復活の兆しあり!

 昨年秋から今に至るまでの

連日連夜の大手術責めはとてつもなかった。

難しいオペばっかりでこっちが死ぬかと思った。

八時間の激闘で四キロも体重が減った時は

さすがに生命の危険を感じた。

だけれどもうれしい。

本当にうれしい。

頼ってくれる人たちがいるということは

私が強い証拠だから。

 

おかげで私の肉体はぶっ壊れまくり。

クルマで例えるならエンジンから火の手が上がり

ミッションがバラバラに砕け散るようなありさま。

 

実はこの四年間、あちこちが故障して、

毎年、全身麻酔で手術を受けている。

誰も気が付かないのは

さっさと退院して仕事に戻り、

血まみれの包帯の上に白衣を着て

いつもスカした笑顔で仕事をしているから。

今年もそろそろ大修理が必要かもしれない。

 

それでもリタイヤなんかできるわけがない。

我が生業は命がけの戦争なのだ。

 

動物たちの命を助けるまで

なんとか持ちこたえてくれ我が命と身体、

と願いながら力を振り絞って闘い続ける。

 

そんなスレスレの苦戦を強いられているのに

開業以来、四半世紀もの長きにわたり

休日無し、飲酒無し、子作り無し、一日一食。

しかも支払う税金が利益の40パーセント。

権兵衛がタネ撒きゃカラスがつっつく。

 

一部の馬鹿な人は私をセレブと勘違いしているが

実際のところこれではセレブと言うより

“スレイブ”である。

 

お金は全部設備投資にまわすから

老後の貯金なんか無い。

子どもいないから遺産残してもしょうがないし

そもそも私は老いない。

 

嘆いたところで誰も助けてくれない。

なぜならば私が助ける側の人だからだ。

そもそも私は嘆かない。

 

痛みも辛さも疲れも悲しみも

全て栄養にしてもっともっと強くなる。

白いスーツで胸を張り

スーパーカーを駆り、

常に颯爽としているのが私流。

ちょっと憎まれているくらいがちょうどいい。

そんな自分がたまらなく好きだ。

大好きだ!

 

私は浮世離れしたおとぎの世界の人。

勧善懲悪の正義の味方。

多くの人がそう思っているみたいだし

実際にみんなを助ける様々な力を持っている。

しかも頭が良くて顔も良く、

力自慢でのど自慢。

そしてオモシロカッコイイ。

大好きだ!

 

というわけで昨日も

一般診察の後、フェレットの腫瘍摘出をした。

もちろん成功。

手術件数五万件は伊達じゃない。

 

その後は病院のエントランスの

人工池の掃除を始める。

水を全て抜いてこすり洗い。

タイル一枚につき五百回くらいこする。

こすってこすってこすりまくる。

汚れが落ちる。

心の汚れも落ちる。

筋肉が悲鳴をあげても休まない、

絶対に絶対に休まない。

汚れが完全に無くなるまで。

 

突然急患のオペが入ったので

手術着に着替えて再び三時間ほど頑張る。

 

オペが成功したので

やりかけた池掃除に戻る。

疲れたなんて言わない。

これは私の闘いなんだ。

 

こする。

こする。

こすってこすってこすりまくる。

筋肉だけでなく

骨格まできしみはじめる。

でもそんな肉体の甘えなんかを

許す私の精神ではない。

もっともっと強くこする。

 

パンツ一丁で汗だくになりながら

池底を掃除する私の姿は

外から丸見えだがそんなこと別にかまわない。

 

掃除という行為はみっともないことではない。

日々の戦闘で鍛えられた私の身体だって

みっともないどころか逞しくてカッコイイ。

誰に見られてもかまわない。

いや、むしろ見てほしい。

穴の開くほどに。

大好きだ-!

