ありがとうございました!

>皆様

テレビタックルの反響が
ここまであるとは思いませんでした。

熱烈な応援、
誠に有難う御座いました。

そして皆様の思い遣りのお言葉に
感謝、感謝の気持ちで御座います。

さて、今回皆さんの意見を頂き
印象的だったことは

①皆さんが今回の放送を
 とても“熱心に視聴”していたらしいこと

①皆さんが番組の
 “編集に不満”を感じていたこと

③皆さんが討論内容の次元の低さに幻滅し
 “キャスティングに違和感”を感じたこと

④皆様が求めていると思われる私の話の次元と
 他の出演者の取り上げたい話題の次元に
 立場上そして経験上の違いから
 非常に大きなギャップがあったこと

⑤全体的な状況と
 そこでなされた議論が読解できず
 横道にそれて理解してしまった
 視聴者の方もいらっしゃったこと

⑥そしてこの場の書き込みを
 していただいた方たちを含めて
 ほとんど全ての方たちが
 私に対して好意的だったこと(感謝です!)

実を言いますと素人の出演者を相手に
この手の議論を展開した場合
必ず支離滅裂な結末になることは
予測していました。

だから私は番組の冒頭で
以前より繰り返し述べている
「自然圏と人間圏の関係」の概要を
発言いたしました。

そしてそれを踏まえた上で
科学的な“家畜の育種”という見地や
人類学的なヒトとイヌの歴史等の
バックボーンを知っていただき
とりあえずは大まかでもよいので
“犬とは何か”という“基礎”を
理解してもらいたかったわけです。

つまり、現代における動物に関する
諸問題の議論を開始するには
その場にいるメンバーの知識的な、
あるいは誤解を恐れずに
申し上げるならば“民度”的な
意識の確立と統一が必至だったのでした。

そうです、
「地球を支えているのは大きな亀で
地平線の果ては滝になっている」と
信じ込んでている人たちには
“ピタゴラスの定理”も“ダーウィンの進化論”も
一生理解不能なのです。

そればかりか発言者の一部は
つまらぬ意地を張り通したいがために
観衆の中で己の無知を晒す脅威に怯えてしまい
その結果、専門家の意見に耳を貸さず
根拠不明で内容の無いの孫引き本の一節を
呪文のように繰り返しつぶやきながら
心の殻を閉じ、ひねくれるという
ひどい結末になりました。

大きなメディアの中、
このような負のスパイラルの影響で
最終的に一番苦しむことになるのは
もの言えぬ弱者(今回の場合は犬たち)です。

そもそも犬に服を着せる着せない云々などと
延々と論議するのはナンセンスです。
本当に低次元すぎてばかばかしかった。

生物圏の淘汰を逃れ人間圏に従属し
本来の野生とはかけ離れたポジションに
存続している家畜たち。
その最たるものが犬族なのです。

だから家庭犬、使役犬を問わず
防寒が必要なら服を着せ
防護が必要なら靴を履かせればよろしい。
元々、服とはそのような目的のものですね。

英国の騎馬警官の”馬”でさえ
“たてがみを三つ編み”にして
“防寒コートを着用”していますし
もちろん蹄(ひづめ)には
ちゃんと蹄鉄(ていてつ)を打っています。
話は実にシンプルですよ。

このあたりに関しては本当にくだらない討論でしたね。
博愛主義でお人好しの私も人間たちに対する態度を
考え直さねばいけないと思いました。

我々は愛すべき地を這う友人たちに対して
湧き上がってくる思い遣りの気持ちを
行動に移せばよいだけです。

一部の大天才によって確立された人間圏、
その文化、科学の力の中で
”文明の胎児”となっているのは人間だけではなく
共生関係の元に家畜化された生命体の一群も
同様であると思ってください。

前時代的な野蛮な思考を正当とすれば
動物の管理者の負担はかなり少なくなるでしょうが
だからといって禅問答のような屁理屈で武装して
自分の中だけで安全地帯にいるのは卑怯だし
そんなことではダメです。

人間の皆さんの各々が
人間であることのおごり高ぶりを捨て
生物の一種として考えながら生き、
かろうじて隔離されている人間圏が
生物圏のお情けであることを知り、
生まれながらに備わっているであろう
生き物としての心の中の常識と
全ての生き物が持っているはずの優しい気持ち、
そして人間らしい潤いのある心を
今一度取り戻すこと。

