実習生の皆さんへ

DSC02900_edited-1

毎年、この季節になると各獣医大学から実習生がやってきます。
大勢のこともあれば少人数のこともあります。
若い学生さんたちを見ていると夏が来たんだなあ、と季節を実感いたします。
現役獣医大生の皆さんはまだ獣医師免許未取得であり、
獣医師ではありませんから簡単なお手伝いをしていただくだけですが
現実社会の中で通用するプロフェッショナルの仕事ぶりを見学するのは
覚悟や決意を固めるためには重要なことだと思います。
患者さんが
どういう身の上で
どういう気持ちで、
何を求めてやってくるか、
それに対して獣医師は
どう考え、
どう対応し、
どう話し合って
どんな治療を進めるべきか。
学校で教えてくれないリアルな世界がここにはあります。
特に学生の皆さんが今の時点で学ぶべき、
あるいは再認識すべきことは
動物たちに対する愛情と、
飼い主さんたちに対する人情
あり方だと思います。
知識やテクニックの習得に貪欲になるのは
免許を取得して就職が成立してからでOKです。
今一度、自分は何故、獣医師の道を選択したのかを
自問自答したいただきたく思います。
獣医さんには三タイプいます。
①医療行為をしたい先生
②お金を増やしたい先生
③動物とその飼い主を守りたい先生
みなさんはどの先生になる予定ですか?
実は③の先生には嫌でも自動的に
①と②が後からついてきます。
つまり、
誰かのために尽くす人生は
社会に必要だから仕事が多く
皆から感謝されるから日々の糧を頂ける。
という事です。
また精神的に満ち足りて、
物質的にも余裕がありますから
常に優しい気持ちを維持できるようになります。
逆に自分のエゴや欲望ばかり追求していると
誰からも必要とされない存在になります。
そうなると、ねたみ、そねみ、に満ちて
頑張る人の足を引っ張る側に堕ちてしまいます。
このあたりを間違えないようにしないといけません。
世の中も飼い主さんたちもそんなに馬鹿じゃありません。
「額に汗を、心に花を」の精神で清々しく生きましょう。
本当に動物に愛情を持っている獣医学生さん」ならば、
個性的(!)な方でも大歓迎です。
指導する立場からすると大変なことも多いのですが、
いざというときに能力以上の
火事場の馬鹿力を見せるのがこのタイプです。
実際に現在、臨床家として大成功している先生たちは皆、
学生時代からユニークだった方が多いのです。
というわけて「俺なんか・・・」「私なんか・・・」と
引け目を感じる必要なんかありません。
動物たちと飼い主さんたちを守りたい気持ちさえあれば
どんなタイプの方でも受け付けます。
気軽に申し込んでください、
まずは病院に電話をかけてくださいね。
また、遠方の方は
私の経営しているマンションが
病院の近くに三棟ありますので
期間中は空いている部屋を
使っていただくことが可能です。
大きいオペが立て続けにある時は
あまり一緒に遊べないこともありますが
今年からは一人ずつ受け入れることにしましたので
色々と見て聞いて学んでください。
と、いろいろと述べましたが、その心は単純に
あたたかい心とすぐれた技術を持った獣医師を育てたいな
だったりします。
さあ、今年はどんな学生さんたちが来るんだろ、楽しみです。
この夏~秋にかけて、あと十人くらい受け付けます。
皆さんの獣医師人生に幸あれ!

L1000971
追伸
ついでですいませんけど
獣医師、看護師の募集もしています。
新卒、中途採用、
どちらでもかまいません。
少し人数を増やして
新人も含めスタッフ各人が
多めの余暇をとれるようにしたいのです。
条件は動物が好きであること
希望者は電話ください。
よろしくどうぞ。

「実習生の皆さんへ」への12件のフィードバック

  1. 私の5歳の甥が小児がんになってしまいました。
    先生が人間用のお医者さんでなくて本当に残念です。
    動物たちは先生にみてもらえていいなぁ。

    厳しい暑さが続く毎日ですが、これからもお元気でいて下さいね。

  2. はじめまして。
    先週、先生のお留守中にお邪魔してしまった高校生です。
    突然、何の連絡もなしにすみませんでした。

    先生の本を読み、獣医さんにあこがれ、なんとかお金を貯めて、地方からオープンキャンパスに来ていたのですが、どんくさくてY字路(?)で迷子になって、親切なご近所の方にしばらく厄介になり……といった経緯でした。ご迷惑をおかけしました。

    病院の方々が、お忙しい中親切にしてくださり、言い尽くせないほど感謝しています。みなさん、とてもキラキラとしていて、仕事に誇りをもっていらっしゃるんだなぁ、と感動しました。建物も、こだわりあふれるステキな病院ではっとなりました。

    ほんとうに、ありごとうございます。

    いつも、こっそりブログを拝見して、楽しませていただいています。(初コメント、手が震えてる)

