カメラスタイル

 

 

さて、本日もまた
本業とは全く無関係の記事ですよ。

日々の勤労は超真面目に遂行しておりますので
ご心配なく。

そもそもコーヒーブレイクで
仕事の話をする無粋は
生業に全力投球していない人の証拠です。

20時間、ぶっ通しで頑張って働いたなら
残りの4時間、夢中になって遊びましょう!

何をするにしてもメリハリをつけ、
ハンパは無しのフルパワーが野村流。

というわけで今回のお題は
“カメラスタイル”です。

趣味の世界、
どうせなら面白がらなくっちゃいけません。

レンジファインダー式の写真機を
愛用するのは長年のポリシーなので
いつもあまり変わり映えしないわけですが
カメラやレンズを換えるように
ストラップやボディージャケットに拘ってみたりすると気分も新たに写欲が亢進する事を
このたび発見いたしました。

ファッションに変化球をつければ
新鮮さはよりベターの様子です。

もっともこんなお遊びは写真道としては邪道であり
得られる作品の上手下手には無関係ではあります。

まあ、私は単なるメカマニアであって
写真で食っているプロカメラマンじゃありませんから
こんな風に面白がっていられるということで…。

「カメラスタイル」への14件のフィードバック

  1. お題とかけ離れて私は一番初めの画像で着ているジャケットに目が点、見入ってしまいました。

  2. カメラの赤いボディジャケットはステキですね。
    先生の撮り姿もこうして並べてあると、服装の感じで季節や、空気が比較して感じられて、楽しいです。
    カメラも先生もお洒落ですね。

  3. 中身も大事ですが、見た目も大事!だと私は思っています。
    中身が外見に表れるといういい方もできますし。。。

    カメラも先生も、お洒落ですね~!
    私も、一枚目のジャケットに驚いています!インパクト最大級ですね!!
    全ての洋服が先生らしくお似合いなのが、何と言っても凄いです。
    服に着られてしまう方もいますが、先生は違いますね。おさすが…☆

  4. >爬虫類先生さん
    たしかに! この革はなんなんでしょう??
    気になる気になる。先生教えてくださ~い。

    アナログのシャッター音って心地良いです。

  5. 野村先生ってやっぱり素敵だな~って
    しばらくボーッとしてしまいました。。。

  6. カメラもファッションの一部ですから、アクセサリにこだわるのもいいですよね!
    ワタシもnikonの黒黄ストラップのオタク臭さに耐え切れず、ホワイトレザーの物に変えちゃいました。
    「カメラが好き」という人は多いですが
    女性は「写真」そのものを撮ることに魅力を感じて
    男性は「メカとしてのカメラ」に惹かれる傾向が強い気がします。
    かく言う私は、完全に後者ですが・・・(笑)

  7. 先生は本当にお洒落ですね♪
    着こなし方とか日本人じゃないみたいです^^
    スタイルもいいから何を着ても似合うんでしょうね。

  8. 最近このブログにお邪魔するようになったので過去の記事を読んで泣いたり笑ったりしています。マニュアルファーカスでもいつもバッチリ決まっているお写真をいつも惚れぼれしながら拝見しております。
    カメラはジャケットやストラップを変えるだけでも気分が変わりますよね。
    視覚でも興奮しますもの。見た目も重要ですね

  9. やっぱり先生かかかかかっこいい!!
    素敵です!
    先生は何をしててもかっこいいんですね。
    カメラを持っている手がまたかっこいい!
    ムムム~革のジャケットすご~!
    どこで売っているんだろうとか考えてしまいました。
    未知なる世界です。

  10. いろんなことに、こだわって、面白がって、生活
    されている先生はすてきです。
    好奇心とか、探究心とか、すごいですよね。
    私も、もっと、自分の生活を、面白がって、すてきにしたいです。
    これからも、いろいろ先生のこと、教えてください。
    すてきじゃない先生も好きなので、そういうところも教えてください。

  11. 先生のカメラの雰囲気と、お洋服がコーディネー

    トされていて、とても素敵です。

    先生が写した写真には、きっと温度があって

    優しい作品が出来上がるのでしょう。

  12. コメントを書きましたが間違ってタイトルをお名前と勘違いして書いてしまいました(「爬虫類先生さんへ」と)。
    ゆうこさん、たいへん失礼をいたしました。

  13. ご丁寧にすみませんお気になさらずにしてください、これからもよろしくお願い致します。

  14. 皆様へのお返事です。

    >皆様

    香しき男の趣味、
    ダンディズムの追求。

    それはオスに生まれし者の義務
    でもあるわけです。

    ガーターベルトやハイヒールは
    女性でないと無理なわけですが
    同様にボルサリーノに葉巻…等という
    出で立ちはやはり男性の専売特許。

    自分も周囲も
    ハッピーになれる。

    そんな立ち振る舞いと趣味性は
    潤いある精神世界を目指す場合
    非常に大切なのだろう…と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*