お仕事の話(第二夜)

 

 

“完全に手遅れ”になってから来院してもらっても
ドクターノムラの威力を発揮することはできない。

せめて“完全に手遅れの一歩手前”で
滑り込んでほしい。

できることなら「何かがあったらノムラ」ではなく
通常のホームドクターとして
普段から利用していただきたい。

日常的に蓄積されたデーター分析や
既往症の把握は
万が一の重病や緊急医療の際に
より一層のアドバンテージが期待できる。

たいしたことがない病気やケガ、
予防注射なんかで大病院にかかるのは…等と
そんな余計な気遣いは無用だ。
コンビニに行くみたいに
気楽に通ってくれ、遠慮は要らない。

なぜならば私は研究者などではなく
みなさんの動物たちのために
存在する“獣の医者”だからだ。

私の食事は一日一食、それも五分で済ます。
結婚式も、新婚旅行も、子作りもしなかった。
休日も、飲酒も、もう二十年以上無しだ。
何故だと思う?

動物たちが可愛くてしょうがないからだ。
動物たちに死んでほしくないからだ。
飼い主たちの喜ぶ顔が見たいからだ。

高度医療が可能な私の病院を
かかりつけにすることの意味を
今一度、素直な気持ちで理解してくれ。

写真①
オペをしているドクターノムラ。
本気の男は滝のような汗をかいて闘う。

写真②
数多(あまた)の戦闘で
破損した我が同胞(はらから)の一部。

写真③
癌をリンパ腺ごと完全摘出した。
この完成度に驚愕せよ。

猫の腫瘍のほとんどは悪性だ。
完治させるには大きなサージカル・マージンが必要。
テクニックとスピードが勝敗を決定する鍵となる。

そもそも高齢だからといって
オペにびびってどうする?
癌になるのは皆シニア。
高校生が乳癌になるか?

二十歳でも元気な猫が沢山いる。
猫の十五歳なんか
まだヒヨッコもいいところ。
勇気を出して大切な未来を取り戻せ!

☆☆つづく☆☆

「お仕事の話(第二夜)」への10件のフィードバック

  1. ものすごい大手術と、この完璧な縫い目!
    これを飼い主さんの見ているガラス張りの手術室でやれる獣医さんは、他にいないのでは。
    先生は超人だと思います。

  2. 「動物たちの最後の砦」そんな言葉がぴったりですね!
    先生と同じ時代に生きられたことを幸せに思います。
    だって、カワイイわが子にもしもがあっても センセイに診てもらえるのですから!
    ただ・・・
    散っていった同胞のようにならぬよう、お体にはお気をつけてくださいね。

  3. 予防注射が元で、16歳半可愛がっていた愛犬を

    死なせてしまった経験を持つので、病気にかかっ

    てなくても、信頼して診てもらえる獣医さんの

    重要性をひしひしと感じます。

    リンパを全摘出来るとは、知りませんでした。

  4. 野村先生は男らしい優しさがあるので安心できます。

    飼い主から見えるガラスの手術室とかは技術がたしかで手際がいい野村先生だから出来るわけで…。
    そんじょそこらの偽善獣医がまねしたらきっと…(笑)

    先生、今日も一日
    身体に気をつけて頑張ってください。

  5. 初めて受診した日を思い出します。
    本当に、
    「あんなに有名な病院に行ってもいいのだろうか?」
    「大病を患った者しか受診できないのではないか?」
    「ワクチンだけで受診する人はいるのだろうか?」
    「お財布の中身はこれだけで足りるのだろうか?」
    たくさんたくさん考えて、でも、愛犬が大切で、清水の舞台から飛び降りるつもりで受診しました。
    私の心配など吹き飛ぶほど丁寧な対応をしていただいて、診察室には野村獣医科を信じている飼い主さんと動物の姿がありました。
    日頃から診てもらう事の大切さ、よくわかります。
    今は、先生に紹介していただいた大阪の病院で診てもらっています。先生の紹介と言う事で安心して受診する事ができ、また、そこの先生も先生同様、再診料とらず不必要な検査せずの先生です。お蔭様で、我が家の子供達は元気元気で走りまわっております♪
    先生、お体に気をつけて頑張ってくださいね!!!

  6. ですです!
    だから私は、少々遠くてしんどくてお金がかかっても、こちらに通い続けるんですよね~。
    センセイやスタッフの皆様がうちの子のために持てる全ての知識と技術を駆使して、汗を流してくださるんですから。。。親である私が頑張らなくってどうする!という。。。

    我が家の場合、何度か近場でフェレットのよいお医者さん探しをしましたが、結局は野村先生の病院の素晴らしさをいよいよ思い知るだけでした(^^;)

  7.  先生の熱い気持ち伝わってきましたwσ(・・*)もフェレットが飼いたいと言った主人に図書館で先生の本に出会い「かかりつけは野村先生の所に」って決めました。それが2002年です。いつも大変お世話になってます┏O)) ペコリ2年前にフェレットのイボのオペをして頂きましたが、
    本当に縫合がチャックみたいに綺麗で主人も感動してました。来週先生が出演なさるTVが楽しみ♪

  8. 野村先生、もう10年くらいになりますか・・・。ドイツからフェレットの不調を相談させていただき、その後ドイツフェレットの輸入のときにお手伝いさせていただいたビビママです。その節は本当にお世話になりありがとうございました。

    その後いろいろあったのですが、2001年よりある犬の飼い主になっています。こちらのブログはオランダのNaoちゃんから教えていただきました。

    野村先生のところは普段の健康診断には敷居が高いような気がしていたのですが、このブログを読んで伺ってみたくなりました。近いうちにお邪魔させていただきたいと思いますのでどうかよろしくお願いいたします。

  9. 過去記事に失礼致します

    新宿の焼けるようなアスファルトの上でノミと傷だらけで泣いている乳飲み子(猫)に出会ってニ年。
    近所の獣医さんにあまりいい印象がなく、獣医さんを敬遠して生活してきました。
    でも、今回鼻にデキものを見つけて大慌ていたしました。
    かかり付けもなく怯えていたところ先生の病院をたまたまインターネットで知り合ったこちらの患者さんに紹介して頂きました。
    それでも迷っていた私ですが、この記事を読んで涙が止まりませんでした。動物の為に走り続けて下さっているのだととても感動致しました。
    本日初めて診察に伺い、先生には診て頂けませんでしたが、先生のお姿を拝見してその真剣な眼差しにまた目頭が熱くなりました。
    どうぞお体ご自愛下さい。そしていつまでもお元気でいらして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*