放射能の雨と北風

野村獣医科VセンターA棟の

外装強化工事をしています。

放射能の雨から

皆様の動物たちを守護するためです。

Vセンターは今回もまた

進化いたします。

診療業務は

通常通り継続中です。

外観はやぐらとカバーで工事中そのものですが

館内はいつもと変わらぬ快適空間を維持

していますのでご安心くださいませ。

l1005446

★★おさらい★★

野村獣医科VセンターA棟とは

野村潤一郎がつくった

動物たちのための8つの建造物の一つ。

2007年夏に完成。

地上7階、地下2階。

設計当初から

来たるべき過酷な時代を想定し

①大地震に耐える耐震構造、

②入念な耐火構造及び対延焼システム、

③大洪水に対応する耐洪水構造、

④用水備蓄は25トン、

⑤水道水放射能除去装置を備え、

対犯罪トラップおよび警備体制も万全、

水陸両用災害救助艇も配備。

野村獣医科Vセンターは

皆様の動物たちと共に

未来方向に時間を航行する

最新医療機械を搭載した現代の箱舟であり、

押し寄せる艱難辛苦を乗り越える

迎撃機能満載の巨大戦艦です。

基本的人権すら与えられていない

立場の弱い動物たち

俺がやらずに誰がやるのか