 

で、先ほどやりとげてキレイキレイになった

エントランスがこちら。

the blood of v-center b

ガラスも磨いた。

ロビーフロアも磨いた。

スロープも磨いた。

ピカピカだ。

 

艱難辛苦を乗り越えて

やり遂げた感を満喫する。

この快感はすさまじい。

 

苦痛の後の勝利感を

もっともっと味わいたくなった。

病院のエレベーターの床も磨くことにした。

 

かわいい動物たちの乗るエレベーター、

キレイならキレイなほどいい。

 

再び床をこする。

こする。

こする。

こする。

筋肉も骨格も限界だと言っている。

例によってそんな甘えを聞くような

私の精神ではない。

こする。

こする。

こする。

そしてキレイになったエレベーターがこちら。

city beast b

ピッカピカだあ!

なんかハダカみたいなかっこうをした

黒っぽいケダモノがたまたま鏡に写りこんでいるが

気にしないでいただきたい。

 

で、ここまできて皆さんがなんか変だなと

感じているであろう歯に物が挟まった感について。

それはおそらくタイトルの“復活の兆しあり”だと思う。

 

一昨日の夕方から昨日にかけて

疲労困憊の私が高熱を出してぶっ倒れ、

息も絶え絶えになったことについて

書こうと思っていたのだが

実は体内に存在するであろうと思われる

バイキンどもを煮っ転がしにしてやるつもりで

身体中の血液を燃えたぎる闘志の炎で

沸騰させすぎただけの話であり、

つまらないなと思ったのでやめた。

すでに復活しちゃってるし。

 

というわけで

今日も夜が明け始めた。

がんばって働こう!

動物たちが大好きだー!

「復活の兆しあり!」への25件のフィードバック

  1.  野村先生こんばんは☆

    強くて優しくて命を懸けてお仕事をなさっていて、正に漢の中の漢の野村先生。動物たちや生き物たちへの深い愛が伝わってきます。

    野村先生はもはや超人の域ですが、どうかご自愛下さいませ。先生にもしものことがあったら大変です(>_<)

  2. 野村先生、ありがとうございます!
    早速、妻にこの知恵を授けたいと思います。

    もっと自分でも勉強をしないといけませんね。
    お互い動物を思いやる同士、協会の方もきっと
    分かって下さると思います。

    本当にありがとうございました!!

  3. 以前うちの子(ビーグル)の避妊手術をすべきか、悩みに悩んで先生に相談させていただいたとき、先生は、「避妊なんかするな!病気になったら俺が絶対治してやる!!」っておっしゃいました。
    私は感激して涙が出ました。これが普通なんだ、正しいんだって分かったのです。
    世の中の風潮に流されず、信念を持って大事なうちの子を守るために、先生には到底遠くおよばないけれど、動物のホリスティックケアの勉強を始めました。
    でも、もし病気になってしまったときには、必ず先生に治してもらいたいので、どうかご自分のお体を壊されませんように、ほどほどに手を抜いて(掃除などは)、どうか、長生きしてください!

  4. 朝一番で先生が白い革のスーツを着て白いスポーツカーに乗りこむところを目撃しました。
    雪が降る中かっこよかったです。
    野外ロケだったのでしようか。
    おつかれさまです。

  5. 先生こんにちは!
    今日病院ではりせんぼんのお二人が
    来てテレビの撮影やってましたね!
    先生のお話しが面白くて聞き入ってしまいました。
    いつ放送ですか?
    録画したいのでおしえてくださいね!
    今日は先生の病院に行けて得したきぶんです。
    p(^-^)q

  6. P.S

    文章内の発症の所が発祥になってました。
    失礼しました。

    ちなみに、うちの犬は避妊してませんが13歳になる今まで
    病気知らずですよ^-^v

  7. 野村先生の動物に対する情熱は、過去のブログを読んでいると
    よくわかります。

    私の飼いネコは、去年の10月にワクチン性のものであろう
    繊維肉腫に侵されてしまいました。
    無知だった私は、よかれと思って毎年判でついたようにワクチンを打ち、
    ご丁寧に白血病予防のワクチンまで打ちました。

    猫にとっては注射自体が異物であり、猫は特に異物に対しての反応が
    顕著に表れる固体だと後で知りました。
    私のように飼いネコが繊維肉腫に侵され、苦しんでいる飼い主が沢山いるようです。

