フェレットの腫瘍。

野村獣医科Vセンターでは
腫瘍の摘出手術なんか毎日のことですから
別に珍しくもなんともありませんが
見たい人は見たいんだろうなと思って
掲載してみました(今日はなにもネタが無いし)

これは皮下に発生した腫瘍の一種です。
この手の症例はよく見かけますし
またそれほど手術難易度は高くありません。

私にしてみれば朝飯前(朝食はとりませんが)
ですから手術は三十分程度で終了します。
もちろん入院は要りません。

同じような病気の人は
悩んでないで早く来てくださいね!

ご存知、ガラス張りの手術室で
飼い主さんの見てる前、
ピュンピュンと素早く
キレイキレイしてさしあげます。

★写真説明

写真①
脇腹が大きく膨れていますね。

写真②
悪い部分は丸ごと外して捨てます。

写真③
外科用パウダーをふりかけてフィニッシュです。
今回は例によって傷が見えない仕上げ。

なんか最近、
あまり面白くない記事ばかりで
ほんとすみません…。