漢(をとこ)が背中に背負うものは!

漢(をとこ)が背中に背負うべきものは
悲しみとか哀愁とか
そんなネガティヴなものではありません!

ズバリ言って巨大エンジン!
一番望ましいのはコレですね。

スーパーカーはオーバースペックな超エンジンを
“運転席の真後ろ”に積んでいるのが普通です。
これを“ミッドシップ・レイアウト”と言います。

その理由として“運動性能の向上のため”等と
説明されることが多いのですが
そんな女の腐ったような机上論はどうでもよろしい。

本当を言えば
“自己満足とド根性”の結論なんですよ。

これは青龍号のランボルギーニ製
V型12気筒ツインカムエンジンです。

排気量は6200ccで
パワーは580馬力もあります。

こんな化け物みたいな動力ユニットに
背中をどつかれていたら
のんびり走れるわけがありません。

ドアは上におっ立つし、
音はデカいし、タイヤはぶっとい。
まるでフルチンで“一人神輿(みこし)”を
担ぎながら、つむじ風に乗ってるみたいです。
かっこいい!

そういえば最近
「いいクルマが好きです、男ですから」という
フレーズの素敵なTV・CMを目撃しましたが
人類学的にも生物学的にもメス化しつつある
現代の人間のオスにとって
それは大変に重要なキーワードですね。

さあ、今日も仕事頑張ります!

どんと来い!

「漢(をとこ)が背中に背負うものは!」への11件のフィードバック

  1. オランダ、なお様
    先生へのコメント下に「home Page」とありましたので、
    「見ていいのかな・・・構わないのかな・・・」と躊躇しつつ、拝見しました。

    シェルタ-の件、素晴らしい事をなさいましたね。

    感激いたしました。

    事故の中、家族の命を救ったのはきっと、
    救った動物達の力ですね。

    事故の子にも、シェルタ-の子達にも、
    健やかな人生が舞い降ります様に♪
    日本からお祈りしております。

    小百合ちゃん、
    (うちも部屋持ち兎です)
    きっとこれからベタベタ兎さんに変身なさいますよ~♪♪

    マフマフも出来てきて、これからが愉しみですね。

  2. 巨大なエンジンですね!
    排気量が6200ccもあるとはさすがです。
    毎朝ほぼ同じ時間にうちの会社の前をランボルギーニが通るのですが、音ですぐに通り過ぎたのが分かります。エンジンを見て納得です!
    こんなに大きなエンジンの車は、先生らしいですね。

  3. 青龍号、先生と同じくらい元気なエンジンを

    搭載しているのですね。

    きょうの日記は、エネルギーに溢れていて、

    読むだけでなんだかとても元気になりました!

  4. 先生の文面にはよく出ますね『女の腐ったような』って(笑)
    あと………フルチン………また出してるぅ(^^;)

    さて、私も昨日、nao様のページを拝見いたしました。
    「精神統一は草むしりにかぎります」の一文に、
    パソコン前でひれ伏しましたm(__)m

    皆さんの中に「内閣メールマガジン」を読んでる方はいらっしゃいますか?
    その中で今週、麻生総理が、まったりと「犬」を語っているのですよ。

    総理官邸に先日「介助犬」が訪問したのを受けての事ですが、
    本来のテーマの「介助犬の育成支援の必要性」に加えて、
    ご自身が子供の頃から暮らした犬たちとの思い出話や、
    子供の“成長の大きな糧”としての“動物とのふれあい”の大切さ…。
    ええ話やんか…国会の答弁より、気持ち伝わるわ。。。

    日本が、動物に対しての意識が脆弱で、いいかげんなのは、
    やはり「国としての動物に対する考え方の軸」が定まっていないせいもあると思うのですよ。

    動物に優しくない国が、弱者に優しい訳がないですわっ!!

    アメリカ暮らしや、イギリス育ちの友人と話したり、
    nao様のような「海外での愛ある動物ライフ」を送っておられる方々の文面を拝読したりすると、
    本当に情けないやら、羨ましいやら、焦るやら。

    野村先生のような「社会的に影響力のある専門家」の声に、
    国を、国民を『背中に背負ってる』立場の方々は、
    もっともっと耳を傾けて、即座に実行に移さんかいな!!と、よく思うのです。。。

    やれやれ…せっかく支持率ポイント入りそうな(?)イイ事書いてたのに…総理!
    …某大臣の騒ぎで…台無し……残念(__;

  5. エンジンルームまでピカ☆ピカ☆

    その国の成熟度は動物に対する扱い方で決まる様な気がします…
    残念ながら日本はその事関しては「発展途上国」と言わなければなりません(-_-)
    (アニマルポリスが出来て欲しい!)
    鵜飼まやみさんのおっしゃる通り動物に優しくない国が弱者に優しい訳がないです…(-_-;)

    私もnao様のページを拝見致しました♪
    電話1本で鳥をレスキューに来てくれるなんてスゴイですね\(^o^)/

  6. (笑)!
    雨だけど 元気になりましたっ!

    そんな 暑苦しいくらいの(笑)
     先生がやっぱり好きで~すっ!

  7. 先生は仕事熱心な医者で自然科学者、
    芸術家でもいらっしゃいますが
    男らしくてだいすきです!

    丸の内に来てはや○年。
    とうとう結婚適齢期になってしまいましたが
    できることなら先生と結婚したいです‥。

  8. 素晴らしき猛牛の強心臓!
    しかし、私がこいつを背負うということは
    住宅ローン以上の莫大なローンを背負うことを意味します・・・
    なので!
    私は六連星の660ccを背負うことにします!(笑)
    (実家のサンバートラックは、RRなのです)

  9. きゃーーーーーーーーーーーーーー!!!ちんこ最高!!・・失礼しました。変態ではありません。いい面も悪い面もありますが、昔の男はまさに漢、という方が多かったと思います。しっかり芯が通っているということです。その漢らしさの象徴のひとつが、そのイチモツです。伊豆の神社には巨根の御神輿もあります。麻生さんはとてもかわいそうですね。他の方々も全て含め、政治家の皆様は『この国をこうしたい!』といういい欲望の輪郭をお持ちでないように思います。何においても筋が通っていない。動物どころか、自分たちの利益以外全てに冷たい国です。鎖国時代からお役人さんの質は変わっていないのでしょう。先生の今日の文章、スピード感とワクワク感がびんびん伝わってきます。頬にすごい風を感じました。

  10. 私へのコメントが!( ̄□ ̄!!) ご覧いただいた皆様ありがとうございます。本当は年に一回でも先生に、飼っている動物達の定期健診をして頂きたいところなのですが、日本の検疫は厳しくて一緒に連れて行くことができません。

    でもここでこうして先生のブログを拝見することができるようになって、遠くてもなんだかつながっているみたいで嬉しいです。時々こうしてコメントさせて頂きたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

    こないだ本物青龍号見てきました!カウンタック? 本物見たの初めてです!

  11. >皆様

    食わず、眠らず、一秒も休まずで
    最長、連続五日間の全力勤労が可能な
    化け物の野村です。

    皆様へのお返事です。

    >皆様

    本日も難解なオペがありますので
    頑張ります! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*