フェラーリ・ディーノ。

毎度おなじみの朱雀号こと
1974年製フェラーリ・ディーノです。

業務終了後、
病院の駐車場で眺めていると
一日の疲れが癒されます。

ピニンファリーナのデザインは
何処から見ても破錠が無く
そのプロポーションはまるで
野生動物の肉体のようにバランスが良いですね。

玄武号、白虎号、青龍号、以上三名は
故障により、修理の順番待ちです。

スーパーカーは
置いておくだけで壊れますが
私のように日常的に乗り回せば
やはりひどくぶっ壊れます。

本当に愉快なクルマたちですね!

★★★追伸★★★

例の“イラスト入り色紙”についてですが、
そろそろ締め切りにさせてください。

毎日数十枚書いてますが
ちょっと時間的余裕がなくなってきました。

「もう送っちゃったよ~」という方については
ちゃんと描きますから御心配無用ですよ(笑)

それと“カバのおねいさん”や
“takさん”その他の方のように
先日の記事のコメントまでに
滑り込みした方は“セーフ”です。
どうぞ色紙を送ってください、
ササッと描きます。

「間に合わなかった~、欲しかったのに~」
という方は次の機会が必ずありますので
少し待っていてくださいね!