フェレットの副腎腫瘍・摘出術

最近、今回の記事と同様の症例の患者さんが
非常に多く御来院しています。

皆様、フェレットの副腎腫瘍は
巨大化するまで放置しなでくださいませ。

注射や飲み薬で身体を騙す方法もありますが
それは姑息的療法ですので完治はしません。
虫歯を削らずに治すことができないのと一緒ですね。

“自分にとって都合のよい方法”を
無理やりにでも信じたいのはよく解ります。
でもそれは本当の愛と言えるのでしょうか。

手遅れになってからオペをご希望された場合、
私でもちょっとキツいことがあるのです。

「野村獣医科Vセンターは最後の手段!」
なんて言っていないで普段から診せてくださいね。

何かとお忙しいところ
大変に申し訳ないのですが何卒お願いいたします。

七歳未満のフェレットならば
まだまだ寿命がありますから
外科的手段を考慮してもよろしいかと思います。
そもそも腫瘍は年寄りの病気なんです。

また、獣医師の皆様も
この手の問題に行き詰った場合
ご遠慮なく御依頼くださいませ。
ここ数年、そういう先生方も増えてきています。
野村獣医科Vセンターは様々な条件に恵まれており
精神的に清潔な立場に御座います故
決して貴院の名誉を汚すことはありません。

★写真説明

写真①
指差したところ全部が腫瘍化した副腎です。
かなり巨大ですね。
本来は2ミリくらいです。

写真②
大きすぎる副腎腫瘍は視野を遮るため
最後に出現する大血管の縫合の際には
このように吊り下げて行います。
苦肉の策ですが実戦・野村流の一つです。

写真③
小さな身体から完全摘出した巨大な副腎腫瘍。
キレイに取れてますね!

(注)
この写真は過去の記事に一度使用したものです。

「フェレットの副腎腫瘍・摘出術」への12件のフィードバック

  1. いつも手術の写真を見て、早く先生のところで診てもらっておけば、我が子に苦しい思いもさせず、先生も手遅れの大変な手術をしなくて済むし、その分飼い主も経済的に負担が軽くなるのに、と思ってしまいます。
    早期発見、早期治療に尽きますねぇ。

  2. 我が家の近くを通る高速道路は、トラックの姿がほとんど無く、
    近所を子供たちが「うきゃーーー」っと走ることもなく、
    仮面ライダーの放送がないので、私がテレビ前で「うむぅううーー」と唸る事もなく(?)
    ……静かな日曜の朝です(笑)

    年末は、やたらめったら「来年のカレンダー」を貰いますよね。
    皆さんはどんなカレンダーを、家のどこに飾っていらっしゃるのでしょう?

    我が家は過去20年以上、獣医さんから頂くカレンダーを、電話の前に掛けています。
    各月のページに「夜間動物緊急診療所」の電話番号が印刷されています。
    その下に、私は、掛り付けの獣医さんの電話番号を書き込んでいます。

    誰でも「家族が病気!怪我!」って言う時は慌てて訳が解らなくなりますし、
    しかも相手が動物だと「お腹痛い」とか言ってくれなくて、オロオロしちゃうので。。。

    野村先生の病院がかかりつけの方は、
    ワクチンの予定やフィラリア検査なんかの予定日に、
    「Vセンター!」とか書き込んじゃうんですかね~(笑)
    なんか、カッコイイですね!

    そんな事をつらつら考えながら、本日は年越しの準備でもしまーす!

  3. 野村先生を見ていると、誰かが言っていた
    「天才は痛烈に孤独である」と言う言葉をいつも思い出します。

    来年の春に犬と暮らし始める予定なのですが、
    その時は絶対にVセンターのお世話になろうと決めているので
    よろしくお願いします!

  4. 我が子はお腹切られて痛い。
    飼い主は財布が痛い。
    だけど、それを避けていたら治るものも治りませんよね!
    「イヤな問題、大損害、避けて通る人生なら論外!」
    そんな歌の歌詞を思い出しました。

  5. 野村先生
    私の前回のコメント、
    余計な事を書いてしまってたらお許しください。。。。

    折角、時間を割いてblogを開いてくださっていての、
    OP写真、
    獣医さん達が見ると
    器具の角度一つ、
    写真から見えるテク一つ、
    「グッ!」とこられるんじゃないかな。。。。と思ったんです。

    もしそういう獣医さんがいたらば、

    「命を助ける」という絆で、先生のお気持ちを
    繋いでくださるといいのにな・・・・
    という希望からのコメントでした。

    出過ぎたことを書きました(謝)

    フェレットの早期対応、呼びかけておきます♪
    ラジャー♪しました♪

  6. >皆様

    いつもあたたかい応援
    誠に有難う御座います。

    大和男(やまとおのこ)に生まれしは
    生業に勤しむこと之、現代の武士道也、
    古(いにしえ)の其と同じく
    精神(こころ)常に真剣勝負あるのみ也。
    身を挺する覚悟献身、日々の満身創痍、
    群がる敵、なにするものぞ。
    胸の中、常に紺碧の空広がる日本晴れ。

