アルマートゥス!

先日掲載いたしましたアルマートゥスが
早くも倍の大きさに成長しました。

この成長速度のはやさは異常です。
ものすごいことですよ。
この調子だと本当にメーター級になりそうです。

南米特有のホラ話の中に
「アルマートゥスは牛のキンタマを噛み千切る」
と言うのがありますが
これはあながち嘘ではないのかもしれません。

この子が大きくなったら
そんな光景を見てみたい気もしますが
牛がかわいそうですね。

その代わりに
動物や植物を大切にしないムカつく人間を捕獲し、
そいつのキンタマを使って実験してみようかな、
なんて思っています。

★写真説明
“アルマートゥス種”と
“その他の類似種の幼魚”の見分け方は
①顔の胡麻模様の存在(のちに消失)
②オレンジ色のアブラ鰭
③尾びれの白いフチ(成長に伴い顕著になる)
④旺盛な食欲
⑤異常な成長速度
⑥気性の荒さ
⑦ヘッドスタンドしない堂々とした水平遊泳

「アルマートゥス!」への4件のフィードバック

  1. 前回と印象が違うのは“顔の胡麻模様”がもう消えているからですか?
    顔のシミって、人間でも印象が変わるわよね…なんて思ってしまいました。

    他のカショーロの飼い主さんのブログや、熱帯魚屋さんの販売ページを覗いたり

  2. やっぱりカラシンですね。
    オレンジ色の脂ビレが格好良くて、惚れました。

    立派なアゴで咬む力が強そうですし、
    精悍な顔をしていて、
    これからの成長が楽しみですね。
    >生き物や植物を大切にしないムカつく人間を…
    はい、先生のお言葉に賛成 ! です。

    あっそうそう、カラシン水槽(60×45×45)内の、
    ブラックファントム・テトラのチビちゃん達
    (水槽内で自然繁殖)が、「宜しくお願いします」
    と申しております。(^^)

  3. 自分以外の命を大切に思わないヤツは、子孫を残して欲しくないですからね。
    バンバン食いちぎっちゃってください!(笑)
    ・・・冗談はさておき、立派に成長しますように!

  4. 皆様へのお返事です。

    >皆様

    ほんの数年前まで
    巨大ペーシュカショーロは
    幻の牙魚でした。

    以前からノーマルタイプのカショーロは
    輸入されていたものの
    それらは何年飼育しても大きくならず
    やがて「種類が別なのでは?」と
    感じ始めていたところに本種の登場です。

    最近は「もっとものすごいのがいるのでは?」
    なんて空想しながら一人で面白がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*