ケナガニャンタロウ。

近所の中年主婦たちに
“犬より強い猛猫”と長年恐れられ、
キング・オブ・路地裏の称号を独り占めしていた
野良猫大将はいつも風にタテガミをなびかせて
まるで獅子のような威容を示していました。

何時如何なる場合でも堂々と行動する彼は
この世に恐れるものは何も無い様子の漢一匹で
実際に数々の武勇伝と伝説をもっていましたから
今時ありえないくらいに前時代的な横丁の
ハナタレ悪ガキどもからも畏敬の念をこめて
“ボス猫ブン”と呼ばれていました。

しかしこの孤高の戦士も
よる年波に無理がたたったのか
やがてひどく胸を患ってしまい
呼吸するのがやっとの状態で
縄張りを徘徊するようになりました。

彼がどうやって私の正体を知ったのかは
定かではありません。
野良猫ゆえに飼い主も治療代も持たない彼は
それでも知恵に恵まれていました。

ボス猫ブンは寒い冬の時期、
死にかけの爺さんのような重い咳をしながら
夜な夜な私の寝室にお百度を踏んだのでした。

あまりの薄気味悪さと迷惑さに耐えかねた私は
しかたなく我が家に迎え入れ集中治療を施しました。

たとえ野良だったとしても
自分の意思で獣医師の元を訪れる動物は
治療を受ける権利があるのです。

完全に復活した彼の顔は相変わらず無愛想でしたが
鋭い眼差しの奥には知性の光が存在していました。

その立ち振る舞いと私に対する態度は
エゴと欲望に支配される現代の人間たちが
とうの昔に忘れてしまった感謝の心と
極上の愛に満ち溢れていました。
彼は野村ケナガニャンタロウになりました。

実を言いますとケナガニャンタロウは
数年ほど前に保護したニャンタロウの兄でした。

野良だったニャンタロウは妻と死に別れ
たった一匹だけ生き残った娘のコニャンタを
男手一つで育てていた優しいオス猫です。

しかしながら過酷な野良猫の世界において
このような特殊な生活形態には無理があり、
相当な艱難辛苦の道になることは
想像に容易いことでした。

世知辛い世の寒風の中、
親子そろって日々痩せ細り衰弱していく様子に
見るに見かねた私はある日の夜
ドクターストップをかけました。

そんなわけでこの父娘は
ケナガニャンタロウよりも一足先に
野村ニャンタロウと野村コニャンタに
なっていたのです。

ところがケナガニャンタロウは
久しぶりに対面したニャンタロウに対して
非常に排他的でした。

過去、この二人の間に何があったのかは
知る術もありませんが
猫同士の個人的な過去の問題に
人間の私が介入などしたくても出来ませんし
そもそもしたくありません。

このようにして我が家において
ケナガニャンタロウ、ニャンタロウ、コニャンタ
以上血族三匹の奇妙な共同生活が
始まったわけです。

今はもう無い私の最初の城、
あの“怪物館”が最も賑やかだった頃、
遠い遠い昔の思い出でございます。

「ケナガニャンタロウ。」への16件のフィードバック

  1. 『絶対媚びないゼ!』って感じの写真ですね☆
    確かに頭の良さそうな子です♪♪♪
    やっぱり先生の写真は素敵☆ですね(#^.^#)
    ノラ達の間でも先生は有名なんですね~☆

    我が家のネコ軍団(うちは引き取ったいろんな種類の動物達がたくさんいるんです(笑))は11匹おりますが みんな柄が違うんですよ~!!
    ゴミ箱に捨てられていた子・よその庭で子供を産んでる所を追い払われて保健所行きだった子(親子セットで保護しました)ダンボールに入れられ捨てられていた子etc…出会いはいろいろですが縁があって我が家に来た大切な子達です(^o^)

    世の中には動物を「物」としてしか見れない心の貧しい可哀相な人達が多く簡単に飼育放棄し捨てたり保健所に連れて行ったりします…。

    お金を出せば買えるけど本当に「飼える」のかを考えないのでしょうね(-_-;)

