プクちゃんのその後

新・野村獣医科Vセンタービルに移転してから
「プクちゃんはどうしたの?」という問い合わせが
多いのでこの写真を掲載いたしますね。

彼はビルの地下一階に設けた熱帯動物温室の
巨大水槽で今日も元気に泳いでいます。
ご安心くださいませ。

プクちゃんはレッドテールキャットという
アマゾンのナマズの一種で
4センチメートルの稚魚の時に
私の元にやってきました。

飼い始めて20年以上経ちます。
現在の全長は80センチメートルを超えています。

尾びれの“赤”が実に美しいですね!
とても人懐っこいサカナなんですよ。

突撃して水槽を割るのが得意で
これまでに大型ガラスタンクを三基も
破壊しました。

新設した大水槽は分厚いアクリル製なので
もう安心です。

好物はエビです。
私の食事(シャケ弁当)よりも豪華ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*