トラ、ありがとう。

Tora A君が僕のもとにやってきたのは

17年前の春だった。

鉛筆みたいに細くて小さい身体で歩き回り、本当に可愛かった。

君はたくさん食べてどんどん成長し、

オオトカゲの名前にふさわしい2メートル近くの大きさになり

僕がつけた呼び名の通り強く美しく成長した。

体重はなんと7キロもあった。

温室を訪れた多くの人たちは怖がったりしたけれど

きっと君の堂々とした黄色い身体の美しさに圧倒されて

その優しい目を見なかったんだね。

温和な君は僕を困らせることは一度もなかった。

君は僕に気が付かせてくれたんだ。

爬虫類にだってちゃんとした心があり、理性があり、

それどころか知性すらあることを。

自慢だったんだよ。

君は僕の自慢の娘だった。

やんちゃ盛りの頃はおもしろかったよ。

テレビ局でデビィ夫人のドレスに

ウンチをひっかけてしまった時は大変だったね。

動物好きの方だからすぐに許してくれたっけ。

新しい温室のプールではしゃぐ君を見た人たちは

「トカゲが喜ぶのをはじめて見た!」と言って驚いていたね。

戸を自分で開けて僕の蛙コレクションを全部たいらげてしまったこともあったね、

君にはごちそうに見えたんだろう、美味しかったかな。

オオトカゲが42度のお風呂が好みだったなんて

君に教えてもらうまでは知らなかった。

温室の排水溝の穴を覗くのが好きだったね、何を見ていたのかな。

長く一緒にいたから、いろんなことがあったね。

うん、でも、そうなんだ、

僕は知らなかった。

というか気が付かなかった、

いいや、すっかり忘れていたんだ。

君にも寿命があることを。

いつまでも、これからもずっと、

一緒に暮らしていけると思い込んでいた。

17年間、たのしかった。

トラ、今まで一緒にいてくれてありがとう。

DSC05364

トラは17年前に大変に珍しいミンダナオ・オオトカゲの

“ハイポメラニスティック突然変異個体”という名目で私の温室にやって来ました。

その後、サルバトール・オオトカゲのSSP.であることかが判り

サルファ・モニターという名前で呼ばれるようになったのは最近になってからです。

さて、皆さんもご存知のように

私は相変わらずたくさんの動物たちと暮らしています。

多くの動物たちは人間よりも短命ですから

それはもう本当にたくさんの別れを経験してきました。

ここに来ている皆さんならお解りでしょうが

イヌ、ネコ、などの生活に密着している温血動物との別れは

自分の内臓が引きちぎれるかと思うくらい悲しく苦しくつらいことです。

実は同様に、ヘビやトカゲやサカナなどの場合でも

長く一緒に暮らした場合には、なんというか、そうです、

やはり、かなりの悲しみが襲い掛かるものなんですよ。

いやはや、今回もきつかった、暗い気持ちになった。

でも、私はいつも皆さんに言っているんです。

今までの楽しい思い出から

お別れの悲しみを引き算してごらんなさい、と。

それでマイナスの気持ちになるようなら次の子を飼うのをおやめなさい、

楽しかった思い出が別れの悲しみよりも勝っているならば

早く次の子をお迎えしなさい、と。

というわけで。

Tora B-2

ジャーン!

新しいトラの登場です。

生後10か月~。

全長、たったの50センチ~。

重さは・・・計っていないけど

なんかテレビのリモコンくらいしかない~。

チビだ、チビすぎる。

もう少し大きくなったらトラの住んでいたプール付きの部屋に入れますが

それまではこのベビールームで育てます。

まだチビオオトカゲの二代目トラですが、

頑張って大きく育てますのでご期待ください。

「トラ、ありがとう。」への14件のフィードバック

  1. 野村先生、こんにちは。
    私はフェレット2頭と暮らしています。
    それがきっかけで先生の著書を手に取ったのですが、フェレット以外の本も読みたくなり、今では全て読んでしまって、新書を待ちわびています(笑)
    先生のお陰で、フェレットワールドからお迎えしたうちの子は奥歯を抜くという危機を回避することもでき、感謝しています。また、同じ子の右副腎摘出手術でずっと悩み続けていたのですが、先生の著書である「フェレットに関する100問100答」を読み返して、決心できました。手術、受けようと思います。
    先生に負けない位、私も一生懸命動物の命と向かい合いたいです。
    野村先生のこと、ずっと応援してます。
    いつも迷った時に助けていただいて、ありがとうございます(o^^o)

