大晦日の地下一階温室

年末年始なんか私には無用です。
いつものように仕事をしながら過ごします。
休日なんかありませんし、要りません。

商売柄、酒気帯びになるといけませんから
お酒は二十年間、一滴も飲んでいません。
プロフェッショナルの臨床獣医として
当然のたしなみです。

食事も一日一食、五分で済ませます。
生きるために必要な最低限の栄養を
短時間で摂取するだけです。

温泉旅行なんかにも行ったことがありませんね。
仕事で外国に行っても日帰りなんですよ。

私の人生は常に時間に追われ、
生活態度もストイックですから
かなり過酷な部類に属すると思います。

でもそれは自分が望んだことですから
文句は一切ありません。

そもそも勤労は等価交換が原則です。
それに付加される感謝の気持ちから
日々の糧が得られます。

つまり、職人たるもの
“誰かに必要とされ生かされている”
そんな状態が正常なのだと信じます。
よって常に「額に汗を、心に花を」の精神を
心がけるべきなのです。

確かに毎日が激務の連続だけれども、
実はこれでもかなり幸せなんです。

たとえこの身がメチャメチャになっても
皆さんの喜ぶ顔が見たい。
やっぱりちょっとバカなんでしょうかね?

こんな私の唯一の望みは
“人間と動物が仲良く暮らせる世界”
動物好きというよりも
“命好き”の優しい人たちが
笑顔で生きることができる世の中です。

写真は野村獣医科Vセンターの
地下一階にある温室です。
二十五トンの水量を誇る集中濾過システムや
強力な人工太陽光線灯が設置され、
熱帯の変温生物たちも
皆快適そうに暮らしています。
二十年以上飼い込んだアマゾンの大型魚も
いるんですよ。

それでは良いお年を!

野村潤一郎。

また、皆様へのお返事です。

>ガラモンのガラダマさま
嘆かわしいことに
勧善懲悪の精神を疑問視することが
最近の男らしくないヒネクレ族たちの
ブームの様子ですが、
正義=その時代における常識。
常識=生物として正しい考えと行い。
と私は考えております。
また、悪にも二種類存在し、
ひとつは許せる悪、
もうひとつは許せない悪、があります。
前者は良心が残存していますが
後者は己の欲望に飲まれたり
汚い精神を抑制できなかった結末なので
因果応報が適用されるべきです。

好きな怪獣は
ウルトラQではボスタング、
ウルトラマンではドドンゴ、
ウルトラセブンではエレキング、
帰ってきたウルトラマンではムルチ、
東宝映画ではガイガンです。

>メイクさま
外見を眺めるのはもちろんOKです。
本当は中身も見学していただきたいところですが
混雑時には特にスタッフ一同、
一秒も動きを止めることなく
全力で業務を遂行いたしますし、
私も毎日数件のオペがあるために、
時間をかけたおもてなしができそうもないのです。
お近くにいらっしゃった際は
とりあえず御連絡くださいませ。
病院内部の施設はHPの
「設備」のコーナー等に
写真を掲載する予定ですので
そちらもごらんくださいね。

>鵜飼まやみさま
正解です!
私の犬たちは全て花の名前がついています。
「アイリス」をドイツ語になおしますと
「イリス」になります。
で、おっしゃるとおり
イリスとは神話の女神の名でもあります。
さらに「ガメラ3」に登場した
ものすごい大怪獣の名前だったりもします(笑)

>サッチャーさま
“野生動物”との同居は無理ですが、
“家畜化”された生命体同士は仲良くできます。
つまりウサギ&イヌの共同生活は可能です。
ただしハンティング用に“育種”された犬種は
できれば避けてくださいませ。
家畜、野生、育種、これらのキーワードの
理解が重要です。
いよいよ犬を迎えるのですね。
ものすごく楽しくなりますよ!

本日の写真は
我が要塞病院「野村獣医科Vセンター」です。
手前が「A棟」です。
この写真には写っていませんが奥には
MRI等の重医療設備を備えた
「B棟」があります。
2008年には「A棟」の南側に
「C棟」が建ちます。

今回は土地、建物、設備に
十四億円もかかっていますが、
もしかしたらいつものように
五~六年で新しい場所に
移動する可能性もあります。
皆さんの住む街に突然Vセンタービルが
出現したら面白いと思いませんか?
まるで黄金バットに出てくる
神出鬼没なナゾータワーのリアル版ですね(笑)

撮影機材
ライカM8
フォクトレンダーUWH

>ガラモンのガラダマさま

「ソロモンと奇妙な患者たち」
「ダーツよ鉄の城を見張れ」

この二冊の連続するエッセイ集は
私が強い“念”を注入して
執筆いたしました。

読み進めるうちに
文章に封じられたハイカロリーの
熱量が開放されるのを
感じることができるはずです。

“エネルギー保存の法則”が
文章にも存在するのです。

そのスーパーパワーは
思いやりの心が欠落した現代に
疲れ果てた皆様の心を
強く激しく、そして優しく、
時々こそばゆく?
効果的に揉み解します。

皆様に濃厚で楽しい動物生活を
送って頂きたいと切実に願う私の
猛烈な祈りの結晶であり、
自信作でもあります。

ガラモンのガラダマさま、
読後感想、誠に有難うございました。

写真は私の愛娘のイリスちゃんです。
新顔なので皆様にご披露するのは
これが初かもしれませんね。