長い舌は何のため?

NIK_0844

もう二十年以上も前から育てている

サルファ・オオトカゲのトラ(女の子)です。

体重は七キロ、全長は百五十センチあります。

たまたま写真撮影した彼女の舌があまりにも素敵なので

皆様にも見ていただこうと思い掲載いたしました。

驚いてしまった方もいるかと思いますが

生物の身体の仕組みは全て必要だから在る」のです。

実はこの二又に分かれている舌は環境中の非揮発性の匂いの粒子

上あごの裏に存在する一対のヤコブソン器官に送り、

それを知覚するために使われます。

つまり左側の舌端は左のヤコブソン穴用で、右も同様です。

匂いの方向をステレオで確定するためにこんな形態をしていたわけです。

で、鼻の穴の役割はと申しますとこれはほとんど呼吸専用になります。

哺乳類においてはこの器官はほとんど退化していて

一部の種では性フェロモンの受容に役立っています。

特に馬やライオンなどでは発情臭を嗅ぎわける際に

フレーメンと呼ばれる唇を引き上げる独特の表情をしますが

正にこれなどはヤコブソン器官を活用している時の姿なんです。

生命体の世界は不思議がいっぱい。

自然科学って本当におもしろいですね!

torakichi

野村トラ吉だニャ!

うん、おもしろいニャ!

でも、俺様のこれは

フレーメンではなく

ただのアクビだニャ!

「長い舌は何のため?」への4件のフィードバック

  1. 生物の器官の役割や仕組みには、いつも驚きを超えて、感動してしまいます。
    深海魚などもすごいですね。
    多分、人間も、すごい。

    トラ吉、ステキ過ぎ!

  2. こんばんは。

    そんな事実があったとは驚きです!様々な知覚があるのですね。長さにも何か理由がありそうですね。情報をより多く得るため。。。とか。。。

    「必要だから在る」

    とても深い言葉です。

  3. 十年くらい前に先生の病院が以前の黒いビルの頃と思いますが先生がこの子を連れてきて爪切りしてあげているのを見たことがあります。たぶんそうだとおもいます。ずいぶん大きくなったんですね。びっくりです。

  4. 立派な舌ですねぇ。
    はじめは棒をくわえているのかと思いました。
    舌で匂いを知覚するのが面白くて不思議です。
    トラちゃんは穏やかな顔をしていますね。
    珍しいお写真をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*