    ワクチンのせいだとは言い切れないかもしれませんが、私はワクチンが原因だと思っています。
    事実アメリカではこういう問題を指摘しているし、ワクチン接種も完全室内飼いを
    しているなら必要のないものであると言われているようです。
    どうしてもしたいのなら2年~3年に1回、四肢かしっぽにすること、それならもし最悪の事態になっても切り落とせば治癒できるという事らしいのです。

    もちろん、ワクチンで助かる命もたくさんあるでしょう。
    でも、単なる金もうけでワクチンのリスクも説明せずに
    淡々と打ちまくられるのも困ります。
    世の中不都合な事実は隠されます。
    十分な知識のない私たち飼い主は、獣医師の言う事を信じてしまいます。

    私は今回、飼いネコの繊維肉腫発祥によって色んな事を学びました。
    多少なりとも知識も増えました。
    もちろん世の中にはいい先生もたくさんいます。
    そして獣医師とてビジネスです。
    儲けがなくては経営が成り立ちませんし、獣医師がいないと
    飼い主も動物も困ります。
    ですが今一度、、それだけでいいのか、自分がなぜ獣医師になったのかを
    思いだしてほしいと思いました。

    家庭で飼われている動物の命は、飼い主に委ねられています。
    飼い主も動物を飼う以上は、正しい知識を持って命を預かる責任と覚悟を
    持ってほしいと思います。

    いつの時代でも弱い立場の物が追いやられ、割を食います。
    そういう意味では動物もそうですね。
    結局人間のいいように操られ自由を奪われ、尊厳まで奪われる。

    何だかとりとめのないコメントになってしまいましたが、
    野村先生のように、真剣に純粋に動物の事を思い考えてくれる
    人達ばかりだといいのになぁって思います。

    長々とすみませんでした。

  8. >かつおさま

    生まれた仔犬を捨て、
    野良犬を増やす最低な飼い主が多いために
    犬の里親募集の団体はそういう規則を
    つくっているのでしょうね。

    でも「避妊、去勢で癌にならなくなる」は
    前時代的な迷信です。

    避妊、去勢をすることにより
    女は女でなくなり
    男は男でなくなるので
    女は女の病気になりにくくなり、
    男は男の病気になりにくくなる、
    つまりそういうことを言っているのだと思います。

    しかしながら虫歯にならないように
    我が子の永久歯をすべて抜歯する親はいません。
    歯が一本も無ければ虫歯になるわけがありませんが
    その代わりに胃腸障害はもとより脳の発達障害や
    発音障害、社会生活におけるコンプレックスなど
    その後に起る諸問題は相当なものにになります。

    では男の病気、たとえば前立腺肥大や、
    女の病気、たとえば子宮蓄膿症、乳腺腫を
    予防するために避妊、去勢をした場合、
    その後にどんな問題が起りえるのか?

    2007年にアメリカの勇気ある正義の獣医が
    「避妊、去勢の害」について論文発表しています。
    経験上、かねてから私が言い続けていた内容と
    完全に一致していました。

    避妊、去勢を“する”と

    ●骨肉種になる可能性が上昇

    ●血管肉腫になる可能性が上昇

    ●甲状腺機能低下症になる可能性が上昇(3倍)

    ●ホルモン異常性肥満になる可能性が上昇(3倍)

    ●加齢性認識障害(ボケ老人)になる可能性が上昇

    ●前立腺癌になる可能性が上昇(4倍)

    ●尿路系の癌になる可能性が上昇(2倍)

    ●成長不良による体型奇形になる可能性が上昇

    ●ワクチンの副作用発生率が上昇

    ●慢性的尿失禁症になる可能性が上昇

    ●膣炎になる可能性が上昇

    ●アレルギー体質になる可能性が上昇

    ●精神病になる可能性が上昇

    その他、書ききれないほど色々。

    これを読んで
    嘘だと思う方がいましたら
    ご自分の幼い息子さんや娘さんに
    避妊、去勢をしてみてください。
    さあ、どんな大人に育ち、
    どんな人生を送るのか見ものですね。

