地下一階温室にて

R0010592

給食の気配に御座る。

 

R0010589

その様で御座るな。

 

R0010588

みどもには判らぬが、さて。

 

R0010584

それがしはすでに食しておる。

 

R0010585

なんと!拙者も所望いたす。

 

つづく・・・・かな?

「地下一階温室にて」への11件のフィードバック

  1. 今、仕事が終わりました。

    最近はなぜか「脚」の骨折のオペが多いんです。
    しかも滅多に見ないような難治性のものばかり。
    伝染する病気でもないのに
    続く時は続くものなんですね。
    困っちゃいましたね。
    皆様も気を付けてくださいませ。

    さて、皆様へのお返事です。

    >皆様

    野村獣医科Vセンターは
    知る人ぞ知る「怪物館」でもあります。

    ハチミツグマの金太郎や
    シワコブサイチョウのバンダをはじめ
    各階には何かしらの生命体が棲息しています。

    地下一階の温室は主に
    冷血動物たちが大勢棲んでいます。

    まだ皆さんに紹介していないスゴい子や
    成長途中のため非公開の子、
    一般受けしないために見せにくい子など
    たくさんいます。

    ヘンタイですね!

  2. いつもながら写真がとてもキレイですね。
    個性的で見ていて楽しくなる子供たちです。
    本当に夜な夜なこんな会話をしているのだと思いますよ。
    楽しいお話をありがとうございます!

  3. 武士っぽいのに、給食!と言うところが面白いですね~☆
    先生が登場するとみんな一斉に給食!給食!っと動き出すところが
    とてもかわいいですね!
    ぱくぱくと食べている姿を見るのも楽しいですね~!

  4. そのうちショールーム的に皆さんに先生の飼育している動物たちを公開してはどうですか?毎週何曜日とか、1のつく日だとか。
    きっとそれらを見ることによって飼い主たちは勉強になるんじゃないかと思います。

  5. シュールですね。笑
    こういうの大好きです!
    可愛いカエルさん達も渋くてカッコよく良い
    武士に見えるから不思議です。

  6. みんないっせいにごはん、ごはん、とこのときをまっていた。
    そんな光景が目にうかびます。

  7. むふふ・・・・な表情をうかべていますね~っ

    うちも子も378円のドイツの猫缶の時だけ二本足で立ちます

    飼い主へのサービス?(笑)

  8. さっき首都高で先生を見かけたのですが
    まったく追い付けませんでした(泣)
    先生のマシンはロケットですか(汗)
    病院がおわった深夜に一人でどこに行ってるのかとても気になります。
    何か手伝うことがありましたら言ってください。

  9. 温室じゅうからの、拍手喝采が聞こえてくるようです。(笑)
    みんな、一生懸命センセイのことを見つめてますね!

    あげる方も嬉しい。
    もらう方も嬉しい!
    これぞ、WIN.WINですね!

  10. 給食でござんすか・・・(笑)
    それはようござんした!
    って、先生は、給食のおばさん、ならぬお兄さん?
    みなさん、落ち着いて待っておられる方、静かに先に食している方、など独特の雰囲気をお持ちの方がおられるグループでやんすね。

  11. ブログデザインがスタイリッシュになりとてもカッコイイです!!
    なんと・・・!!地下に温室まであったんですか・・・!!

    今度 是非拝見したいです!!

    皆 本当にそういっているみたいですね!!!!
    斬新な記事でとても面白かったので 是非続けてください!!

    4枚目の子が食べているものはなんなんでしょうか・・・・
    とっても気になります^^;

    白くて尻尾のようなものが見えるから
    ネズミ・・・???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*