アルマータス・ペーシュカショーロ

ベネズエラのオリノコ河から到着したばかりの
“アルマータス・ペーシュカショーロ”です。

この一属の最大種とされています。
成長するとメータークラスになります。

この子はまだ数センチの稚魚ですがとても気が強く
泳ぎ方も堂々としているんですよ。

“水を飲みに来た牛のキンタマを食いちぎる”
と言われていますがいくらなんでもそれは
南米特有のスケールの大きいデマの一つですね。

でも“エサと間違えて咬みついて離さない”
くらいのことはきっとするでしょう。

ちなみにペーシュは「サカナ」
カショーロは「犬の牙」
アルマータスは「武装した」を意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*