    例えば…ハムスターが1匹100万円になればいい!って心から思います…はい…。
    (ちなみに我が家のハムスターは近所のマンションのゴミ捨て場にゲージごと捨てられていて まさかハムちゃんまでいるとは思わなかったのですが全く掃除もされていない汚れたゲージの中でゴソゴソ動いていて保護した子です…小さくても同じ命なのに…鬼の様な心のない人間がいるんですよね(怒))

  2. 眼差しに威厳と野良猫の強さを感じます。
    自ら先生のもとへやってきたとは、人間だけでなく先生の治療する腕の良さは、野良猫たちの間でも、有名なのかもしれませんねー。
    先生のお話を聞いて、なるほど!今までの生き様が表情に見てとれますよ。
    かわいい猫写真とは違う迫力のある一枚ですね。

  3. 野良猫のオスって…惹かれますね。
    人間の男より、よほど……あ、アタシだけ?

    ウチの連中も、血族です。
    まさに“犬より強い猛猫”として今も地域に君臨する、
    ボス猫「ぐれ」と、その子供たち。

    犬を亡くして意気消沈していた我が家の庭にやって来た「ぐれ」。
    眉間にザックリ刻まれた傷が、ボスの証。
    「あ、あんた…ここらへんの…なに??」

    『ネェちゃんが寂しいんなら、俺がメシ喰いに来てやってもいいゼ。
     でも、飼われねぇし、触らせねぇからな、覚えとけな!』

    1年後…妙にオチャラケた(?)一人息子を連れて来て、
    『こいつ、お気楽過ぎて、野良じゃぁ生きていけないから…頼むわ』

    その2ヶ月後、メス猫を連れて来て、
    『このコ、俺の彼女なんだ。
     妊娠してるから、旨いもん食わしてやってくれる?』

    その1ヶ月後、ぐれ&彼女の後ろに、3匹の子猫たち…
    『おい、かつお(お気楽な長男)!弟と妹たちだぜぃ!
     ネェちゃん、あとヨロシクな!!』

    そして、丸3年後…隣の空き地に、子猫が2匹。
    『彼女に、俺の子だって言われてさぁ~(悩)
     柄が違うんだけど、まぁ、いいわ(笑)
     彼女も寝床はあるから、こいつらメシだけ食わしてくれる??』

    ま、そんなこんなで…7匹のお世話係してます。

    やれやれ…イイ男には逆らえない。。。

    何より、動物に信用されて、子供まで預けられたら裏切れない。

    ぐれさん…お願いだから隠居生活は、ウチでして下さい(笑)

  4. 怪物館というと赤い本を思い出さずにはいられませんね。
    あの本には活字とは思えないほど心がこめられ、読者に懐かしさを感じさせるような「匂い」があると感じました。

    野良ちゃんについてのジレンマには本当に悩まされます。

    写真の猫ちゃんからは厳しい世界を生き抜いてきた「気」を感じられます。
    先生に似てますよ^^

  5. キャー☆鋭い目力、顔の古傷、大きめのお顔、然もロン毛…過酷な毎日だけどモテモテだったでしょうに。人間界の男性に産まれて良かったですよねー。

  6. ケナガニャンタロー、なかなか人間になつきそう

    もなく、孤高の雰囲気を漂わせてますね。

    猫の世界も、不思議な猫関係(人間関係)が

    あるのですね。

  7. 野良猫って自由気ままで幸せそうに見えますが、その寿命は恐ろしく短い場合が多いですよね・・・
    猫や犬を見捨てるのもニンゲンなら、救ってあげられるのも人間。
    願わくば、なるべく多くのノラちゃんたちが
    センセイのような優しい人にめぐり合えますように・・・

  8. 猫好きゆえ「ニャン」という字にはいつだって即座に反応します(笑)。
    しっかし、それ以上に内容はもちろんのこといつもながらのドライブ感、グルーブ感のある魅力的な文章にぐいぐいぐぐ~っと引き込まれてしまいました。
    このお話が小説となり映画化されたらいいのになぁ・・・。

