結実!オリーブ

病院のテラスにある

十二本のオリーブが結実しました。

P8200072

長くて寒い冬を耐え、

初春に新芽を芽吹かせ、

梅雨空に花開き、

残暑の中で今も成長中です。

緑の実はやがて赤く色づき

赤から紫に変化し

晩秋には良質のオイルを

沢山含んだ黒い実になることでしょう。

このように植物でさえ

長い時間をかけて

地道に成果を出すというのに

“物事には必ずプロセスがある”

という現実を認識できず

“他人の今”ばかりを

いつも気にして生きているなんて

非常に悲しいことですね。

“そこにあるもの”は

突然現れたわけではないのです。

逃げることなく

過酷な日々を受け止め続け、

辛い経験を全て自身の栄養に変換し

それを吸収成長してきた努力の結果です。

場合によっては

誰もが持っている当たり前の何かを

いさぎよく手放して両手を空にしないと

必要なものがつかめないこともあります。

これらは死にたくなるほど

嫌な作業ではありますが

強く大きくなるには

絶対に避けて通ることはできません。

そんな数多の試練の賜物として

各自の今という瞬間があるのです。

なぜ辛い気持ちに打ち勝ってまで

己を高めなければならないのか。

他人の幸せを願う心の余裕を生むためです。

優しい気持ちを維持するためです。

これらの考え方は結果的に

人生を存続させる力となります。

自分のことだけを考えながら

ずるがしこく振る舞う人が

利口だと思ったら大間違いです。

生きることは

“生かされること”だからです。

生かされるためには

誰かのために身を削り、命を消耗させ、

人生時間を売らなければなりません。

誰の役にも立たない者は

誰にも必要とされないから

誰も助けてくれなくなるのです。

自身が生き延びるために

他人のために消耗する。

いささか矛盾する理論ではありますが

それが世の理というものです。

頻繁に遭遇する理不尽な出来事を

肥しにして強くなりつつ

己を殺し続けなければ生きられないなんて

辛くて悲しくて絶望的ではありますが

文句を言ってもどうにもならず

頑張るしか道は無し。

もう一度オリーブの話に戻ります。

オリーブはなぜエネルギーを費やし

地道な成長過程をいとまず、

利用価値の高い栄養豊富な実を

つけなければならないのか。

それは利無くして種だけをばら撒く

“疲れるだけの手伝い”なんか

誰もしたがらないからなんです。

だから本体が枯れるかもしれない

大きなリスクをおいつつも

長い時間をかけて成果を出し続け

周囲に幸せを提供しているのです。

そうしている限り

みんなが笑顔で支えてくれるわけです。

つまりそういうことですよ。

★教訓其の壱

筋肉は一夜にしてならず。

血を吐き、血尿を垂らしながらの

猛烈トレーニングの歴史がある。

★教訓其の似

強い筋肉が無ければ

他人の荷物を持つ優しさと

心の余裕が生まれることはない。

★教訓其の参

筋肉が無い荷物運び屋なんか

誰も必要としないから

誰からも大切にされない。

ヒント

「筋肉」をいろいろなものに置き換えてみると

さらに深い意味に気が付くことができるかもしれません。

「結実!オリーブ」への8件のフィードバック

  1. お忙しいなか、素敵なお話をありがとうございます。
    まさに今の私が陥っていた、負のスパイラル!に、先生のお言葉で喝がはいりました。また自分を見失いそうになったら、このお話を思い出します(>_<)
    日々努力、そして他人への役に立てるように…。ありがとうございました。

  2. こんにちは先生、スタッフのみなさま。
    はじめてのかきこみになります。
    先日は大手術の直後にもかかわらず
    丁寧な診察ありがとうございました。
    おかげさまでうちの子達はみんな元気です。
    がんばりつづけている野村先生、
    いつも優しいスタッフの皆さんに感謝です。

    先生のオリーブにも目がくぎづけでした。
    美味しそうな実がたわわにみのってました。
    それも元気いっぱいに!
    今回の先生のおはなしはとてもためになりました。
    誰も知らない本当のことを
    もっともっと野村先生から教えていただきたいです。
    いっぱい聞きたいです。

  3. 私自身のことに置き換えると耳が痛いお話です。
    私は特に誰かの役に立ってはいないので。

    あの、話は変わりますが、遠慮したい看護士さんがいるんですけど、受付の時に言っても大丈夫ですか?
    もしも受付対応がその人だったら言えないですが・・・

    それから、前回の血液検査の時に触診・聴診・検温をしていただかず後悔してます。
    診察の際にはウチの猫たちの全身を隅々まで先生に健康チェックしていただきたいです。
    でも先生を目の前にすると緊張してしまうので、これも受付の時にお願いすればよろしいでしょうか?

  4. 生きることの核心をついたいいお話をありがとうございました。

    確かに他人をうらやましがったり、他人のせいにしている暇なんかないですね。

    誰かの役に立てるよう、必要とされる人になるよう、仕事を通じて頑張ります!

    病院のオリーブは立派に実りましたねぇ。

    最近はお店の前によく置かれていますけど、実がなっているのは見たことがありませんよ。

  5. 先生こんばんは。ブログがこんなに更新されていて嬉しいです。

    大変深いお言葉、今の私にとって勇気付けられました。私の仕事はチームワークが最優先ですので、人生の栄養と血と肉になりました。

    オリーブひとつでここまで発想させられるのは本当に素晴らしく、先生のブログに出会えて良かった、先生に愛犬の健康診断をしてもらって良かったと心から思っています。

    私の大好きな言葉、「動物を飼育する事は己の命を削って与える事である。」ですが、またしても人生の大切な言葉が増えました。

    本当にありがとうございました。

    お忙しいでしょうが、どうぞご自愛下さいませ。

  6. 著書のミミズ~と一緒で、読むと利きますよね色々と。
    もう少し我慢します。

  7. 友人に教えて頂いて、時々こちらをのぞかせてもらって
    います(ワンコ1匹、インコ1羽と暮らしています)。
    いつも心温まる文章に、感動を頂いています。
    特に、オリーブの実の話は、他人を恨まず、そねまず、
    自分のできることに、ただ一生懸命に全力をつくす。
    結果は、毛筋一本の間違いもなく、やったなりのことは、
    いつか返ってくるし、万一、返ってこなくても、それもよい。
    そんな風に生きていると、懐は寒くても、心は爽快です(笑)。

  8. 意義深きお話、ありがとうございます。なんどもゆっくり読みたいと思います。
    わたしは最近?先生の大大大嫌いな愚痴が多いみたいなんです。
    自分にとってはもう限界。もう逃げ出したい。と思ったりして悩んでました。
    先生、またしてもありがとうございました。
    きっとまたさらにもっともっと成長できる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*