著書の一つです

kankokumukenohon日本のみなさん、

韓国のみなさん、

こんにちは!

これは私が書いた本です。

面白いですよ!

日本人と韓国人、

生物学的に言えば

亜種レベルの差もないのに

いじわるし合っても

しょうがないと思います。

なかよくしましょう。

このお猿さんの絵、ヘンでしょ?

笑っちゃいますよね。

でも本当は私たちが

お猿に笑われているのかもしれません。

ヒマがあったら読んでみてくださいね!

「著書の一つです」への8件のフィードバック

  1. おちつけみんな(w
    まず長い付き合いから知ってることなんだが野村の兄貴はたぶんかなり右寄りの人で仲間意識強いし愛国心強いから頼りになる。
    でもふだん優しく見える兄貴の選択は二つに一つしかない。
    相手を徹底的にぶちのめすor仲良くする、、、二つに一つでほんとハンパない。
    兄貴は「戦争するか仲良くするか?戦争しないんだったらハンパやってないで仲良くなる努力をしろ」って言ってんだと思う。
    「ハンパな小競り合いだったらくだらんからやめろ」って言ってんじゃないかな。
    でも兄貴の正体は怪物だから人種や国を問わず人間なんかどれも一緒に見えていて本当は興味ないのかも知れん(w

  2. 野村先生こんにちは!いつもお世話になっております。

    私は野村先生を信頼しているし、先生のような立派な方が言うことは
    素直に納得できるのですが、コメントをしている方の中には世間知らずな
    お嬢さんが数名いるようでちょっと驚きました。

    >赤城マヤさん
    私はエムさんじゃないけど、どうしてそうやって煽りたてるのかなと。
    宣言するのは自由でしょ?
    そもそも死ぬつもりで戦う覚悟!って言うけど、
    今現在日本が爆撃されている訳じゃありませんからね。
    侵略の最中ですが。(意味わかります?)
    エムさんは、エムさんなりに戦っているのでしょう。

    >あくび姫さん
    そういうあなたはアジア人じゃないのですか?
    (アジア人以外の方でしたらすみません)
    その上から目線、他人事コメントはなんでしょう。
    同じアジア人なら当事者です。
    そう感じないのなら、脳内お花畑だということです。

    韓国と日本では歴史観が全く違うんです。
    安易に「仲良く♪」などと言うのは韓国の方にも失礼です。
    幼少の頃から徹底的に反日教育をしている韓国と仲良くするのは
    並大抵の事ではありません。
    韓国と仲良くしたいなら、韓国の歴史をもっとしっかり勉強し、
    なぜ韓国の方々が日本をこんなに嫌っているのかを知ってください。
    ”なぜ反日”などで検索すればヒットします。それらの中から真実を探ってください。
    まぁ・・知らない方が幸せでいられるかもしれませんけどね。

    あらゆることを乗り越えて、両国が握手できる日が来るということは
    今のところ想像すらできないのが現状です。

  3. >>エムさん
    エムさんはどうやって戦うんですか?
    ネットに書き込んでスッキリして
    おしまいですか(笑)
    話だけ口だけの男は嫌いです。
    戦うって宣言するなら
    死ぬつもりで戦う覚悟が必要なのでは。

  4. なわばりを荒らされてもヘラヘラしていられる日本人のほうが、
    群れを持つ動物から見たら笑いものになるのではないでしょうか。
    私は大好きな自分の国、群れのために、
    ニホンミツバチとなって戦いたいと思います。

  5. 今ホットな話題ですね。

    確かにお猿さんが木の上で食事をしながら私たちを笑っているかも知れませんね。

    そしてこの本。

    日本語があれば・・・って思ってしまいます(考えが甘いですね・・・)

    毛利さんが「宇宙からは国境線は見えなかった。」と言っていたのを思い出しました。

  6. 野村先生の愛は人種とか宗教とか
    そんなみみっちいことをはるかに超えていて
    生き物の世界を全体から見てる感じです。
    先生みたいな人が世直しをしてくれたらなあと
    いつも思います。

  7. この本を読む為に韓国語を学ぼうかと思ってます笑
    日本語verがでれば一番うれしいのですが笑

    なんでこう仲良くできないんでしょうかねぇ…

  8. 同じアジア人同士でせこせこといがみ合ってるなんて、
    本当にお猿さんに笑われちゃいますね。
    仲よくしたいものです。

    バナナのTシャツがお似合いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*