    キンタマを抜かれた男はヒゲが抜け落ち筋肉が退化し、
    どんなに鍛えてもボディビルダーにはなれません。
    そして精神的にも幼稚で卑屈になります。
    卵巣を取られた女は色っぽさが無くなり
    どんなにエアロビをしても魅力的な
    コークボトルラインの身体にはなりません。

    未来へのDNAの存続の可能性を
    手術によって断ち切られた生き物は
    生き甲斐、行動の源、活力を失い、
    その生物の社会においての存在意義も失い
    食って出すだけが唯一の楽しみの
    まるで飼い主の玩具のような
    かわいそうな存在になります。

    理由なき手術は暴力です。
    手術はそれによって解除しなければならない
    切実な目的があってはじめて施されるべきで
    みんながやっているから~などと言う理由で
    行うべきではありません。
    ホルモン分泌器官である生殖腺を
    摘出するということはそれほど重大な行為なんです。

    というわけで
    大変に嫌な言い方で恐縮なんですが
    犬の避妊、去勢は
    ご自身の「民度」によって
    する、しない、を決定するべきだと思います。

    つまり
    「犬を飼うけどあんまり興味ないしそこそこでいいや」という方は
    将来犬を捨てる可能性が高い“下等で教養の無い人”なので
    飼われることになった犬にはかわいそうですが
    避妊、去勢をした方が世の中のためです。

    「犬と一緒に生きられないなら死んだ方がマシ」
    「犬がいるからこんなバカげた世の中でも自分は頑張っていられる」
    「自分の犬の責任は自分の人生で償う覚悟がある」
    という情熱にあふれた愛犬家の方は
    愛犬に避妊、去勢なんかしなくてもいい“高等で教養のある人”です。

    ちなみに「高い民度の人」と「低い民度の人」が
    犬の避妊、去勢について議論しても不毛です。
    なにしろ「生きている世界、見ている世界が違う」のですから
    考え方が一致するわけがありません。

    つまり極端な話、犬鍋に舌鼓を打っている人が
    愛犬家のエリザベス女王と話をしても
    お互いを理解することは永遠に無いということです。

    では野村獣医は
    避妊、去勢を絶対に受け入れないのか?
    と申しますと答えは“NO”です。

    やむにやまれぬ事情から泣く泣く
    避妊、去勢をしなければならない
    という飼い主さんも数多くいらっしゃいます。

    “正当な理由がある場合”
    “解決策がそれしかない場合”
    “確固たる信念がある場合”は
    もちろん避妊、去勢を
    “お引き受けいたします”

    その場合には生殖腺摘出による弊害を
    最小限に減らす緻密な計画とレシピ―、
    そして手間のかかる最高峰の方法で
    真心こめて避妊、去勢の手術をいたします。

    またまた言葉は悪いのですが
    「保健所で殺されるくらいならタマ無し男として
    生き伸びてもらった方がマシ」ということです。

    で、かつおさまにアドバイスなのですが
    団体に対して次の約束をして
    規則を免除してもらったらどうでしょうか。
    ①マイクロチップを入れてIDを告知する
    ②決して捨てないという誓約書を書く
    ③監視下の外出以外は完全に室内飼育を励行する旨を告げる
    ③該当犬を繁殖に供した場合は出産仔犬の頭数と里親先を告知する
    ④十分に肉体が成長しきった後、
     つまり避妊、去勢の後遺症が起りにくい
     シニア年齢になったら必ず避妊、去勢を行うと告げる

    避妊、去勢は動物病院にとっては
    大きな収入源となる手術です。
    だから“避妊、去勢の後に起こり得る害”
    について正直に話せば
    敵を多く作ってしまうことになるでしょう。
    しかし私は獣医たちの味方ではなく
    犬たちの味方です。
    獣医師としての採算を無視してもかまいません。

    野村潤一郎は
    世界中の犬たち
    一匹一匹が
    健全な肉体と
    健全な精神で
    楽しく最高の人生を
    送ることを望んでいます。

