西ドイツ製、最新型医療機械

NIK_4742

野村獣医科Vセンター。

それは最新獣医学の巨大要塞(ようさい)

それは動物たちのためだけに存在する最強の砦(とりで)

それは地を這う者たちを守るため

不退転(ふたいてん)の決意の元に人を捨て

血涙を流しながら生み育てた我が分身。

常に発展発達の速度を緩めず前進!前進!

NIK_3745

とうちゃん、とうちゃん!

なんだか言い回しがコワいよう。

NIK_2622

おっと失礼。

額に汗を、心に花を!

NIK_4394

じゃあ、これ、

ひっぱりっこして あちょぼう!

NIK_4843

と、その時、

ものものしい車両が出現!

NIK_4852

そしてなにやら巨大な木箱が搬入されました。

蓋には西ドイツの 超一流光学機器メーカーの焼印が!

これは何ぞ?何ぞ?

答えは後ほど。

NIK_4845

巨大な機械のため、

組み立ては病院一階のエントランスで行われました。

NIK_4860

技師の方たちも

真剣そのものです。

NIK_4907

二階フロアーの吹き抜けより階下を望む。

組み立てが完了し、

エレベーターに乗せるところです。

NIK_4938

LEICA

世界最高峰の光学機器メーカー。

NIK_4934

広い手術室ですが

たくさんの医療機器がありますから

セッティングも大変です。

NIK_4933

そうそう、

本体はこの位置が良いでしょう。

NIK_4961

巨大ロボのそれに似たアームの先には

接眼レンズが付いたユニットが装着されています。

もう何の機械だかおわかりですね!

そうです、手術用の顕微鏡です。

NIK_4943

エンジニアの方から

使用方法のレクチャーを受けているところです。

ハンドル、十個の押ボタン、四つのペダルで操作します。

変態的機械愛好家の私ですから

すぐにマスターできました。

手術直後だったのでメガネ&オペ着にて失敬。

NIK_4958

西ドイツからやってきた

LEICA社製の最高性能・手術用顕微鏡。

非常に細かい高度な作業をするために使います。

お値段はなんと東京郊外の戸建一軒分ですが

これによって動物たちの命が助かるのであれば安いと思わねば。

大勢の患者さんたちが私を頼って来院なさってくださるから

買えるわけで、いわばこれは皆さんの物です。

今週の日曜日のオペから稼働します。

まずはフェレットの副腎腫瘍の完全摘出を行います。

今後も難手術を成功させ続けます。

私は動物たちのためだけに生きています。

ご期待くださいませ。

「西ドイツ製、最新型医療機械」への6件のフィードバック

  1. 野村先生は口だけの先生たちとは違って
    なんでも必ず実行しますね。
    私は先生の私生活がとてもストイックなのを知っているので
    いつも頭が下がる思いです。

  2. 先生こんばんは。
    先日は愛犬の予防接種と命のお話しありがとうございました。病院なのに楽しく過ごせるって不思議な感じでした。

    さて、この顕微鏡、先生の手先の器用さをプラスすれば最強ですね。
    変態的機械愛好家かも知れませんが、お値段もケタ違いに変態的ですね(笑)
    先生の強い意志が伝わってきます。
    しかもそれを「皆さんのものです。」ってサラッと言ってしまうところがシビレます。
    ヤバイ。ヤバすぎるくらいカッコイイです。
    働いた後には美味しいご飯を食べて下さいね(^o^)

  3. MRIがあるのを知って驚きましたが
    今回のもすっごいですね。
    ♪───O(≧∇≦)O────♪

  4. 先生が真夜中にたった一人で汗だくになって掃除しているところを目撃しました。まさかあんな場所を有名で華やかな先生がやるとは思いませんでした。
    誰も見ていないところでも頑張っていて本当に信頼できる方だなと感じました。
    私たちのために高価な医療機械を買っていただいてありがとうございます。
    正に鬼に金棒ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*