水陸両用車の上陸シーン

野村獣医科Vセンターの秘密兵器のひとつ
水陸両用水害救助艇アンフィレンジャー3号です。

陸上を140km/hで走行し、
海上を10ノットで航行します。
定員は6名。

正式な自動車であると同時に船舶でもあるので
車検と船検を受ける義務があり
操縦には自動車免許と二級船舶免許が必要です。

本動画は航海を終えて上陸する際のものです。
水陸両用車の勇姿をご覧下さいませ。
操縦は私、野村潤一郎が行っております。

「水陸両用車の上陸シーン」への9件のフィードバック

  1. 思っていたよりずっと安定した感じで走行というか、航行していると思いましたよ。
    陸へ上がるところは、水からの抵抗があると考えてもまだ余裕を感じさせますね。
    音がやはり車ではないですねぇ。
    見た目は車に近いので、不思議な光景のような気も。(笑)
    貴重な映像をみせてくださってありがとうございました!

  2. アンフィレンジャー野村号出陣っ!
    貴重な映像ありがとうございますっ☆
    どれくらいを航海したんでしょう…?
    一度乗ってみたい。。。

  3. ごめんなさい、
    こちらのコメントの返答がまだでした。

    >うさこさま
    水中から陸に上がる際の
    “水の粘性”は思った以上のものです。
    そのために水陸両用車の進水や上陸は
    かなり思い切った運転操作が要求されます。
    そんなわけで傍から見るとかなり派手ですね。

    >枝次清美さま
    今回のミッションは
    水上では約一時間半でした。
    沈没船の近くに座礁しやすい浅瀬がありまして
    上陸をトライする際に砂でペラを
    しこたま磨いてしまいました。
    機会がありましたら
    ぜひとも御乗船くださいませ。

  4. 携帯で突然コメントできなくなってかなりさみしい日々を送ってました笑!

    今初めてパソコンから書いてみましたです
    先生は多才で本当憧れてます☆!
    これからも応援してます、大好きです☆笑!

  5. 応援の御言葉誠に有難う御座います。
    これからもワクワクするような
    面白いことを沢山しでかすと思いますので
    何卒宜しくお願いいたします。

  6. ご無沙汰してます

    野村先生のブログを発見しまして
    一言挨拶をと思い実名でのコメントを
    残しておきます
    思い出して戴ければ光栄です
    色色な節では非常にお世話になりました
    野村先生との記憶は褪せる事ないです

    現在はスウェーデン在住で
    なかなか以前のなに動物に囲まれている生活
    とまではいかないのですが
    こっちでも小規模ではありますけど
    動物に関わる仕事をしています

    大型水槽が置ける家が確保出来たら
    ワタシはネオケラに挑戦です!
    10年以上前は出回っていなかった
    幻に近い熱帯魚が今では手に入りますね

    あらゆる動物に精通している野村先生と
    またいつの日か動物話しで
    夜を明かしたりしたいものですよ本当に

    既に野村先生の本は取り寄せて読みました
    非常に興味深く充実している本の数々で
    ただただ尊敬です

    スウェーデンは寒く先先週辺りから
    時早く霜が下りてます
    都内も連日の30度を越す残暑から
    ここ数日は行き成り冷え込んでいるとの事を
    耳にしました
    激務の野村先生、体調を崩されません様に

    またブログにお邪魔したいです
    では挨拶迄

    松岡

  7. ゆう子ちゃん、ひさしぶりだね!
    今はスウェーデンにいるのですね。
    頑張っているようで安心しましたよー。
    たまには日本に帰ってきて
    元気な顔を見せてください。
    困ったことがあったら病院に電話して。
    いつでも遠慮なく書き込んでね!

  8. 早速コメント頂戴しまして嬉しい限りです
    ネット上で実名以上の私自身の情報を
    書き残すのも如何なものかと思います故
    近況と現在の住居の報告を兼ね
    今週中にでも手紙を送りたいと考えました
    それにつきまして野村先生の
    病院の住所を探しましたところ
    新たにビルを建てられたとの事で
    おめでとう御座います!!

    これは一時帰国した際には
    是非とも伺いたい次第であります

    ここ数年は動物に関わる仕事と
    写真家としての活動の為
    海外にいる機が多いですが
    去年の7月には興味心と勉強で
    藤田さん一行と共に世界猛禽展示会を
    見に行きましたよ、イギリスでした

    その後9月に実はVisaの更新で
    横浜の実家に居ました
    その時、藤田さんの誘いを受け
    猛禽屋にはお邪魔しましたが
    短期間の滞在でしたので慌しかったです

    写真家としての活動は主に現代建築を
    撮っています
    恥ずかしながら私も銀塩と少しのデジタルです
    AGFAが手に入り難い事は
    野村先生も同じ悩みでしょうか?
    写真話しでも盛り上がりたいです

    乱筆乱文の手紙になるであろう事を
    ここでお詫び申し上げますが
    必ず送りますので受け取ってください

  9. この映像のバックで鳴いているセミ・・・
    アンフィレンジャーが近づいてくるにつれ、
    だんだんと鳴き声が大きくなり、上陸する時は
    鳴き声もMAX!!

    上陸の姿は「カックイイ~」の一言です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*