本で初の専門医として
世界に認められ、
現在に至っております。
そのため珍しい種類の動物も
診療が可能な場合もあります。

まずはお電話にてお問い合わせください。