父の日に花束を

L1000324

毎年毎年、一度も欠かすことなく、

もうかれこれ十五年くらい、

父の日になると

必ず花束を届けてくれる古代君、

本当にうれしく思います。

今年も綺麗なバラをありがとう。

さっそく 病院二階フロアーに

飾らせてもらいました。

動物たちも飼い主たちも

君からの贈り物を見て

ぱっと明るい顔になります。

さて、せっかくなので

今年も一つアドバイス。

もちろん古代君をはじめとする

若きウェルテル達に対してだけでなく

閲覧してくださっているジジババの皆様にも。

人生はまさに悩み苦しみの

オンパレードですね。

本当にもう理不尽で不愉快なことばかり。

なんでこんなに辛いのかと

運命を呪いたくなることもありますね。

しかし、小さくても些細なことでも、

一万回に一度くらい、

たった一つでも嬉しいことがあれば

とりあえずはそれでいいと思いましょう。

無いよりはましというものです。

しかもその刹那こそが

本当の幸せの正体なんですよ。

まあ、なんというか相対性理論的ですね。

さらに言うならば

辛い事を乗り越えたその瞬間に

幸せを感じることができる人の場合には

辛いことが沢山あった方が

幸せが多いということにもなるのです。

やはり相対性理論っぽいですね。

だから地球四十六億年の歴史の中で

最もくだらなくて

ぐじゃぐじゃで

救いようのない生き物―人類に

生まれてきた奇跡にも

全力で感謝しなければ。

というわけです。

どうですか。

わかりましたか。

ということで。

では古代君、

また勉強がんばろう。

応援しています。

「父の日に花束を」への5件のフィードバック

  1. わたしも野村先生の事を、
    小学生の頃おばあちゃんが読んでいた女性セブン(笑)で
    初めて知った時から、アラサーになった今でも
    一番に尊敬し、憧れています。
    でも、これだけ知らない誰かに憧れられたり、賞賛や注目を浴びるという事は、
    その反面嫌な事や辛い事等、なんだか色々あるかなって思っていました。

    「ないよりはマシ」って、色々な事にあてはまりますよね!
    前向きになる感じ!!好きです^^

  2. 先生よくわかりました。
    心に響きました。
    明日からも、歯を食いしばって
    頑張っていきます。
    ありがとうございました。

  3. 先生こんばんは。
    とても綺麗なお花ですね。

    先生が仰ってたことは、私の母が言っていた事に似ています。
    「人生10あったら7か8はキツイこと。嫌なことが多いけど、残りの2か3で目一杯楽しめば、7か8はどうでもよくなる」と。

    先生も母も同じなんだと。改めて分かりました。

    最近は歳のせいか、自分の誕生日は母が私を産んでくれたことに感謝する日になりました。
    そういった気持ちが明日への糧になるのだと感じています。

    先生は感謝されることが多いはずなのに、そういった心に花束をたくさん持っていられるのは凄いと思います。
    何だか的を射ないコメントになってしまいましたね(^^;)

  4. 野村潤一郎殿

    毎度、拝見させて頂いております。
    25歳の未熟者です。

    先生に憧れて小学生の頃は何度かお手紙させて頂きました。
    その度、先生・ご婦人から返信を頂き今でも大切な思い出です。

    獣医師にはなれませんでしたが、先生みたく
    情熱だけは持って仕事してますよ!

    これからも先頭突っ走ってください!
    全力で追いかけますんで!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*