バテレン隊員DAY

二月十四日。

それは勇敢なるバテレンの隊員たちにより

古来より伝承されし恒例の行事。

この日、人類のメスたちは“甘味”を以て

己の発情をオスどもに伝えることが

許可されることから、

事実上、生物学的には年度初となる

“人類の第一回目の繁殖期”であり、

そのために夜になれば都内の宿は

どこも満室となって

地殻変動とは無関係の

微震が朝まで続くこととなるという。

つまりこの“性なる”儀式は

ホモサピエンス繁殖の鍵となる

恐るべきポテンシャルを秘めていて

正にDNA存続をかけた熾烈なメスたちの戦いを

意味する奇祭でもある。

等と“聖なる”バレンタインデーを

コケにしたような記述をすれば

男性よりもはるかにリアルな世界に

生きている女性たちの生々しい現実を

まろやかにカムフラージュする

ロマンティックを破壊することとなり、

結果的に正直者の私が

集中砲火を浴びることになるので

もうこれ以上からかうのはやめます、

すいませんでした。

さて本題です。

今年もたくさんの

可愛らしいチョコレートを頂きまして

みなさまのお気遣い、

誠に感謝感謝で御座います。

ほんと、ありがとう!

ホンワカした気持ちになりました。

女性って優しくてすてきだなー。

本来ならばそれらすべての写真を

掲載したいところですが

このページにも物理的容量が存在するようなので

代表として恒例の

“主任女医さん和田先生”がつくってくれた芸術

をお見せしますね。

それは…ジャーン!こちら!

01-b

ランの花を模したディテール。

花弁は白いチョコレート、

中心にはキラキラまでくっついています。

ラッピングも抜群でした。

素晴らしい出来ですね。

どうもありがと!

センス、繊細さ、手先の器用さ、

彼女は全てにおいて優れています。

医術を振るう者はこのように

“芸術家”でなくてはいけません。

絵も上手だし動物全てに対して優しいし

言うことありませんね。

唯一の欠点は一見華奢で

お人形さんみたいに可愛らしいから

患者になめられやすいことくらいでしょうか。

獣医師としては高性能で動物の知識も豊富、

お弟子の中で“過去最強”なんですが。

というわけで世界中の

人間の女性の皆様、

おつかれさまでした!

で、聖バレンタインデー、

野郎どもにとってはテレくさいけれど

結構嬉しかったりするものなんです。

男はバカで単純ですから

ちよっとおだてられるだけで

こうなっちゃうわけですね。

02-b

なんたって

「女はコメ食って生きてるが男はユメを食って生きてる」

ですから。

この名言は私が発明した数多いフレーズの一つですが

いやはや怒られましたよ男日照りの続くブスどもから。

あ、すいません、もう言いません。

ところで男ってどうしてこうなんでしょうね、たとえば

「一か月を一万円で生活しなくてはならない大ピンチ!」

のようなシュチュエーションで

女性ならお米や小麦粉やお味噌、生理用品などを

買うと思うんですが

男はバカだから戦艦大和のプラモを買ってしまうんです。

そして一文無しになってトイレットペーパーまで無くなり、

道に落ちているスポーツ新聞でオシリを拭いて

すきっ腹を抱えてふるえながら眠るわけです。

しかも人生で一番恐れていることが

筋肉の減少だったりします。

こんなことからも

やはりオスはいつもメスの言いなりで

好きなだけコキ使われて早死にするだけの

哀れな生き物であることがうかがえます。

ところが本人は

すごく幸せだったりするんだよな、これがまた。

チンポがあってよかった!

あ、すいません…。

「バテレン隊員DAY」への5件のフィードバック

  1. 蘭のチョコレートとっても綺麗でおいしそうですね~!
    結婚後メスは戦いを終えて、バレンタインデーでチョコをあげる事もなくなり、
    ご近所さんの子供と安いチョコ&雑貨の交換をして喜んでおりま~す。

  2. 何十冊もエッセイなどの著書がある野村先生の文章はキレがありますね、さすがプロの作家さんでもあると感心します。何度読んでも本当に面白いしためになるし知的です。

  3. 和田先生、大好きです。
    大好きなんて失礼ですが、とても安心して診ていただけます。
    なめてるなんて、とんでもない・・信頼しています!!

  4. 先生の言葉、ズッシリ来ますが全く同感です(^^)

    クオリティの高いチョコですねo(^o^)o見てよし。食べてよし。ですね。

    ユメを食って生きてる。確かにそうです。しょーもないと思われる物にお金を掛けたり、誰も見ない所にこだわったり…何でなんでしょう?私も聞かれると、「だってカッコイイじゃん」の一言で片付けてしまいます。説明しても理解してもらえない事が多いからです。

    私もチョコを頂きましたが、お礼はキン肉マン消しゴムにしようかと思います。

    多分、猛烈な集中砲火を覚悟しないといけませんが…(笑)

  5. 野村先生の話に吹き出しつつ、美しい蘭を観賞させていただきました。
    器用さはもちろん、和田先生の独創性が素晴らしいです。
    バラのチョコはよく見ますけど、蘭は初めて見ました。
    そういうのも臨機応変に対応する獣医師さんに大切な要素なんでしょうね。
    ムキムキの人形も野村先生っぽくていいですね!
    思わず笑顔になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*