嵐の海に挑むアンフィレンジャー!

さて、本日も本業に全く無関係の
コーヒーブレイクの記事ですよ。

★動画説明

野村獣医科Vセンターに配属された
水陸両用“救命艇”アンフィレンジャーと
全く同型の機体です。

海外において行われた
海難救助試験の様子ですが
過酷過ぎるシュチュエーションです。
普通の船ならすぐに沈没します。

荒波にもまれながらも
しっかり航行し、操舵も効いています。
ここまでの実力があったとは!

アンフィレンジャーが
単なるお遊びの乗り物ではないことが
よく判る貴重な映像ですね。

「嵐の海に挑むアンフィレンジャー!」への18件のフィードバック

  1. す…すごすぎる!!!
    何で???
    何でひっくり返らないんだろう???

    船に酔う私は波のバッシャンバッシャンする映像だけで酔いました…はい…
       ぎぼぢわるい…(^_^;)

  2. すごい!!
    こんな車?あるんですね。
    初めて見ました!!
    なんか、カッコイイですね!!

  3. ドアとくるまの後ろにある、赤十字のマークが、

    救命を使命とするかっこよさを物語ってます。

    陸海両用のくるまがあったとは、先生のブログで

    知りましたが、頼もしいです。

    1度乗ってみたいです。

  4. ここまでの実力があったとはとありますが、、
    院長先生おためしにならぬようになさってくださいませ、しかしいつか、ためされそうですねぇ。

  5. いらないなぁ~
    アタシには、‘ワイン’も‘大量の風邪薬’もいらないなぁ~

    この映像だけで…今、流行の(?)「意識朦朧の世界」へ旅立てます。。。

    ……うぷっ。。。。。

  6. 現実には、滅多にこんな状況で先生がこの車を運転なさることはないと思いますが・・・ほんといつかお試しになりそうですね~(汗!!)
    私は実際にこの中に乗り合わせていれば、すぐに酔いそうな軟弱者ですが、でも果敢に荒波を乗り越えていくアンフィレンジャーの勇姿を傍から見ていると、頼もしく惚れ惚れしますね。

  7. ハイテク医療機械といい
    きれいで大きな耐震ビルといい
    水陸両用車といい
    いつも真剣な仕事といい、

    先生は真の愛の戦士です!

    尊敬と感謝って愛に変わることがあるんですね‥。

  8. アンフィレンジャー、すごい!
    力強い泳ぎ(?)ですね。
    私はヨットが好きなんですけど、この荒波だと船なら転覆しそうですよ。
    海に潜って出てくるあたり、ある意味最強のスーパーカーですね!

  9. すごいですね!何で沈まないで帰ってこれるのかが不思議です。よく出来ていますね。ただ、私は遊覧船でも酔える人。最後まで見れませんでした・・。うぇっぷ。

  10. 大雨や川が氾濫した時に、一匹でも多くの動物の命がこれで助かるんですねぇ☆
    すばらしいレスキューカーだわ☆
    そんな優しい先生が大好き!

  11. ジエットコースターより楽しそっ☆

    でも、こんな波でひっくり返らないのはなぜ・・?
    すごい☆アンフィレンジャGO~!GO~っ!

    お疲れ様でしたっ☆(^O^*)

  12. 水陸両用という文字通り、本当に海と陸の区別なく動けるんですね~。海から上がって来る時に、「よいしょ」っていう感じが全くしなくて、平然と走り出しているのがクールで非常に頼もしい!どういう構造なのでしょう?興味津々です。これを実際に配備されているとは…スゴイの一言です。

  13. 波にさらわれたワンちゃんがいても、コイツが居ればもう安心!
    ノムラ・ヴィークルはツワモノぞろいですね!
    次は、アニマルドクターヘリとか?(笑)

  14. いつも楽しく拝見させて頂いております♪
    野村先生の考え方、生き方に深く共感し尊敬しておりますm(__)m
    うちにも動物がたくさんいるので先生の一言一言にとても勇気付けられています。
    アンフィレンジャー凄いですね!!!
    しかしあの荒波に入っていくのはかなりの勇気がいるのでは?
    何度も映像を拝見致しましたが実際生のアンフィレンジャーを見てみたいものです!

  15. ヨットじゃなくってこれを使えばいいのに(笑)。
    方向転換した場面は驚異的でした。
    それにしてもかなりの体力が必要でしょうね~。

  16. 先生、今日もお仕事お疲れ様です。

    画像は見れなかったですが、
    以前先生のアンフィレンジャ-写真を見せていただけてます♪
    そして私は「お遊び四級免許」を持ってます(♪あの頃君は~若かったぁ~♪)

    重心が低く、船底の形状も特有ですから、
    横波にも強く、保安庁の沿岸の摘発船や
    海難救助艇の様な動きが可能なんでしょうね。

    おまけに船長は先生、
    目的は救助♪

    カッコイイ~~

  17. 先生!お久しぶりですねぇ~。
    覚えていらっしゃいますか~?
    私事でですが・・・
    しばらく留守していましたが、またコーヒーブレイクに戻ってきたいのですが・・いいですかぁ?

    先生のアンフィレンジャーが入水した時の映像を見た時もびっくりいたしましたが・・・
    今回の映像は、迫力がありますね・・・
    いきなりこの映像を目の当たりにしたなら。。。私はまず警察に電話をしてしまうと思いますょ~。
    けれども状況把握がうまく出来ず
    (車?らしきものが海に・・・沈んで?いゃ”いゃ”えぇっ?浮かんで?・・・船?かぁ?・・)と、レスキュー隊を困らせることでしょうね(苦笑)

    ところで救助の際は運転席の屋根?部分からの救出活動になるのでしょうか・・・
    それも、また危険極まりないですよね!
    船と車がセットになっても・・あの荒波は恐過ぎますぅ~

  18. 皆様へのお返事です。

    >皆様

    アンフィレンジャーは
    陸上を移動するために
    非常にクルマ的な外観をしていますが…

    実を言いますと
    構造的には船というよりも
    “陸も走れる潜水艦”なんですよ。

    だから大波にのまれても
    難破しないわけです。

    本当に西ドイツの技術って
    ものすごいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*