副腎腫瘍

副腎腫瘍の摘出オペです。

この大手術は今までに二千件以上
執刀しています。

特に右側に関しては難易度が高く
手先の器用さが重要で
医学というよりも大道芸に近い技術が
要求されます。

これは本物の死闘ですよ。
とても苦しいです。

責任重大なので
いつもひどく冷や汗をかき
床がずぶ濡れになることもあります。

来る日も来る日も
こんなことをやってます。

1年365日、毎日毎日
世界タイトルマッチを
勝ち抜いているようなものです。

だから時々鬱憤が溜まってしまい
こんなことをしたくなります。
魂の叫び?

http://jp.youtube.com/watch?v=Hi4ccVBsZEM&feature=related

写真①
右側の副腎腫瘍を摘出し
後大静脈を継ぎ合わせているところ。
想像を絶するものすごい緊張。

写真②
秘密基地「5」で整備をして
出番を待つ私の白い翼
白虎号ことカウンタック5000QV

…とかなんとか言いつつも
日々経験値が蓄積されていますから
実はかなり余裕なんです。

まだまだ頑張れます。
さあ!どんと来い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*