ザ・ファイター

P2162260

これはハラガケガメ(Ciaudius angusstus)というカメの一種です。

カメと言えば「平和主義で無抵抗でのろまでお人好しで」

みたいなイメージがありますが彼はまるで違います。

「好戦的で攻撃的で敏捷で怒りっぽい」

まるで逆なんです。

くちばしを見てください、

普通のカメと違って三叉になっていますね。

まるで二本の牙が後付されたみたいに見えます。

獲物や敵にガッツリと咬みつくための装備です。

もしもこのスーパーウエポンの洗礼を受けたら

肉はこそげ落ち、パックリと割れた傷から血が吹き出るでしょう。

また、特徴的な大きくて真っ赤な目は真正面を向いていて

攻撃対象までの射程距離を計るのに役立っています。

だから触れる際は用心してください、

いいえ、手を出さないでください。

首が長く素早く伸びて鋭いくちばしがぶっ飛んできます。

カメですから一応、甲羅はありますが

大きな頭や筋肉質の手足をひっこめることはありません、

というか、できません。

逃げたり隠れたりする生活を捨てた彼らの背甲や腹甲は、

非常にタイトで小さいからです。

強いから隠れる必要なんかないわけです。

どんな時でも頭や手足は出しっぱなしです。

どこに行くにも堂々とモロ出しなんです。

「俺にかまうな、俺もお前をかまわない、だが手出しをするなら応戦するぞ」

それが勇敢なるハラガケガメの生き方です。

しかも水中を泳ぐ姿は猛々しく、スピード感にあふれ、まるで水虎の様相です。

これを見たら世間一般に浸透している

ステレオタイプな平和なカメさんの幻想は砕け散ると思います。

かといって彼がカメ失格者かと言えば、

そんなことはありません。

どんな生き物も自然界にとって“必要だからいる”のです。

生物圏の中には無用な命は存在しません。

またこの種がひどく変わり者なのかと言えば、それも違います。

むしろカメとはこういうものだ、と決めつけている人たちの方が

無知で傲慢なのだと思います。

まあ人間なんかの甘ったれた価値観やカメの理想像なんか

日々真剣に生きている本人には全く関係ありませんから

ハラガケガメはこれからも今まで通りに

強くカッコよく生きていくのでしょう。

すてきですね!

「ザ・ファイター」への7件のフィードバック

  1. >「平和主義で無抵抗でのろまでお人よし」

    まるで対外に対する日本国の姿勢の様です^^;

    いまいちどハラガケガメさん的に、変身してもらいたいです。

  2. でも先生は前例がない獣医さんで唯一無二の存在ですね。
    こんなに何でもできる人は見たことありません。
    野村先生のブログを読んでいるとどんどん頭が良くなる気がします。

  3. 強そうな口、強そうな目・・・きっと手足も強いんでしょうね。

    「無駄な命はない」のですね。それは植物も動物も同じなんですね。勉強になります。

    カメで思い出しましたが職場の先輩にカメのことでとんでもない質問をした記憶が蘇りました。。。
    今思うと恥ずかしい限りですf(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*