今日の一枚

ブログの更新が
滞り気味ですいません。

様々な難題に立ち向かうために
本業に多くの時間を割かねばならず
なかなか余剰エネルギーをこちらに
投入できない感じです。

忙しいのは有り難い事ですので
とにかく頑張ります!

「今日の一枚」はアフリカ肺魚の
“プーちゃんⅡ世”です。

涼しい水の中であいかわらず
“のほほん”とした顔をしていますが
大きく傷ついても再生する身体と
水が干上がっても大丈夫な肺呼吸で
三億五千万年昔から存続してきた種族です。
すごいですね!

私のプライベートな研究、
すなわち彼らのタフネスさの秘密を
解き明かす旅は今年でもう二十年目になります。

と、申しましてもこれについては
餌やって掃除して可愛がって
眺めてるだけなんですけどね。

「今日の一枚」への10件のフィードバック

  1. センセイがお忙しいということは、救われる動物たちの数がその分多くなるという事ですよね。
    お体大変でしょうが、頑張ってください!
    ブログは気長に待ってますので。(笑)
    プーちゃんⅡ世、神々しいですね~!

  2. なんかとても涼しげな感じに見えますね。
    うらやましいわ~。

  3. 愛らしい表情と、赤い目がチャームポイントで

    すごく可愛らしいお魚ですね。

    ブログは、コーヒーブレーク、銭湯ですから

    先生のペースで大丈夫です!

  4. あどけないお顔で、かわいいです!
    口がムニュっとしているところが好きです。
    プーちゃんⅡ世、涼しげで、癒されますねぇ。

  5. 写真を見たとたん、「あれぇ~なにかに似てるなぁ」と。
    その答えは自分の顔でした(汗)。
    考え事をしてるときなど時々口がこんな風になってしまうのです。プーちゃんⅡ世に一気に親近感がわいております。

  6. 野村獣医科Vセンターはいつも混んでいて
    野村先生は朝から晩まで大忙しなのに
    私生活でもたくさんの動物とをお飼いになっていて世話もご自分でなさっていらっしゃいます。
    ここまで動物のことを思う真剣な獣医さんは他には見たことがありません。
    あと先生ほどまっすぐでぶれない男性は他にはいないと思います。
    先日お伺いした時
    大変な手術の後にすぐに作業着に着替えをなさって一階の床を拭き掃除している姿を見て本当にかっこいい方だなとほれぼれしてしまいました。

  7. プライベートな研究が20年目に突入なのですね☆
    尽きることのないプーちゃんへの愛情、興味の継続、まさに野村先生のような人が本物なのですね~
    三億五千万年前から今に至るまで、地球環境は変わっても、
    肺魚はかわることなく生きてきたのですね。

    日々たくさんのことが移ろい行く中で
    ずっと変わらないということも
    すてきなことですね^^

  8. ブログのファンの為にも忙しい体で気を使われているのですね。。。体、大事にして欲しいです♪

  9. プーちゃんⅡ世、可愛いです!
    野村先生が名付ける名前は愛情が満タン^^

    先生は愛情と勇気満タンですね^^

  10. 肺魚はデボン紀から現代まで生き抜いている
    現生古代魚の一つで本来は
    海産の高速遊泳型魚類だったと言われています。
    当時の面影を一番濃く残しているのは
    ネオケラ(プン太郎)ですが
    このプーちゃんⅡ世とは
    大きくかけ離れた姿をしていますし
    やはりどこかノソノソしています。
    超大陸パンゲアの大陸移動によって
    陸封された彼らの祖先は
    環境に適応しながら
    すこしずつ身体を変化させ
    アフリカ、南米、オーストラリアに
    現生しているわけですが
    よく考えるとすごいことですね。
    それにしても何故インドネシアには
    彼らの親戚が存在しないのでしょう。
    いいえ、私は必ずいると思っています。
    十年前に企画した
    東南アジア肺魚を探す探検旅行の一回目は
    散々な結末でしたが
    またいつの日か、
    探しに行こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*