そして人間と共に繁栄することに
自己DNAの未来への存続をかけて
捨て身の戦略を選んだ
愛すべき家畜たちに
その全てを向けてあげること。

それが全ての問題の
唯一の解決策です。

おわり。

★写真説明

野村獣医科Vセンターの
七階屋上から見た富士山。

東京の真ん中からも見えるなんて
富士山って本当に大きいんですね。

百戦錬磨で無敵のオスカーとうちゃんも
こいつにはかないそうにありません。

「ありがとうございました!」への26件のフィードバック

  1. 先生の著書を読んで大好きになりました。
    以前、先生直筆のイラストもいただき大切にしております。
    テレビを観て、視聴者が先生のことを誤解しなければいいと思います。
    先生ほど、動物に対して熱い愛情をもって接し、それを獣医という一見すると辛い形で使命感を持って実践されてる人を知りません。
    私も動物が大好きで獣医になりたくてしようがなかった時期がありましたが、その生き方を突き進む勇気がもてなかった人間です。
    先生の動物に対する愛情は、まっすぐで強くて迷いがない。
    それが伝わるのでここに書き込む方はみんな先生のことが大好きなのだと思います。
    (動物が大好きだから先生に託す…という思いもあるのかな?)
    あの放送によって色々と大変かもしれませんが、これからも頑張ってください!応援しています。
    そして、私も一度はくじけましたが、愛すべき彼らのためにできることを実践していきたいと思います。

  2. どう言ったらいいかわかりませんが、、
    野村先生の言葉は本当に心に響きます。
    こんなにも胸に直球で届くお話をされる方はそういませんね。
    今もですが、先生の本を読むとじーーーーんとしっぱなしです。笑
    しかと心にとめて私も頑張ります!

  3.  野村先生のテレビタックルについての反響を読ませて頂き ウン!そーなんだ!そっか!OK!いいよ!って やりながら
    TVをつけていたんです。
    そしたら
    とある深夜の番組で、今はやりの女の子が色々なお店にいって
    店長とかに値切って、その金額で視聴者が購入できるシステムです
     この段階でわかるとは思うんですけども、今始まった事でもないので。。。
    女の子達がペットショップに行き値切り開始!
    3匹のワンちゃんが対象でした。
    ある程度1~2万位の値引きかなーと私は思っていたんです
    その位の値引きなら今ペットを本気で探してる人は
    『まー助かるわー$、でもこの子で本当にいいのかしら?ワタシときたら!!』って感じで考える余裕を失わないですむし
     でも女の子達がそのペットショップの幹部?取締?らしき
    人に電話して更なる値下げ交渉したらそのペットショップの
    中では偉いだろう人が、『店の評判上がりますかー』『わんちゃんだけにONEコイン』みたいな事言って、なんとトリオのワンちゃんが1匹100円になったんです。。。 こわっ

    自分の意思で相棒を選んだり、探したり、知ろうとしなくてもかまわないyo-っていう人たちが、100円もってワンちゃんを連れて帰るみたいです。 
     100円って1円や10円よりピカピカして、お花の絵も掘ってあって可愛いいけど価値が低いと思います。
    頑張って100円貯めるってきいた事もありません。
    どっかに落ちていても『あー100円落じゃん アンタにあげるよ』みたいな余裕を感じさせる存在です。
     先生みいたにメディアを使って動物を理解出来ない人に懸命に動物達の事を伝えてようとしている反面で、メディア自体がこのような事を企画をしてる。ニュースなどで、ブリーダーによる動物虐待を取り上げながらのこの企画!
    全ては今更始まった事ではないけれども、先生が願っている事を私が実践できる事はやっていきたいし、先生が私に教えてくれる事を多くの人にも伝えて、みんながもっと動物に対して自分の意思を持って行動できれば最高だと思います。
    そしてメディアはその力になるべきものなのに。。。と思いました。残念。。。
     
     

  4. 犬といると本当に楽しい。
    仕事もがんばろうと思う。くよくよ悩まないでいこうと思う。犬ってほんとにありがたいです。
    そう、思えるようになったのは、野村先生の本を読んだから。。。
    人生楽しいよーい(^^)V
    ワーイ!!