  9. ケナガニャンタロウさんは、
    先生の『嵐を呼ぶ動物ライフ』に
    登場していましたよね。

    何度も読み返した本です。
    先生の文章は、読んでいると
    頭の中に描写が鮮明に浮かんで
    惹き込まれてしまう・・・
    不思議な“力”があって、
    いつも夢中になってしまいます。

    ケナガニャンタロウさんの、
    お写真を拝見して・・・私の
    想像したとおりのニャン子さんで
    嬉しくなってしまいました。

    また最初から『嵐を・・・』を
    読んでみようかなって思いました。

  10. 私は動物の皆様を『いかにも』って感じに可愛らしく撮ってある写真はあんまり好きじゃないんです。動物はマスコットじゃねーし、と思っちゃうんですよ。このお写真はケナガニャンタロウさんの生き様が写っているように思います。深いエメラルドの瞳、引き込まれそうです。

  11. はじめまして。
    先生の名前を検索したらここにたどりつきました。
    身をけずって動物達を助けている先生の姿勢が大好きです。
    ブログができてたんですね。かっこよくて素敵です。

    こんなところに書き込む内容としてはふさわしくないのですが、気になってたまらず書き込みませていただきました。
    こちらの「レナ社長」という猫ちゃん、原因不明の病気なのだそうです。
    http://nekopunch-rena.cocolog-nifty.com/blog/
    先生ならなにか気がつくことがないかと思いまして…。
    何かアドバイスしてあげられることってないのでしょうか…。
    先生の名前しか頭に浮かばなくって。

    すみません。このコメント不都合でしたら、削除なさってください。

  12. 書いた文章というか本が大好きです!!
    今年は(ってまだ始まったばかりですが・・)本を出版する予定はないのでしょうか?
    ソロモン、ダーツに続いて第3弾が読みたいなーなんて^^

    ケナガニャンタロウ氏、鋭い目が素敵ですね。
    なんだか哀愁を感じさせます。

  13. 毛が長いからケナガニャンタロウなんですか?

    このニャンタロウはん、強カッコいいですなぁ♪

  14. 自ら病院に来る猫がいることに、とてもびっくりしました。

    絶対わかってて来ているのでしょうね。

    手塚治虫さんのマンガ、ブラックジャックの

    治療費(真珠)を持ってくるシャチの話を思い出しました。

  15. イイッ!!実にイイッ。`□´!
     『感謝はいたすし、写真も撮らせる・・。しかし、死んでも媚など売らぬぞッ』

    『拙者の名は、だってだって“野良猫ブン”』
    カッコイイ~~\(^o^)/ブンちゃん

    いや~~ブンちゃん!ちがう、ケナガニャンタロウ・・名前変えられちゃったのね(・∀・;)意外と聞き分けいいんかぁ~い(ー⊥ー)

    毎日、うちの超~~なりふり構わず自慢したい美しい汚れの無きプラチナに輝く雪の庭を、ウワッサウワッサと真っ向から私をガン見しながら横切り、西日の当たるウットデッキに当たり前のように上がり、当たり前のように日向ぼっこしてる、ワッルそーな顔したボス猫が居るのですが・・。

    『ね~こはこたつで まるくな、りゅ~~♪♪。
    なんっちゃって思ってんじゃね~べなぁ、お~っ!?』

    いや~思ってた思ってた(^v^;)
    先生、マイナスの世界で湖の湖面から吹き上げる風を諸共せず!しかも、メタボ気味って何ですかねぇ~・・この田舎の野良のたくましさってやつは(・_・;)
    ややしばらくは、この野良にクギズケなワタシと我が犬な~のだぁ。
      しかし、イイ面構えですねぇ~~。ブン、いやケナガニャンコロモチ。 えっ(・_・;)?

  16. 皆様へのお返事です

    >皆様

    世界文化社の
    「ソロモンと奇妙な患者たち」
    「ダーツよ鉄の城を見張れ」に続く
    第三弾の刊行につきましては
    先日、担当の方とお会いした際に
    なんとなくそのようなお話が出ていますので
    もしかしたら近いうちに執筆活動が
    始まるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*