  3. 昨夜は本当にありがとうございました。
    まさかあんな場所でお会いできるとは思いませんでした。
    先生はリアルな正義の味方と思いました。
    あの後に見たミサイルみたいな青いクルマは先生ですね?
    とてもかっこよかったです。
    眠れないまま朝になってしまいました。

  4. 野村先生のお書きになるブログやご本を拝読しますと、獣医師として高い識見をお持ちの方であることに対し、尊敬の念を抱かずにはいられません。また、ブログに寄せられるコメントを読みますと、先生がたいへん人望を集めていらっしゃるのが分かります。獣医師としてのご経験から得られた知識やお考えを、獣医療以外でご自身が興味をお持ちのお話も交えながら、楽しく、誰にでも分かりやすく伝えてくださるためなのでしょう。

  5. 一枚目の写真!
    尋常ではない汗。。。。
    動物たちに対する先生の生真面目さ真剣さが伝わります。
    動物たちの神様。

  6. 先生の病院でときどき見かける学生さんみたいな人たちは
    実習生のみなさんだったんですね。
    野村先生の指導なら安心ですね
    いいなー。
    いいなー。
    (^-^)

    人として、医者として、
    野村先生みたく立派になれるようによく勉強してくださいね。
    人生経験豊富な野村先生に色々教えてもらえるなんて
    しあわせだな~。

  7. これから社会に出て行こうとしている人にお話しておきたいことがあります。私自身の浅はかさが招いた悲しい経験があるからです。私は皆さんくらいの時、オカメインコとセキセイインコを飼っていました。大学では良い成績でないと満足できず、わりと一生懸命勉強していました。この頃の私の人生に対するアプローチは、常に自分が周りの人よりも優位な立場にいることを最も重要としていました。卒業後も、自分がイメージするとおりのリッチな暮らしをすることに夢中になり、それが叶わない現実と格闘していました。自分の事に夢中になるあまり、小鳥さんたちの面倒はほとんど見ませんでした。床敷きを換え、餌をあげるだけの行為を意味の無いことに思っていました。鳥の面倒は自分が満足してからだと思っていたような気もします。その結果、セキセイインコはお腹を血だらけにして(おそらくは卵づまり)亡くなりました。私に懐いていなくてたいしてかわいいとも思っていなかったオカメインコは、午前中いっぱい苦しみ、午後に帰宅した私を一目見て亡くなりました。最後に一目、私に会いたかったようです。この出来事に、自分はなんて愚かだったのだろうか、とずいぶん経った今でも反省しています。

    若い人たちは、社会へ出て少しでも優位な立場に着こうと考えたり、今の自分よりもっと立派な自分になれると信じているはずです。幸せは遠くにあって、すごく頑張らないと手に入らないように思っているかもしれません。でも、開業14年経ち、オカメインコとセキセイインコと楽しく暮らすことこそが私の人生の幸せだったと確信しています。人生の幸せなんてその程度です。毎日お腹いっぱいご飯を食べられる、これは生き物では人間だけ、それも先進諸国で暮らす人間にだけ許された贅沢です。野生で暮らす生き物は一日中食べ物を探し、どうにか生きていかれる程度にしかご飯を食べられません。

    仕事を頑張ることは大切なことです。それは仕事に対して誠実であるということです。あまり欲張り過ぎないようにしましょう。これから大変な時期を過ごすことと思いますが、ペットを飼っている人はペットのことを今まで同様大切にすることを忘れないでください。オバサンより、愛を込めて・・・

  8. 実習生の学生さんが来られるんですね~!
    先生のお近くで実習が出来るなんて、うらやましいです!
    緊張と尊敬でドキドキしてしまいそうですね(^o^)
    お花の写真が素敵で癒やされます(●´∀`●)

  9. 私は獣医の学生ではありませんが何度も読まさせていただきました。
    野村先生のおっしゃっていることはとてもまともで本当に共感できます。
    やはり先生は只者ではないなと思いました。
    なかなかこういう立派な考えの先生はいません。
    野村先生が獣医大学の教授だったらきっと良い獣医さんが増えるのになと思いました。

  10. 先生、お忙しい中お返事をありがとうございました。
    実は、先生が頼もしい方なんですね。

  11. この先生の言葉、鳥肌が立ちました。

    心の底から尊敬致します。

    私が昔仕えていた上司の言葉とそっくりなのがビックリしました。

    ねたみ、そねみ。。。そして最後にはイヤミが出てくると。。。というのを思い出し、「ああ、今の自分はどうなんだろう?」と自問自答しました。

    そして気合が入りました。

    私も、動物や人、植物や物を愛でる心を持ち、先生の様な優しさと思いやりとユーモアに溢れる人になりたいと思います。

    歴史上の偉人達は何かしらの名言やメッセージを残していくのですが、間違いなく先生もその一人です。

    これからもご自愛しながら私たちに心の栄養の言葉を発し続けてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*