あまり可愛くないケダモノ…。

この写真を使うのはこれで二度目ですね。
すいません、ちょっとふざけただけです…。

突然ですが私は清貧を装うのがキライです。
見ていて実にみっともないからです。

そもそも本当に清く正しかったら
貧しくなるわけないでしょ。
真面目な仕事には必ず正当な利益が生まれます。

もしも清く正しいのに貧しかったとしたら
何か他に決定的な問題があることになります。

新病院には十六億円の設備投資をしました。
でも治療代は普通の小さい病院と大差ありません。

消費税も頂いていません。
皆さんの分は私が自腹で国に収めています。
だって医療は再生の行為であって
消費ではありません。
それに対して皆さんが税を払うなんて
変じゃないですか。

一本の注射には新品の針を二本使います。
ビンから薬を吸い込む際に針の先が傷みますから
そのままの針で注射したら動物が痛がります。
だからわざわざ新しいものに交換するんです。
(吸い込み専用&打つ専用)

言わなければ誰も気が付いてくれない
“商売っ気抜き”や“無料”が
私の病院には数え切れないほど存在します。

なぜこんなことができるかといえば
私が人間としての当たり前の権利や
普通の生活を沢山捨てたからです。

経費を惜しみなく使い、サービスを向上させたら
薄利、赤字、経営効率の悪化は必至ですが
そんなものド根性の労働力で埋めればいいんです。
「額に汗を心に華を」の心意気です。

そうすれば仕事の上で
ケチくさいことをしなくてもすむんです。
皆さんをみじめったらしい気持ちに
させたくありません。
プロ意識と覚悟があれば簡単なことですね。

いやしくも「医」の付く商売をしているのなら
利益ばかりを追求するのではなく
職人としての確固たるプライドを
持たないといけません。

「僕は清く正しく貧しいんだよ~」と言いながら
老後のための貯金をタップリ貯め込み、
温泉入って酒を呑んでいる一見善人のデブ。

「俺は金があるから設備投資で還元するぜ!」と
憎まれ口を叩きながら重労働と猛勉強の後に
一日一食の納豆めしを食っている男。

どちらの生き方を選ぶかは
その精神中の“正義の含有量”によって
大きく異なることになるのでしょう。

さて、今日もスーパーカーに乗って
仕事場に行きます。

可愛い動物たちや動物に携わる人たちが
世間一般の人たちからコケにされないためにも
常にカッコよくキメていないといけないからです。

「あまり可愛くないケダモノ…。」への2件のフィードバック

  1. 連投コメ&過去記事へのコメントお許しください。

    先生のブログを過去からすべて読ませて頂いています。
    過去記事へのコメはご迷惑かと思ったのですが、
    コメントしたい気持ちを抑えられませんでした。。。

    大げさかもしれませんが、この記事を読んで涙が出そうになりました。

    ありきたりな表現かもしれませんが、
    先生は「超人」ですね。というか「超人様」です。
    精神力がとてつもないです。
    体力も「超人的」に見えますが、
    それはきっと精神力の強さがそうさせてるんでしょうね。

    >いやしくも「医」の付く商売をしているのなら
    >利益ばかりを追求するのではなく
    >職人としての確固たるプライドを
    >持たないといけません。

    こう考えてくれる「医」の付く方々が増えてくれると、
    みんな本当に助かるんですけどね。
    野村先生みたいにとまでは言わないけれど、
    せめて、誠実な職人さんばかりの世の中になってほしいものです。

    注射針を2本使うという、野村先生の動物への愛情、
    変な言い方かもしれませんが、なんだかとても嬉しかったです。
    私は3フェレのママをしていますが、
    先生を見習って、もっと細かいところも気遣ってあげようと思いました。

    またまた長文、失礼しました。

  2. 連投コメ&過去記事へのコメントお許しください。

    先生のブログを過去からすべて読ませて頂いています。
    過去記事へのコメはご迷惑かと思ったのですが、
    コメントしたい気持ちを抑えられませんでした。。。

    大げさかもしれませんが、この記事を読んで涙が出そうになりました。

    ありきたりな表現かもしれませんが、
    先生は「超人」ですね。というか「超人様」です。
    精神力がとてつもないです。
    体力も「超人的」に見えますが、
    それはきっと精神力の強さがそうさせてるんでしょうね。

    >いやしくも「医」の付く商売をしているのなら
    >利益ばかりを追求するのではなく
    >職人としての確固たるプライドを
    >持たないといけません。

    こう考えてくれる「医」の付く方々が増えてくれると、
    みんな本当に助かるんですけどね。
    野村先生みたいにとまでは言わないけれど、
    せめて、誠実な職人さんばかりの世の中になってほしいものです。

    注射針を2本使うという、野村先生の動物への愛情、
    変な言い方かもしれませんが、なんだかとても嬉しかったです。
    私は3フェレのママをしていますが、
    先生を見習って、もっと細かいところも気遣ってあげようと思いました。

    またまた長文、失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*