お仕事の話(第二夜)

 

 

“完全に手遅れ”になってから来院してもらっても
ドクターノムラの威力を発揮することはできない。

せめて“完全に手遅れの一歩手前”で
滑り込んでほしい。

できることなら「何かがあったらノムラ」ではなく
通常のホームドクターとして
普段から利用していただきたい。

日常的に蓄積されたデーター分析や
既往症の把握は
万が一の重病や緊急医療の際に
より一層のアドバンテージが期待できる。

たいしたことがない病気やケガ、
予防注射なんかで大病院にかかるのは…等と
そんな余計な気遣いは無用だ。
コンビニに行くみたいに
気楽に通ってくれ、遠慮は要らない。

なぜならば私は研究者などではなく
みなさんの動物たちのために
存在する“獣の医者”だからだ。

私の食事は一日一食、それも五分で済ます。
結婚式も、新婚旅行も、子作りもしなかった。
休日も、飲酒も、もう二十年以上無しだ。
何故だと思う?

動物たちが可愛くてしょうがないからだ。
動物たちに死んでほしくないからだ。
飼い主たちの喜ぶ顔が見たいからだ。

高度医療が可能な私の病院を
かかりつけにすることの意味を
今一度、素直な気持ちで理解してくれ。

写真①
オペをしているドクターノムラ。
本気の男は滝のような汗をかいて闘う。

写真②
数多(あまた)の戦闘で
破損した我が同胞(はらから)の一部。

写真③
癌をリンパ腺ごと完全摘出した。
この完成度に驚愕せよ。

猫の腫瘍のほとんどは悪性だ。
完治させるには大きなサージカル・マージンが必要。
テクニックとスピードが勝敗を決定する鍵となる。

そもそも高齢だからといって
オペにびびってどうする?
癌になるのは皆シニア。
高校生が乳癌になるか?

二十歳でも元気な猫が沢山いる。
猫の十五歳なんか
まだヒヨッコもいいところ。
勇気を出して大切な未来を取り戻せ!

☆☆つづく☆☆