強力無比なブレーキ

私の飼育している
“機械の四聖獣”のひとつ、
“青龍号”の横顔です。

ホイールの内側に見える
穴だらけの巨大な円盤は
フロントブレーキのディスクです。

時速330kmで走る化け物マシンを
確実に制動するためには
こんなに仰々しい装置が
必要なんですね。

大きな威力を得たならば
それを制御するための
より大きな力を持たねばなりません。

このあたりの理論は
機械も人間も同様なのだと思います。

「強力無比なブレーキ」への9件のフィードバック

  1. 先生は本当にいつも良い事をおっしゃいますね。

    関係ない話で本当に本当に申し訳ないのですが今 問題になっているイルカ漁の事で私の周りでは意見が分かれてて…
    「伝統だし地域の食文化は尊重されるべきだ!」とか「野蛮人のする事だ」とか「牛や豚は食べるくせにイルカはダメなんてありえない!」とか「知能の高いイルカをあんな殺し方するなんて可哀想すぎる」とか…
    私はいつも「野村先生ならどう思うかなぁ?」って考えながら生きている人なので先生の意見がお聞きしたかったんです。
    今でもニュースで流されていた殺されたイルカ達の真っ赤な血で染まった海の映像が忘れられず胸が痛みます…。

  2. 人間を含む全ての生命体に対して
    常に優しい心を持つ貴女にとって
    それは酷な論争でしょう、
    お気持ちをお察しいたします。

    さて、この手の言い争いに終止符を打つ
    決め手、それはズバリ言って
    “教養”です。

    自然科学や生命科学に疎い人たちが
    “自然圏と人間圏の関係”すら知らぬまま
    つたない知識だけで感情論に走っても
    永遠に答えは出ないわけです。

    イルカ殺しの人たちも
    それを反対する人たちも
    双方ともに私の著書を読むべきです。

    ただしそこに隠された真理を探すには
    生物として正常な精神と
    新聞の文章を読解できる程度の
    最低限の知能を持っていることが
    前提になります。

  3. 先生、安全運転でお願いしますね。先生一人の体ではないってことです。生意気にも説教をば。。。

    さて、イルカ猟ですが、「可哀相」とか 「食文化」とかっていう事ではなくて、散々様々な海の魚を食っておいて、なおかつイルカまで食う必要性はあるのか?って問いたいです。
    栄養は魚でも穀物でも充分摂れるものなのにわざわざイルカを食うなんてって思いますねぇ。
    イルカがいて漁業に影響が出て、それを回避するためにある程度の淘汰が必要とあらば話は別だと思うのです。
    イルカは頭が良いから殺すなとか訳の分からん論理は問題外だと思うんですがね。そういうこと言っちゃうあたりが人間臭さですね。

  4. いったいどんな速さなのでしょう??
    330kmとは体感された先生ちょっとうらやましいです、頭から炎でも噴出してしまいそうな感じかしら??

  5. 先生…
    ご丁寧なお返事を本当に どうもありがとうございましたm(__)m

    おっしゃる通りでみんな感情で物を言うので言葉が だんだん意地悪になって来ていて今のままでは言い争いばかりで答えは出ないと思います。

    先生のお言葉は心にスーッと入って来て心が落ち着きます。
    今日から又先生の本を読み返し もっともっといろんな勉強をし生き物(命)について今回の様な話が出た時には私が きちんと話が出来る人になりたいと思います。

    本当にどうもありがとうございましたm(__)m

  6. 私は、100キロ以上出せません。

    くるまが壊れそうで、あはは。

    アクセル踏み込んで330キロを出す勇気、

    恍惚感があるのでしょうか?先生は男ですなあ。

  7. すごいブレーキですね。
    このような車を見て、スピードが出ることはイメージしていましたが、その反面それに見合うブレーキが必要だったとは考えてもみませんでした。
    スピードを出すことより、止める力の方がずっとすごいことなんでしょう。
    物事には色々な面があるものですね。

  8. 大きな威力を得たならば
    それを制御するための
    より大きな力を持たねばなりません。

    ここ間違えて金や地位やら名誉を持ってる人が!世の中駄目にして、悲劇が起こる訳ですね。
    今日も、車から深イイ話ですねっ。
     
      

  9. >皆様

    何気なく書いた言葉に
    思いもよらずに
    含蓄を感じていただけて
    感謝でございます。

    ゲーム脳みたいな非常識な人間が
    普通に闊歩しているこのイヤな世の中、
    皆様の人間的な感想は励みになります。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*