  7. ほかの獣医師さんたちへの呼びかけに、

    野村先生の美学を感じました。

    動物たちの命が、何より最優先。

    ほかの獣医師さん、人間の外科の先生も

    このような勇気あることは出来ないと思います。

    あらためて、先生を尊敬した次第です。

    先生、かっこよ過ぎます。

  8. >皆様

    いつもあたたかい応援
    誠に有難う御座います。

    大和男(やまとおのこ)に生まれしは
    生業に勤しむこと之、現代の武士道也、
    古(いにしえ)の其と同じく
    精神(こころ)常に真剣勝負あるのみ也。
    身を挺する覚悟献身、日々の満身創痍、
    群がる敵、なにするものぞ。
    胸の中、常に紺碧の空広がる日本晴れ。

  9. はじめまして。かれこれ10歳くらいから野村先生のファンでフェレットも3匹飼育してきました。98年のフェレットエキスポで田舎から12か13の自分が野村先生に会いに行ったのを覚えています。

    副腎腫瘍・・・といいますと、インスリノーマになる症状ですよね?私のフェレットは6歳のときに2匹発症して、手術しても腫瘍は取りきれないため手術しても延命と言われ投薬治療を続けてきました。
    2匹とも7歳くらいのときに亡くなりました。(もう1匹はリンパ腫でしたが8歳まで頑張りました)
    最後の子が亡くなったのが2年前なのですが、それから医療が進歩したのか、野村先生に見せていたらもっと長生きしたのかと考えてしまいました。

    フェレットは腫瘍が怖いので、飼育当時小学生だった私も大学1年で最後の子を看取ってから爬虫類に手を出しました!
    先生ならお分かりでしょうが、ジャングルカーペット、ツギオミカド、その仲間のチャホア、クレス、ガーゴイルです♪
    いつかフェレットの遺伝的とも思われる病気が治療できるときがきたら、また飼いたいと思っています!

  10. はじめまして。かれこれ10歳くらいから野村先生のファンでフェレットも3匹飼育してきました。98年のフェレットエキスポで田舎から12か13の自分が野村先生に会いに行ったのを覚えています。

    副腎腫瘍・・・といいますと、インスリノーマになる症状ですよね?私のフェレットは6歳のときに2匹発症して、手術しても腫瘍は取りきれないため手術しても延命と言われ投薬治療を続けてきました。
    2匹とも7歳くらいのときに亡くなりました。(もう1匹はリンパ腫でしたが8歳まで頑張りました)
    最後の子が亡くなったのが2年前なのですが、それから医療が進歩したのか、野村先生に見せていたらもっと長生きしたのかと考えてしまいました。

    フェレットは腫瘍が怖いので、飼育当時小学生だった私も大学1年で最後の子を看取ってから爬虫類に手を出しました!
    先生ならお分かりでしょうが、ジャングルカーペット、ツギオミカド、その仲間のチャホア、クレス、ガーゴイルです♪
    いつかフェレットの遺伝的とも思われる病気が治療できるときがきたら、また飼いたいと思っています!

  11. はじめまして。かれこれ10歳くらいから野村先生のファンでフェレットも3匹飼育してきました。98年のフェレットエキスポで田舎から12か13の自分が野村先生に会いに行ったのを覚えています。

    副腎腫瘍・・・といいますと、インスリノーマになる症状ですよね?私のフェレットは6歳のときに2匹発症して、手術しても腫瘍は取りきれないため手術しても延命と言われ投薬治療を続けてきました。
    2匹とも7歳くらいのときに亡くなりました。(もう1匹はリンパ腫でしたが8歳まで頑張りました)
    最後の子が亡くなったのが2年前なのですが、それから医療が進歩したのか、野村先生に見せていたらもっと長生きしたのかと考えてしまいました。

    フェレットは腫瘍が怖いので、飼育当時小学生だった私も大学1年で最後の子を看取ってから爬虫類に手を出しました!
    先生ならお分かりでしょうが、ジャングルカーペット、ツギオミカド、その仲間のチャホア、クレス、ガーゴイルです♪
    いつかフェレットの遺伝的とも思われる病気が治療できるときがきたら、また飼いたいと思っています!

  12. はじめまして。かれこれ10歳くらいから野村先生のファンでフェレットも3匹飼育してきました。98年のフェレットエキスポで田舎から12か13の自分が野村先生に会いに行ったのを覚えています。

    副腎腫瘍・・・といいますと、インスリノーマになる症状ですよね?私のフェレットは6歳のときに2匹発症して、手術しても腫瘍は取りきれないため手術しても延命と言われ投薬治療を続けてきました。
    2匹とも7歳くらいのときに亡くなりました。(もう1匹はリンパ腫でしたが8歳まで頑張りました)
    最後の子が亡くなったのが2年前なのですが、それから医療が進歩したのか、野村先生に見せていたらもっと長生きしたのかと考えてしまいました。

    フェレットは腫瘍が怖いので、飼育当時小学生だった私も大学1年で最後の子を看取ってから爬虫類に手を出しました!
    先生ならお分かりでしょうが、ジャングルカーペット、ツギオミカド、その仲間のチャホア、クレス、ガーゴイルです♪
    いつかフェレットの遺伝的とも思われる病気が治療できるときがきたら、また飼いたいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*