御先祖様のいとこのはとこのひょっとこ。

LF

アフリカ産の古代型魚類で

プロトプテルス・エチオピクスと申します。

所謂ハイギョです、つまり肺のある魚。

この一族は成長するにつれてエラが退化して

その代わりに浮き袋が肺になります。

だから直に空気を吸わないと生きていけません。

頻繁に鼻先を水面から出して大きく深呼吸いたします。

実は彼等ハイギョは水中世界から陸上生活者を目指した

陸上脊椎動物の祖先の親戚です。

つまりイヌやネコやフェレットはもとより

みなさんニンゲンにとっても

いとこのはとこのひょっとこのようなものです。

背ビレ、脂ビレ、尾ビレ、尻ビレは一つに融合し、

胸ビレと腹ビレは肉質の手足のような運動器官に変化しています。

それらを不器用に使ってゆらゆらと泳いでいる様は

水中でバランスを取っているダイバーのようです。

今回彼のアップを掲載したのは

顔の形状を観察していただきたかったからです。

鼻の穴が口吻の背中側ではなく口の中に開いていますね。

これがさらに進化すると陸にいる多くの脊椎動物たちと

同じ顔の構造になるんです。

この現生古代型魚類はまさに

「個体発生は系統発生を繰り返す」の法則を

リアルタイムに見せてくれるばかりか

三億五千万年前の御先祖様を髣髴させる姿を

示してくれているわけです。

なんだかコーフンしちゃいますね!

 

おさらい

①ハイギョはみんなのいとこのはとこのひょっとこ。

②個体発生は系統発生を繰り返す。

③自然科学はなんだかコーフンする。

「御先祖様のいとこのはとこのひょっとこ。」への7件のフィードバック

  1. そっか、お魚ですもんね。水が入ってくるのが普通なんだ。
    くだらない質問に回答いただき、恐縮です。

    寝てる間、息してないというのもビックリです。
    妻によると、僕も時々息が止まってるらしいですが。

  2. おはようございます!
    野村潤一郎です。
    桜の花は散ってしまいましたが
    これから夏までの間は過ごしやすくて気持ちいいですね。

    みなさまへのお返事です。

    >わたあめさま
    水は入りますがエラから抜けるんですよ。
    そうやって水中の匂いの粒子を感じているのです。

    >マロンのパパさま
    眠るときは起きるまで息を止めているんですよ。
    すごい根性…と驚いてしまいますが
    実は代謝が低い変温動物の多くはそんなことが可能だったりします。

    >takさま
    現地ではこういったアルバイノの個体が
    生き残る確率がそこそこあるらしいのです。
    地域の人たちが神の使いと信じているとか。

    >ひろこさま
    自然科学を「何故?」で追及すると
    最終的には「そういうことになっているの!」に突き当たります。
    これがビッグバンの際に決められた掟であり神の正体です。

    >うさこさま
    実は食べ方も陸上の脊椎動物に似ています。
    ハイギョは奥歯を使って咀嚼してから飲み込みます。
    でも「頬」が無いので口から出したり入れたり大変です。

  3. 表情がとても幸せそうに見えます。
    普通の魚より鼻の形は、鼻らしくはっきりしきていますね。
    それに、祖先の親戚といわれれば、なんとなく親近感もわいてきました。
    三億五千万年前。。。
    確かにコーフンものですね!

  4. 自然科学でコーフン。健康的ですてきですね。
    ロマンとか、多忙な日常生活で忘れがちなんですよ。
    先生は超お忙しいのに、私たちにアップまでしてくださって。
    このハイギョのお顔にはロマンがつまってますね。
    でもかわいいお顔。

  5. なるほど! 確かに人間のようなお鼻が確認できました!
    目も普通の魚類とは違って 前向き気味に付いてるせいか、ますます人間っぽいですね。

    ノーチラス号の様だと思っていた肺魚さんですが
    なんだか生まれたての赤ちゃんの顔に見えてきます。
    そういえばお肌も色白で、可愛らしいですね!

  6. そう考えると凄い歴史を感じる事が出来て神秘的でコーフンしますね。

    寝るときは呼吸はどうするんでしょう?と、ド素人丸出しの質問で申し訳ありませんが、ふと思いました(^^;

  7. プロトプテルス・エチオピクスさんに質問です。
    進行方向に対して鼻の穴が真正面を向いていて、水が入ってきたりしないんですか?水中では閉じてる?でも、それだと匂い嗅げないし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*