  5. 先生が、自然圏と生物圏の話をされたとき、いつ

    もブログで語られてる話と一緒だなと思ったの

    ですが、テレビタックルのコメンテーターには

    通じずびっくりしました。

    でも、先生を信じて応援してる方たちは、ちゃん

    と通じてるので大丈夫です。

  6. 先生・・・すみませんTV見れませんでした。。。

    でも先生のコメント見て大体の内容が思い浮かびます。。。

    どこかでTV録画探してみたいと思います。

    こんごもご活躍期待しております。

    一ファンとして。

  7. 人間も生物圏の一部なんですよね。
    普段意識して生活していませんけど、先生の話を読んでハッとさせられます。
    そういう謙虚な気持ちと、小さくても沢山の愛情をくれる動物たちを、大切にていきたいと思いました。
    先生のように現実の世界で本物の汗を流している人は立派だと思います。

    今日はステキな夕暮れの富士山の写真をありがとうございます。
    都内でも天気が良ければ毎日こんな立派な富士山が見えるのですねぇ。

  8. 先生こんにちは。お久しぶりです。
    番組は録画したのですが、絶対にイライラすると思い
    まだ見ていません。
    先生の記事やたくさんのコメントを拝見しましたが
    やはり想像通りのようです。
    もう見ないで消しちゃおうかな・・(苦笑)
    先生の記事の内容は素晴らしいものだけど、
    結局はバカな連中はこちらを読んでいなくて、
    良い人間の方達がここを読んでいるのだろうなぁと思います。
    悔しいなぁ。
    バカな連中にこそこちらを読んでもらいたいのに。
    まぁ理解、納得できるかどうかは疑問ですが・・。
    野村先生、私は先生を信じてついていきます。
    (ストーカーじゃありませんよ!)
    いつまでもず~~っと応援しています。
    うちのワンコ共々よろしくおねがいいたします。

  9. まず単純に内容・映像が…泣けてしまって見るのが辛かったです。
    そして先生のお話をきちんと聞きたかったのに途中でチャチャ入れられるような流れが辛かったです。
    同じように知識のある人との、意見のやりとりで興奮して話の途中でつい、ならまだしも、あれではほんとに話しについて行けないからとりあえずヤジっとけ、みたいに見えて。
    (あの人達はあの人達の専門分野の時に存分に語ればいいのに。謙虚で真摯な姿勢なんて番組からしたら邪魔なのかなぁ)
    全員何かしらの動物のプロが来るのかなと期待した私があさはかでした。

    わざと話題を横道にそらしますが、録画して見たので、まだお元気な郷里大輔さんのナレーションが聞こえて別の意味で泣きました。ドズルさん…

    番組は残念な内容でしたが、それでも先生のビッとして、礼儀正しい態度が服の白さよりなお眩しかったです!
    消化不良な気分になったので、持ってる先生のご本を寝床に積み重ねて毎日じっくり読み返しておりますよ~。

  10. TVタックルを拝見し、悲しみで胸が痛み、怒りと憤りでいっぱいになりました。
    番組後半では、「ペットの殺処分をどうすれば減らせるか」「悪質業者をなくすにはどうするか」etc・・・議論されていましたが、次元が違うな、と非常に違和感を感じました。
    それらを議論する前に、もっと考えるべき事があるのでは?人間が人間としての心を失っていることに、根本的な問題があるのでは?という気がしてならないのです。
    ですから、あの議論を聞いて、愕然としました。
    自身のブログでも感想を書きました。
    私のブログなど、読んでくださる方はほんの僅かしかいませんが、少しでも気持ちが伝われば、と思います。

  11. 先生のご意見をもっともっと聞きたかったです。
    あの題材を選んでくれた番組には感謝ですが、編集が残念過ぎました。視聴者に丸投げし過ぎです。
    先生ファンとしては「朝まで生テレビ」やってほしいです。
    それにしても、ドイツの施設はすばらしい。日本も考え方を根本的に変えて見習って欲しいです。あんな施設が出来たなら死後全財産寄付します。
    先生これからもどうかお体を大事にして下さい!
    日本の動物達になくてはならない存在なのですから。
    変わらず応援します!

  12. 犬を飼って買って狩って勝手過って・・・
    あのテレビには色んな「かう」がありましたね。

    でも、どうして自分のパートナーに対してあんな風に思えるのでしょうか?
    難しい話じゃないですよね。
    相手に対する優しさの問題だと思うんです。
    そんな人がメディアで何かを伝えることができるのでしょうか?
    ただ人間と同じ言葉を話せないだけで、感情もあるし会話だってできるのに。
    なんだか、おかしいですよね。

  13. はじめまして
    ゴールデンでペットの悲惨な現状が放送されるとあってTVタックルを楽しみにしていました。
    泣きながら見ましたが、これが現実なんだと・・・
    でも保健所は窒息して苦しんで死んで行く事を付けくわえてほしかったですね。
    老犬を持ち込んだ人は安楽死と勘違いしての事なのでしょう。今頃番組を見た無責任な飼い主が保健所に駆け込んでいるのではと胸が痛みます。
    政治家などとの温度差や知識の差も残念でしたが、ゴールデンでああいった内容の放送が出来た事は進歩ですよね。

