コーヒーブレイクに仕事の話?

プライベートタイムに仕事の話しかできないような男は

ろくな奴がいない。

そもそも自分が「つまらない男」であることを

これ以上暴露してどうするのかと思う。

バカな話をしたら周囲にバカだと思われる?

それは周囲も己も真正のバカである証拠。

バカを指摘して優位に立ちたいバカ。

バカを隠してびくびくしているバカ。

でもね、ドロボー!と叫んで

ぎよっ!と反応する奴がドロボウなんです。

ちゃんと仕事しているのなら

ただでさえ少ない自由時間、

楽しくバカやればいいじゃない。

ところがですよ。

先ほど見るからに脳みそタランチュラな感じの人に

「センセーはクルマで海に飛び込んだりしてバカなんですか?」

みたいなことを言われたような気がしたので

ちゃんとお仕事やってる証拠を見せます、

ちょっとだけ…。

遊びの時間に仕事の話は無粋ですから…。

まあたしかにバカなんですけどね…。

だって今時こんなに汗だくになって

仕事を頑張る人って見なくありませんか?

手術着が汗でべっとり胸に張り付いてる。

実はこれ冷や汗。

足元は水たまりができています。

一度のオペで四キロ痩せることも。

健康に良くないなあ、割が合わない、

自分の寿命が縮んでいくのがはっきりとわかる。

でもいいんです。

動物の命が助かるのなら

クソ・キチガイ・ドバカ野郎と言われようと

ぜーんぜん平気。

P2289319

副腎腫瘍発見。

どこだかわかりますか?

青黒い血管とピンセットの間に

埋まっています。

P2289324

途中経過を飛ばしますが…

はい、とれました。

よかったですね!

チマチマしたオペですが

精密さが要求されますので

いい加減な気持ちだと動物は死にます。

バカゆえの一途さが成功の秘訣。

っつーか、バカ言われてそんなに気にしてんのかオレ?

P5059476

この子は別の子。

二件目です。

途中経過は企業秘密なので

飛ばしましたが

かなりひどい副腎腫瘍でした。

ちなみにこれは“右側”です。

実は右側はとても難しいんですよ。

完全摘出、良かったですね!

イピカイエー!

では次のオペをはじめます。

ユー・コピー?

イエス・アイ・コピー!

P7299670

乳癌ですね。

こんなにひどくなる前に

はやく私のところへ来てほしかった。

でも、最終的には診せに来てくれたわけだから

オーケイとしましょう。

私、がんばります!

P7299694

途中経過は省略しました。

だってみなさんコワいのヤでしょ?

なんとか形になりました。

癌は全部摘出しています。

陰部にまで転移していましたが

ちゃんと仕上げたので大丈夫。

さあ!

お仕事を頑張った後は

楽しい時間が待っている!

病院の掃除、

患者さん駐車場の掃除、

地下温室の掃除、

屋上の掃除…。

デッキブラシがへし折れ、

くたくたになってブッ倒れるまで

思う存分掃除を楽しむぞー!!!

ってやっぱバカか…。

おまけ

「遊んでもらおうと思って待っていたのに

これから掃除だなんてガックシだぜ!」的な

オスカーの図

os

「コーヒーブレイクに仕事の話?」への10件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    ハードなお仕事、お疲れ様です。
    先生の手術、大変なことだと思いますが
    それによって助かる命と、その家族がいるので
    これからもハイパーで頑張ってほしいと思います。
    信頼できる獣医さんがいるからこそ、私たち家族は安心して生活できています。
    これからも応援しています!

  2. オスカーくんデカくなりましたね!
    (・・;)))
    街中で見かけるドーベルはみんな
    がりがりで弱そうなのに
    オスカーくんと先生の病院で見る
    ドーベルはみんなムキムキですね。
    やっぱ先生の理にかなった指導はすごい。

    あと先生もなにげにムキムキになってますが
    (^_^;)))
    K-1選手みたいっす。

  3. 先生のお仕事姿拝見できて嬉しいです(^^)b

    たまには載せて下さい♪
    若い獣医師の方の勉強や刺激にもなるんじゃないでしょうか?

    以前、「学会での先生でのお話は為になる。」って仰ってた方がいました。
    学会なんて未知の世界なんで、羨ましかったです。

    ・・・ところで、Vセンター以外の場所でも手術されてるんですか?
    (何だかお写真の場所が違う気が・・気のせいでしょうか??)

  4. 馬鹿な人すら無視しない(見捨てない)先生は、
    とっても素敵!
    器が大きい!
    カッコイイ!

  5. 精神の極度の集中(?)から、汗があんなに・・・・・、こんなに・・・・・。
    超難関で繊細な手術なうえに、なにしろ死にそうな命ちゃん相手ですものね。

    オスカー君はがっかりちゃんでした・・・・。お相手してくれる人はほかにもいっぱいいそうな気がするですが・・・・。

  6. 先生は獣医さんで動物の存在がなくてはならないもの、生き物たちが先生の存在を教えてくださったようにも思えます、獣医さんのお仕事の話、私は大歓迎です。

  7. 戦う男の姿を拝見することが出来ました。有難う御座います!

    私のモットーは「男はダサイ事言わない」「汗水流して働く」「気合と根性」なので、本当に共感できます。

    これだけの大手術を行った後に、診察や病院の掃除、動物たちのごはん・・・一日が48時間あったら良いのに・・・と私が思ってしまいます。

    休息の時間は少ないかと思いますが、目一杯楽しんで下さいませ。

    オスカー君のガックシは・・・ウケました(笑)

  8. 本当に綺麗な縫い目ですね…!

    陰部にまで転移…改めて腫瘍の怖さを知りました
    やはり早期発見が何よりですね

  9. 先生の手術は血が出ないし縫い目がきれいでいつもおどろきます。
    それにしてもすごい汗。
    先生はいつも命懸けで働いてくださってるんですね。

  10. たまには仕事の話もこうして載せてくださったほうがいいです。

    命懸けでオペをしている先生や、年中無休の病院で頑張るスタッフのみなさんに敬意を払えない人がでてきますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*