ロボット掃除機

一日の業務が終了し
フロアーの照明が次々と消える頃、
ロボット掃除機が目を覚まします。

「ピポパポピ!ウイィィィ~ン」

しかし、病院内はすでにキレイです。
看護婦さんたちが常にお掃除をしていますから
チリ一つ、髪の毛一本すら落ちていません。

でも、彼はロボットです、
常にコマンドに従うしかないのです。

「ピポパポピ!ウイィィィ~ン」

ロボットは今夜もまた
赤外線アイを光らせながら
“無いゴミ”を求めてさまようのでした。

「ピポパポピ!ウイィィィ~ン!」

私はそんな彼を気の毒に思ったので
名前を付けてあげました。
“ ロボット掃除 K ”

わかるかな~。
わかんねぇだろうな~(笑)


後半の“二つのシャレ”に気が付いた方は
真性のオッサン&オバサンに認定いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*