    今後共ご活躍をお祈りしております

  14. お礼を言うのはこちらの方です。
    お忙しい中、ここまで丁寧なコメントを返して下さったことに感謝です。コメントというより本の一節をを読んでいるかのようでした。

    日々「一生物」として正しく生きてゆけるよう、精進しなくてはと思いました。

  15. TV、放映されるのを知りませんでした、ザンネン・・・(泣)
    でも もし見られたとしても、お話を聞く限りでは いい気分で番組を見終えられたとは思えません。
    TVって、編集や演出しだいで世論を好きな方向に誘導できるのですね。
    「物事を点ではなくて、面で見る」
    このセンセイのお言葉、胸に刻んでこれからも頑張ります!

  16. ホンットに嫌デスネ。
    熊に イノシシに襲われたから『撃ち殺しました。』

    人の方が生き物の色々を奪ったのに。

    動物やら 植物やら 失くなったら 人は、どーにも生きられないのに。

    センセ、オスカー君と肩を寄せ合い マウント富士を見つつ、コーヒーでも飲んで下さいね。 葉巻も。

    スーパーCar達は元気にしてますか?

    センセは愛する者が いっぱいで!忙しい!!

  17. 先生、わたしは常々思う中に『犬肉は食う!』  けど、『家族として飼ってる犬を捨てたり、保健所に連れて行き 殺処分は人でなしだ!』

    ・・・こう言う考え方までしか、進歩出来ない、ヒトデナシは多分・・。

    自分が檻に入れられ、涙と鼻水のマヌケゾンビ顔で命乞いしながら、厨房でサバカレる瞬間を体験して
    『本当はお前をこんな所に入れたくは無いのよ・・、許してね。およよよ(;O;)』
    っと、保健所を後に、荷がおりた様な能面顔して去ってく神を、
    いや神だと思ってたら(@_@;)とてつもない
    『無情のデビル』だったと
    思う間も無く 苦しみぬいて 
    自分が汗水たらした血税と言う矛盾した薬で殺される体験をしなければ解らないんでしょうね。

    じゃ、どうするかと自分に問うとですね。
    人の税金は、殺処分には問答無用で使うな!
    そろそろいいかげん、犬が人間社会にとって重要な救世主になる可能性が
    有るんだという事に問答無用で気が付け。
      
    人の税金は政治家が政治家で居る為には使うな!
    何に使うかは、60%は納税者に決めさせろ!
    勿論納税者は、個人の懐なんざ~チョロマカシタもんなら
     公開おしり100ぺんぺんの罰。
    超~~はずかしい(#◎◎#)
    しかも、見届け人は幼稚園児。(^。^)
    『このおじさんは、欲たかりで助け合いの精神がちょっと解らない様なので
    反省してもらいましょうね~、皆さんは今後はこのおじさんのように、
    大人になって自分の為だけに、税金をチョロマカシテハいけませんよ(^・^)』

    そして、人の税金は40%は大切に運用してみせろ!
    そうすると、どうなるかと言うと、政治家は目くそ鼻くそ同士、
    罵りあってる場合じゃなくなり、本気で国を良くしたいと思う者だけが安い給料でもいいのだと残るのだ。
    でも、そうなると殆んど居なくなるでしょうね。
    そんでもって、人間以外の生き物を馬鹿にしている輩は、
    税金の使い方等と言う高等な知識など無い為、狭い汚い世界に追いやられ
    いつも脱税をして、未来の宝である子供達に世の中の非協力者として
    尊敬するに値しない生き物として認めてもらえず、淘汰される羽目に・・。
     嫌ですよね、そんなの。さぶっ(・@・;)

    自分の身の置き方を少しずつ考えると言う微々たる進歩を見せざるを得ない事に。

    アメリカでは犯罪者に、処分される犬を自分のパートナーとして与え
    介助犬やセラピー犬として教育させ、犬も本来の人と共に生きる喜びを感じ、
    生きる権利を取り戻し、犯罪者の心にも人間としての本来の優しさと・責任・自己愛をも思い出させるシステムは賛成ですね。
    どちらも、勝者ですからね。

    とは言うものの、きっとわが国は、わたしがヨボヨボに朽ち果て
    先生の言う、前時代的人間が多いこの地の肥やしになっても
    動植物に対する認識は低いままなのでしょうね。

    でも、わたしは先生の味方さ!!
    キラキラと輝く瞳の、少年少女の心をしっかりと捉えて、先生の様な大切な事をちゃんと知って生きる未来の生き物先生が見えるのさぁ。