  2. 先生、はじめて投稿させていただきます、私も昨年愛犬を心臓病で亡くしました、先生に診てもらえばよかったな~と今思っています、同級生にこんなに凄い先生がいるのにと、同じクラスにはなった事ないですが同じ高校で、同じ学年です、話は変わりますが知人のところのプードルが脳腫瘍が見つかり治療に悩んでいます、手術か投薬か、放射線か、先生は手術のご経験有ると思いますがどう思いますか、何とか助かって欲しいです。先生なら治せるんじゃないかな~!!沢山の動物を助けて下さいね、先生お体ご自愛下さい。

  3. そうですね。人だけでなく、命あるものにはすべて心や理性や知性ようですね。ピヨちゃんを飼育していて、そう感じます。特に、ピヨちゃんと外で暮らしているスズメを比べて思うことは、人と親密な関係を築いている動物は、感情が豊かになるのではないでしょうか。野生で生きていくために必要な警戒心だとか、そういった能力が薄れていくかわりに、感情が豊かになるようです。そして、表情も豊かになります。

  4. でも、私はいつも皆さんに言っているんです。

    今までの楽しい思い出から

    お別れの悲しみを引き算してごらんなさい、と。

    それでマイナスの気持ちになるようなら次の子を飼うのをおやめなさい、

    楽しかった思い出が別れの悲しみよりも勝っているならば

    早く次の子をお迎えしなさい、と。

    大変深い言葉です。
    先生の、犬は神様が見える発言に次ぐほどに
    今いる我が子を大切に惜しみない愛情で
    育てます。

  5. 穏やかな優しい横顔です。
    楽しく過ごしたことは顔の表情にでていますね。
    はしゃいだり、知性があったり、爬虫類もまた色々な子がいるんですねぇ。
    初めて知りました。
    チビのトラちゃんも無事に大きくなりますように。

  6. トラちゃん、ご冥福お祈りします!
    家族同然で過ごしていた動物達が亡くなってしまうのは本当につらいですよね。
    私もつい先日体験してしまったので。
    そして二代目トラちゃん!ものすごく小さくて可愛いいですね(●´ー`●)これからの成長が楽しみです!!

  7. 先生の動物たちは本当にみんな幸せそうです。
    目や表情を見れば一目瞭然です。
    しかもみんな人間みたいで頭が良さそうです。
    先生の凄さの証明の一つですね。

  8. 先生の言葉、心に響きました。
    動物を飼う事はそういう事なんですよね。

    いずれは来る別れ、、、。
    分かってはいても元気な時はつい忘れがちです。
    私は今、悪性腫瘍と闘っている15歳の老猫と
    日々を大切に生きています。

    今日が最期かもしれないと思いながら、
    毎日目を見て語りかけ、抱きしめて
    夜は一緒のベッドで寝ています。

    トラちゃん、ほんとに綺麗で澄んだ目をしていますね。
    二代目を襲名したトラちゃんの成長、楽しみですね。

  9. 先生の所にいる子達は寿命などこないようにさえ思っていましたが
    わかれは訪れるんですね、先日私も母を亡くしましたが、当たり前のようにあった命がいなくなると、さびしいですね、しかたがないですが。

  10. こんにちは。
    トラ様、テレビで先生の病院を特集していた時に、一番よく覚えています。
    おとなしくて、綺麗で可愛い子だなあと思っておりました。
    地下の水槽のところで登場されていましたよね。

    生命を飼っていると、死を覚悟しなくてはいけない事、普段意識しませんが、どんな子にも寿命がある事を改めて認識させられる記事でした。

    自分にはそれを乗り越えていく自信が今はありませんが、それを含めて飼い主である事、しっかり受け止めていきたいと思います。

    トラ様のご冥福をお祈りしますとともに、新しい命の成長楽しみにしております。

  11. 先生の飼われている動物たちはどの子も目が澄んでいてまるで人間みたいな目つきだと思うのは私だけでしょうか。きっと先生の生き物の育て方には私たちにはわからない秘密があるのだと思います。先生そのものにも謎が多くてもしかしたら本当におとぎの国から来た人なのでは。(◎_◎;)
    とらちゃん幸せな一生をおくりましたね。

  12. 先生こんにちは。

    共に過ごした日々がどれだけ楽しかったか。充実していたかがよく分かりました。

    去っていく命と思い出、新しい命をお迎えする心構え、大変勉強になります。

    くじけない先生の心と動物に対する強い想いが伝わってきました。

    私も愛犬と楽しく充実している毎日を過ごしています。

    先生をお手本としてこれからも1日を大切にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*