靖国、三月二十日、天気雨

NIK_6530

“下乗”とは「ここから先は乗り物がら降りて歩きなさい」という意味です。

当たり前ですね、そして鳥居をくぐる前には立ち止まって一礼すべきです。

NIK_6527

歩く時は道の左側を進むのが常識ですね。

そして目上年上の人とすれ違う際には目礼します。

帯刀を許されたご先祖を持つ家系の方ならば

親の躾で身についているはずです。

NIK_6489

定期的な参拝はするべきです。

戦争が良いとか悪いとかでははなく

国のために闘って命を落とした兵隊さんに

感謝するのは当然のことです。

NIK_6507

そして彼らに対しても同様ですね。

かわいそう、とか、人間のエゴだとか、

そういうことではなく。

NIK_6495

兵隊さんを信じ、命がけで敵と戦った軍用犬たち。

不幸だったのでしょうか?

私はそうは思いません。

誰かを信じる、誰かのために命をかける。

それをしないで

一生を終えるひねくれた現代人の方がよほど気の毒です。

NIK_6498

軍馬の慰霊像もあります。

たくさんたくさん働いたんですね。

NIK_6513

もちろん軍鳩の慰霊像も。

伝書鳩は犬、馬と並んで兵器の一つでした。

NIK_6505

三月二十日は軍用動物慰霊祭が催された筈ですが

私は仕事が長引いて参加できませんでした。

よって夕方の雨の中、誰もいない神社でお参りをしてきました。

NIK_6508

大勢に混じって一般論を唱えていれば己の身は安全でしょうが

そんな奴らと口裏を合わせながら、上辺だけの偽の平和の中で

不完全燃焼のまま一生を終える臆病者が一番卑怯で不幸です。

私の場合は血を流す、死ぬ、それが不幸なことだとは思いません。

愛する者たちのために、結果、そうなるならばむしろ幸福です。

この身がどうなろうとも、精神が清潔なままでいられる方が

真の心の平和を感じます。


ただ、できることならば、

動物たちに関して言えば、

「犬たちの感じる幸せが

痛みや苦しみを伴わない幸せでありますように」

そして、

「動物たちの悪夢に

人間の姿が出てきませんように」


そう願いながら

今日も働いています。

「靖国、三月二十日、天気雨」への11件のフィードバック

  1. テレビ三人のうちで一番よかったですよ。
    先生みたいな働き者でカッコイイオトコはどこさがしてもいないから妥協で今の彼と付き合ってます。(T_T)

  2. 昨日のテレビとっても面白かったです先生!
    ふざけていても知的なところがとても素敵です。
    もっと長い時間見ていたかったです。

  3. 私は靖国に動物たちの慰霊碑が立てられている事、知りませんでした。
    犬や馬、ハトまでも使われていたんですね。

    昔、イルカの背中に魚雷を乗せて敵の軍艦に突進させていた
    という事は聞いていましたが、、、。
    どちらにしても、人間が戦争さえしなければ
    失わずにすむ命が沢山あったという事だけは事実ですね。

    靖国参拝に関しては賛否あるようですが、
    私も野村先生と同じ考えです。
    改めて、生きてる事に感謝したいと思います。

    貴重な写真ありがとうございました。

  4. 私は、春桜が咲く頃なんとなく降りた九段下の地下鉄で
    階段を出た途端に花弁がたくさん舞っていて、
    一瞬で目の前がピンク色になり桜のトンネルとお堀があってピンクの花弁の絨毯の上を
    ボートが浮かんでいて、桃源郷があるならこんな綺麗な所を言うのかな~っと感動して、暗くなるまで一人で桜を見た事があります。
    後で、そこが靖国神社だったと知りました。

    なので、靖国神社に参拝したことはないのですが先生のお写真を拝見していて
    静寂の中に崇高で神聖な場所だなあっと感じました。
    先生が撮られたからでしょうか、雨に濡れてライトがあたってより神々しい感じがします。

    動物までも人間の戦いに巻き込まれていたのだと初めて知りました。
    人間だけでなくそんな動物達の銅像があることで動物達への敬意が見られて
    戦争でなくなったすべての生物を拝む事は今平和に暮らしている私達ができる
    誠意なのかなっと感じました。今度帰省したら、是非参拝したいです。

  5. ひと以外戦争で命を落とした者たちの銅像も置かれていたなんてしりませんでした、すばらしい画像、お写真です、感激してしまいました、そして先生ような獣医さんがひとりでもいてよかったです、有難う御座います。

  6. こういうふうに実際の先生はテレビと違って
    本当はすごくストイックですよね。
    依頼されるままに自分を犠牲にしてまで応えているのでしょうが
    誤解されるのではといつも
    ひやひやします。

  7. 野村先生は最近亡くなられた小野田寛郎さんに似てるなぁと思うことがよくあります。
    肉体的、精神的に強靭でとても尊敬しております。
    話は変わりますが、以前仰ってたダーツの次の本は今どのような状況なのでしょうか?
    期待して待ってます!

  8. 靖国神社は軍用動物も祭ってあるんですね。
    今度よく見てきます。
    人間の世界が平和でないと、動物たちも平和に暮らせないと改めて思いました。
    先生の生き方の潔さには頭が下がります。

  9. 靖国神社って神経が行き届いていて
    きれいなところなんですね。
    きちんとした場所なのが写真からでもわかります。
    逆に変な場所やダメな人は外観もダメたと思います。
    行ってみたくなりました。

  10. 何年も前に全身白い服の野村先生が病院の駐車場で戦車みたいなアンフィレンジャーの横に立っていたのをお見かけした時に姿勢が良くて海軍の軍人さんを連想してしまったのを思い出しました。普段は冗談を言ったりする先生の真の姿を見た気がしました。凛としていて
    こんなことを言うと失礼かもしれませんがまるであの世から来た人のようにも見えました。普通のいろんなものを全部捨てて動物たちのために一生懸命働いている先生は普通の男性とは別格だと思いました。

  11. 先生の最後のお言葉、私の愛犬を診ていただいた時に仰ってましたね。

    今でも胸に残っています。

    動物たちに少しでも痛い思いはさせたくないと。

    究極の愛だと思います。心から尊敬致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*