    オイラには(-_-)
    うわっかるのさ~~~~\(^o^)/
    ほな、めげないで 生き抜きましょ~~。
    いつも、馬鹿みたいですいませんm(__)m

  18. 動物を愛する言動、動物を大切に扱う言動は、批判されるべき事ではないと思います。
    動物愛護の精神を、日本人はもっと持つべきですよね。
    今後も、野村先生の能力・スキルを動物達の為に、大いに発揮して下さい。(毎日、お疲れだとは思いますが…;頑張っている方に、頑張れと言う程、酷な事はないと思いますが…;)
    応援しています。

    P.S 野村先生、ワンちゃんばかりごひいきにしないで、猫ちゃんもLOVE LOVEして下さいな。猫ちゃんの本や猫ちゃんのお話も、もっとお聞きしたいです。。。

  19. 野村先生は。。。

    獣医高度医療の第一人者。
    自力で築いた大きな病院の院長先生。
    動物を愛するタレント。
    絵を描けば上手だし、
    プロの執筆家でもあります。。。
    そしてなによりも
    優しくて面白くて強くって
    頭がよくて男前。
    びしっと一本筋の通った頼りになる男性。。。
    世の中のダメ男たちが嫉妬して
    ネットで卑怯なことするのも無理はありません。
    でも先生。。。
    先生は何もしなくても
    すでに完全に野村先生の勝ちです!!!
    その差はゴミクズと太陽くらいあります。。。
    先生を見るたびにつくづくいい男だなとほれぼれします。。。

  20. 『犬に服を着せるか否か』のくだりは確かにナンセンスでしたが、あの番組の視聴者のレベルとしては、そこはおさえておいてくれてよかったと私は思っています。私としても『犬に服を着せることの意味』を、しっかりとおさらいできましたし^^
    でも正直笑ってしまったのは、くだんのことを討論されている中、出演者陣の背景に“サングラスをかけたワンちゃんたち”の写真が写し出されていたこと。一匹たりとも『サングラス嫌だワン!』って言ってる子は見当たりませんでした。論より証拠。“服に反対”の人たちには、ぜひとも後ろのスクリーンを見て欲しかったなぁ~(笑) サングラスをかけけてる犬たちの顔、どう見ても笑っていましたもん。

  21. ふたん、テレビをみないのですが
    ふとつけたら野村先生が出演されていてそのままずっとみていました。

    先生が言われた、
    「犬は地球上で唯一肉眼で神を見ることができる生き物」
    感動しました。

    犬の綴りを並べ替えると「GOD」
    犬の愛は神の愛に近いという
    近いのは神を愛していたからなんですね

    虐められても無視されても
    神のあたえたもうた試練と思っているのか・・
    つらいです

    命にやさしい世の中に早くなってほしいです。
    人が「家畜化」した生き物を守るのは人間の義務であり責任と思っています。

  22. お久しぶりです。
    テレビ見ました!!!

    流行で買うのは、服までにしてほしいですね。
    「流行が終わったから交換して」なんていう人は
    犬を飼ってはいけません。
    と、見ていて思いました。

  23. 〔unko〕さん、御忠告有難う御座います。それにしても犯罪に走るなよとは、意味不明、いったい貴方様は何者!胡散臭い。ア、ソーカ名前も臭い、、、、、、、

  24. 先生の男らしさはまぶしすぎるからゲスな卑怯者には直視できないんでしょうねえ…。
    にしてもアンチの人って先生に関心高すぎです…。変な書き込みをする人は裏を返せば一番熱心なフアンとも言える…(笑)個人情報丸出しで複数のハンドルネーム使う間抜けさに免じて許してあげましょうよ(爆)

  25. もうすぐ桜の季節ですね。病院の帰りに隣の京和菓子の団子で花見、今から楽しみにしています。

  26. 皆様へのお返事です

    >皆様

    皆様の優しいコメントに感激です。

    確かに卑怯でネガティブな奴は多いけれど
    そういう輩は一生
    ひねくれたつまらない人生を送るのだから
    それはそれで因果応報なのでしょう。

    皆様のように心に潤いがある人たちがいる限り
    この世も捨てたもんじゃないなあ、
    と私は感じています。

    日が長くなって来ました。
    病院前の桜並木は花芽が付いていますよ。
    またあのピンク色の花吹雪が見られるかと思うと
    わくわくしちゃいますね。

    皆様のご近所にも
    春の到来を告げるサインがあるはずです。
    目をこらし、耳をすまして
    楽しい季節を心待ちにしてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*