古い道具であそびましょ。

MRIだの半導体レーザーだのと

最先端医療機械を操作する日々。

便利な機械であることは間違いないのですが

それに頼ってばかりいると

なんだか自身の感覚が衰えて

視野が狭くなってしまう気がしちゃうんですよ。

 

そもそも便利な機械は医者の診断が正しいかどうか

“確め算”のために使用するべきなんです。

何も当てのない無の状態から機械を使って

病気を探し出そうとすると

動物たちを検査漬けの暴力にさらすだけでなく

かえって誤診しやすいし、

飼い主さんが無駄に散財します。

 

僕は二十年前に「癌患者には特有のにおいがある」と

学会で発表してバカ扱いされたことがありますが

患者の全体的な状態を感知する能力があってこそ

最新医療のテクノロジーが生きると思うんです。

 

つまりピントはずれの検査で出た数字だけでは

動物を苦しめている病気の正体はわかりません。

地球の生命体はすべてアナログですからね。

それを感じる感情を持たないと。

それには現実世界で様々な経験をしないと。

 

007の戦い方だって最終的には

上半身ハダカで敵のポスとの殴り合いになるでしょ。

平和を勝ち取るにはボタンをピコピコ

押してばかりいてはダメということですね。

 

という前ふりの後に

自分の好みを正当化するようで

申し訳ないんですが

今や時代遅れの恐竜のようなスーパーカーや

ぜんまい仕掛けの腕時計、

フイルムを巻き上げながら撮る写真機などに

心の安らぎを求めてしまう僕は昭和のオトコです。

rollei

これは四十年前につくられた写真機です。

電池は使いません、全て手動です。

猫が踏んでも写りません。

その場の光を感じ勘でダイヤルを調整します。

しかもたったの十二枚しか撮れません。

感覚を研ぎ澄ます訓練になります。

慣れれば思った通りのオリジナルの絵をつくれます。

kilei

この時、僕はこんな気持ちでしたから

こんな写真が撮れました。

とってもきれいで透明感のあるお花。

いつまでも見つめていたかったから

「かつて・そこに・あった」を記録しました。

1303OSCAR

オスカーが不思議そうに見ています。

逆光で顔が良く見えませんが

暗い場所は暗くていいでしょう。

電気をつけた明るい部屋でパンツを脱いだら

それは肛門科の診察室ですよ。

hayatakamera

昭和のおじさんがいるカメラ屋さん。

僕はここに限らず

どのお店に入るときでも

「こんにちは!」とちゃんと挨拶します、

だってお互い心があるんですから

どんな時でも礼儀をわきまえないと。

人の家に何も言わずに出入りするのは

ドロボウと幽霊でしよ。

気持ちの良いお付き合いって

とっても素敵ですね。

akasaka

仕事が早く終わった日は愛車の朱雀号を駆り、

赤坂でサイフォンのコーヒーを頂きます。

綺麗な椅子に座らせてもらうわけですから

二十分に一度は注文を入れて

売り上げに協力いたします。

隣でタバコを吸う人がいても文句は言いません。

それぞれの人が疲れを癒しに来ているのです、

細かいことで目くじら立てるなんて

よけいに健康に悪いですよ。

 

不退転戦鬼の獣医外科医の私が

皆さんが望んでいる闘う機械ではなくなって

本来の自分に戻ったりなんかして。

やはりアナログで原始的な道具の

効能効果は絶大であるということですね。

 

おさらい

①考えるな、感じろ。

②動物を痛くするな。

③暗くても文句を言わない。

④お店に入るときは挨拶をする。

⑤喫茶店ではお金を使うこと。

 

本日の皆さんの暇つぶし

お相手は野村潤一郎でした。

 

撮影DATA

Rolleiflex 3.5F

fuji PROVIA ASA400

「古い道具であそびましょ。」への7件のフィードバック

  1. 癌患者には特有のにおいがある・・・本当だと思います。
    今の時代なら笑われることもないかもしれません。しかし、それを20年前の学会で発表した先生の信念はやっぱり凄すぎるものだと思います。
    先生のもとに秋を連れて行ってよかったと、今でもつくづく思います。

  2. なにげない日常の風景を撮っているのに、
    こんなに綺麗で人を引き付ける魅力があるなんて!
    この後にも物語が続いていきそうな不思議な写真です~☆

    先生は、シャーロックホームズのモデルになったジョセフ・ベル博士みたいだなあっと
    思いました!
    人間観察が鋭くて、何も言ってないのにどこが悪いのかが分かってしまう~!
    文章を読んですぐに思い浮かんでしまいました!

  3. デジタル全盛の時代だからこそ、我々昭和生まれは アナログ機器に懐かしさと安心を感じてしまうのでしょうね。
    報道カメラマンじゃあるまいし、最新デジイチの性能は もはや私にはオーバースペックです。^^;
    クルマもプリウスなんかより、アルファツインカムの 荒っぽいメカニカルサウンドを聞きながら走りたい…

    でも、フィルムはどんどん値上がりするし、古いクルマには上乗せで税金かかるし…
    アナログ派には、キビシイ世の中ですね!
    古いモノを永く使う、エコな我々に、むしろ優遇措置をとって欲しいものです。(笑)

  4. どの写真もとっても素敵ですね。
    ハイテクカメラでくっきりはっきり撮った写真も
    それはそれでいいけど、私はこういうどこか
    ノスタルジーを感じる写真大好きですよ。

    この二枚の写真は、見る物に何かを感じさせてくれる写真ですね。
    オスカー君の顔は見えなくても、その分色んな事を想像させてくれるし、
    お花も綺麗なだけでなく、その場の空気さえ綺麗に感じます。

    ほんと、人間はアナログなのにハイテクもんに使われすぎだなぁって思いますね。
    人間本来の完成をもっと磨いていくべきなのに、、、。
    そういう私も、ガチガチの昭和な女です。^-^;

  5. 今日も良いお話をありがとうございました。
    おさらいを読み返しつつ、明日から過ごします。
    アナログの心地良さは、写真だと画一的で間違いのないデジタルに比べて、お花の写真でおっしゃる通り、その時の心の様子や、空気感までもが写りこむような感じがしますね。
    温かみみたいな。
    どの写真も美しく新しいのに、なんだかタイムスリップしたような感じもします。

  6. 決して暇ではない先生が、お相手をして頂き有り難う御座いました。

    おさらいは私の仕事にも通じますので、先生の言葉を胸に頑張っていきたいと思います。

    確かに暗いと文句を言いがちになりますよね。。。でも暗い方が良い場合もありますね。

    アナログな道具達は、お世話をしないと生きていけない気がするので、何かイヌと似てるなって思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*