ハミルトンガメ

DSC01120

ハミルトンガメの“タマ太郎”も

すくすく成長しています。

体積的には四倍になりました。

大人の手のひらくらいの大きさですが

甲羅の厚みがあるので結構なボリュームです。

食いしん坊なので私の姿を見つけると

大急ぎで水底を走ってきてエサをねだります。

水中のカメはすばしっこくて機動力抜群ですね。

写真のタマ太郎の姿勢を見てください。

左腕を腹甲の中央に置いて身体を支えています。

次の動作は左腕を後ろに蹴りだすわけですが

これを左右交互に行って推進力を得るのです。

重い甲羅を地面に打ち付けることなく

水平に安定させながら前に進むには

利にかなったフォームですね。

この世の全ての答えは

実は自然界にあります。