愛しのミランダ

NIK_4614-b

このカメラは古き良き時代の日本で生まれたミランダです。

私が勝手に名づけたのではなく

れっきとしたカメラメーカーの名前です。

ミランダは帝国大学(現在の東大)工学部卒の

ロケットエンジンを設計していたエンジニアが興した会社で

創始者自身がカメラの設計をしていたと言われています。

なんか昔の人たちって夢がありますね。

ドイツの出資企業が融資をストップしたために

1976年に黒字倒産したらしいのですが

優秀でユニークな頭脳の持ち主が生んだ機体は

どっこい今でもこうして元気に活躍しています。

とっても良く写るんですよ。

レンズのコーティングが特殊なのでしょうか、

キラキラしたイメージの絵がつくれます。

舶来カメラばかり使っている私ですが

日本のカメラではこれが一番好きですね。

バッチリとメンテナンスしていますので

露出計も正確に動くし、

シャッター速度もきっちり出ています。

このようなブラック仕上げのボディは

やや珍しいかもしれません。

黒い躯体に輝く銀の十字は

南十字星なのだそうです。

何から何までステキですね!

「愛しのミランダ」への5件のフィードバック

  1. ミランダって名前が素敵!
    そのカメラによく似合ってますね。
    そして南十字星・・・なんてロマンチックなんでしょう!
    ミランダとオスカー君、あと台に使っているのは皮製のスツールでしょうか?

    こんな写真を額に入れて、わが家に飾ってみたいなあ。
    そして写真を眺めながら、美味しいコーヒーを飲みたいなぁ(妄想)。

    ミランダで撮った写真も今度ぜひ観てみたいです。

  2. 先生の写真と文章はいつも心を動かします。
    それにしてもオスカー君の手はおおきいですね。
    カメラとの対比では人間の手と同じくらいに見えます。

  3. カメラの横に添えてあるお手々のブラック爪も素敵ですね♪

  4. カッコいいカメラですね。こだわって作っていたのがよく分かりました。

    カメラは素人ですが、シャッターを切る音もまた味わいがあるのでしようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*