  9. 野村先生の命を懸けた仕事ぶりや動物たちへの愛には胸を打たれます。
    もう超人ですね!!
    先生の体も大事にしてほしいですが・・。

    いつか犬を飼ったら先生にお世話になりたいと思っています。

    ・・・と考えていたら、妻が保護犬を引き取りたいと言ってきました。
    でも条件で必ず去勢・避妊しないといけないそうです。
    そうでないと、愛する犬が癌になりやすく死亡率が高いと。

    私は動物も男らしく・女らしく の考え方に深く賛成する者です。
    可愛そうな犬を引き取りたい、でも手術は避けたい。
    でも癌になりやすいのなら・・・と葛藤しています。
    やっぱり長く生きてほしいですし。

    夫婦で結論が出て、飼うことになったらお世話になりに行きます。
    そのときは宜しくお願いします。

  10. かっこよすぎです…!
    またま惚れ直してしまいます…!!
    いつも応援しています…!!!

  11. あらゆる中途半端と常に共存している者にとって、
    先生は理想形。
    肉体が壊れても貫き通す強靭な精神。
    弱さとお友達な者にとって、
    先生は希望。
    常に闘志を燃やしている先生、
    お身体だけはどうぞ大切になさってください。

  12. 先生のように強く逞しくあれと我が家のメスのMダックスにかってに先生の名前の一字を頂き潤となずけていました、いま12歳です耳が少し遠くなったかな?と思うものの元気にしています。
    肝心の先生、復活期待しています。

  13. 野村先生‼ お久しぶりです。
    横濱のゆう子です。
    いつ見ても野村先生はSEXY‼
    応援しています、大好き‼

  14. この世界はー、

    輝いているヒトがいるから、

    美しいんだ。

    と思いました^^

  15. 先生、頑張り過ぎて本当に死なないでくださいよ。
    先生を頼りにしてる動物や飼い主のためにも。

  16. 鏡越しに見える先生が素敵です!
    なんだか忍者みたい!
    結構広い場所を先生一人で掃除されるのですね!
    しかも、ピカピカになっている~~!
    病気になられているときに、お掃除されたのですか(びっくり!)
    私は、初めてインフルにかかり普通の風邪だ気のせいだと薬も飲まずに
    ほっておいたら、かなり苦しい事になってしまいました。
    バイ菌を沸騰させるまで掃除・・・・できそうにありません。

  17. 先生が掃除しているところを何度もお見かけしています。スタイルがいいから何をやってもかっこいいです。p(^-^)q

  18. センセイ、どうかご自分の体も大切になさってくださいね。
    センセイの代わりは いないのですから・・・

    などと申し上げても、自分の生き方にブレーキをかけるようなセンセイではないのでしょうね!
    センセイの体が、超回復でさらに強化されますように!

    でも、どうしても疲れちゃったら 呼んでください。
    群馬から、タイルを磨きに参上いたします!(笑)

  19. 男の中の男。

    命を燃やして心も燃やしている先生はカッコイイです。

    私も見習いたいと思いますが、直ぐにぶっ倒れちゃうかも知れません。

    でも、気合いと根性が私のモットーなので頑張りたいと思います。

    ここでは人生の栄養を先生から沢山頂いています。

    これからも宜しくお願い致します!!

  20. 『額に汗、こころに花』らしくとても先生らしいです。
    しかし。。休養して下さい^ ^
    因みに私も
    ワタシが好きー。
    人間よりも動物が好きー。

  21. お体をくれぐれも大切になさってください。
    病院がぴかぴかで、気持ちがいいですね。

  22. 先生こそ本物の戦士。

    優しくて強くてしなやかでおかしくて。

    類希なきヒーローに間違いなしです。

    オスカー君の目を見てもわかること。

    先生、先生でおられることにおめでとうございます!

  23. あな、すさまじや!
    まさにあなた様こそ、真の日本男児!

    そんな先生が、みんなは大好きだー!

    わたくしも、大好きでいられる自分でありたいと、あらためて決意しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*