トマトちゃんにレーザー。

“生きている動物の身体”を使って
“医療技術の練習”をするなんてバカみたいですね。
何様のつもりですか?

動物の命は誰のものでもありません、
その動物自身のものです。
何人たりともそれを奪う権利はありません。

★写真説明

つくってくださった農家の方には
大変に申し訳ないのですが
プチトマトちゃんを使って
レーザー医療の練習をしました。

“膜に覆われた水っぽい腫瘍”のつもりです。

本番にとりかかる前に腫瘍内部での
熱の対流効果を確認するとともに、
レーザー発射菅に付着する炭素の除去対策を
見出さなければなりませんでした。

これは通常のオペでは
摘出不可能な悪性腫瘍に対し
レーザーの力で“腫瘍のDNAを破壊”して
縮小&消滅させる技術です。

左の管が拡散型レーザー発射菅。
真ん中が表面温度のセンサー。
右側が皮の直下温度のセンサーです。

このトマトちゃんのおかげで
沢山のイヌやネコやフェレットたちの
命が助かりました。

(注)
練習に使用したトマトちゃんは
最後に私が食べました。
白いお皿は私のおやつ用です。