重要なお知らせ!

NIK_2252

みなさま、こんにちは!

野村獣医科Vセンター院長の野村潤一郎です。

みなさまに重要なお知らせがございます。

★★★★まえがき★★★★

今や現代社会のコミュニュケーション手段として

先進的かつ最たるものと言えば

ネットを通じて行う情報交換の類なのでしょうが

内容的にはいささか信憑性に欠ける場合があることは

賢明なみなさまは十分に周知のことと思います。

すなわち個人が独断で完結させてしまうネット上の文章は

正式な出版物のように出版社の社員による会議も無ければ

内容についての検証や校正も無く、

執筆に関しては全くの素人が

個人的な思い込みを噴出してしまいがちです。

またこれらの暴走的な文章を書いて

公開する人物はほとんどの場合

自分の身分証明をしませんから

何者なのかもわからずじまいになります。

気味が悪いですね。

更に鬱憤の溜まった人たちが加わると

内容に尾ひれがついて残虐さが過熱し、

不満解消のはけ口としての魔女狩りのような様相となり、

こういった一種のリンチ対象となった人物や商品は

社会的に大きなダメージを受けます。

私の場合は過去十五年間にわたって誹謗中傷されまくってきました。

最初の頃は悔しくて涙が出ました。

ろくに眠れない夜が三年以上も続きました。

匿名の集団いじめにすっかり参ってしまい、自信を失い、

自分はろくでもないゴミ人間なんだと信じるようになりました。

だから仕事が終わると暗い部屋に引きこもって

頭からゴミ袋をかぶって朝までじっとしていました。

ゴミ人間はゴミ袋に入っていなければいけないと思ったのです。

今だから言いますが実は二回ほど本気で自殺しようとしました。

本当に本当に本気でした。

専門家による調査では犯人の中に私をねたんだ同業者の先生が数人いました。

問い詰めると涙ながらに「本当は敬愛しています」等と言って許しを請いました。

弱いやつ! シンプルなイヌの心を持つ私にはまったく理解できませんでした。

しかしどんなに足を引っ張られようと私は躍進し続けているわけですから

これはもう本物の強者であることの確実な証明になりました。

そしてそんなタフな自分をますます好きになりました。

並の病院ならとっくの昔にメッキがはがれてつぶれています。

きっと数々の屈辱的な妨害工作は試金石のごとき試練なのでしょう。

所謂、有名税というやつですね、もうすっり慣れっこになってしまいました。

昔はなんであんなに悩んだんだろうと不思議に感じます。

もはや「ああやっぱり俺は人気があるんだなあ」くらいにしか感じません。

「嘘の書き込みを信じるバカはこちらからお断りだからちょうどいいや」とも思います。

私は難易度の高いオペの依頼をも受ける手術の名手として

海外の方たちからも評価されているだけでなく

本も執筆すれば絵心まで備え、タレントとしてバカにもなれるという

マルチパーパスさを持ち合わせている唯一無二の存在ですから

あちこちで必要とされているという自負がありますし

もし嫌いだと言う人がいたとしても困った時には最終的には頼ってやって来ます。

そしてそれを受け入れる他人を許す気持ちも持っています。

ところで最近は、こういった無名の悪意の連鎖は

有名人や有名会社、有名商品のみならず

みなさま自身や

みなさまのお父様、お母様、

みなさまの子供たちにまで及び始めている様子ですね。

みんなで非現実的な雲の上の世界に鉄砲を乱射して

ストレス発散していた時は実感が無かったと思いますが

今や普通の方たちも“明日は我が身”かもしれないわけです。

自分の知らない間にへんてこなうわさが蔓延していたら

耐性の無い人、特に純真な子供たちなんかは死を選ぶ可能性があります。

学校裏サイトの書き込みで心にダメージを負う子供が大勢いて

社会問題になっているらしいのですが

大人たちがやってるんだから子供たちもやるんだと思います。

因果はめぐりめぐって応報します、必ず。

どうやら便利なモノほど両刃の剣(もろばのつるぎ)的な側面がある様子。

原子力だって平和利用の発電とは正反対の使い方として

原爆があるわけですからね。

もしかしたらネットという道具も

サル山の中に投げ込まれた刃物のようなものなのかもしれませんね。

つまり利口なサルが使えば便利な利器になるのに

バカなサルが使えば他者を傷つけるだけの凶器になってしまうわけです。

優しい気持ちで日々を過ごしましょう。

グローバルな規模の諸問題が山積みの現代において

日本人同士で騙し合ったり、いがみ合ってどうするの?

ちいせえ、ちいせえよ!

人生なんてあっという間に終わっちゃうんだから

楽しく行こうぜ!

★★★★本題★★★★

ここで重要なお知らせです。

私は現在、twitterなどのSNSは一切参加しておりません。

SNSにおいて時々見ることがある

「野村潤一郎」 「野村獣医科Vセンター」のアカウントは

「私」および「私の病院」とは全くの無関係です。

間違えて個人的なメールなどを送付しないように気を付けてくださいませ。

また何らかの問題が発生した方は私の病院にご連絡くださいませ。

何卒宜しくお願いいたします。

★★★★写真説明★★★★

これは作業着です。

病院駐車場のタイル磨き、ガラス磨き、ドブ掃除、

とっても危険、とっても汚い、とっても嫌!

そんな仕事の数々は私が担当しています。

つまり夜中の私のもう一つの正装なんです。

汚れ作業、けっこう好きだったりして。

似合ってるし!

「重要なお知らせ!」への23件のフィードバック

  1. 先生が大切です。会ったことはないけど…。本当ですよ、先生を心の支えにして生きてる人間がいるってこと、忘れないでね。

  2. 先生、大好きです。大ファンです。
    先生の動物たちへの愛情に、熱い言葉に、何度も涙しました。
    実際にお会いしたことはないけれど、先生だけは信用できます。
    心から尊敬してます。
    体に気をつけて生き続けてください。

  3. お疲れ様です

    もう一度 コリーを飼おうと決意できたのも 野村先生に診て頂けるから

    私の夢が叶うのも 先生のお蔭です 

    世の中 色々な人がいますが  突き抜けて行きましょう!

    全開バリバリで アクセルON 

    底まで踏んづけて 人生 謳歌しましょう!

    コンタックス ツアィス ニコン改  着々と増強中で~す!

  4. 野村先生がいる、と思うととても安心します。
    ウチの子を診ていただいてから、飼い主の安心感というか心の安定も
    動物たちに伝わるのかなと思うようになりました。
    野村先生は動物だけでなく、飼い主にも安心を下さいます。

  5. 先生はやっぱり凄いなぁ~(^-^)

    22年前に中村先生に紹介して頂いてお話させて頂いてからのファンです。

  6. ありがとうゴザイマス
    双頭の 生き物・・
    永遠の謎・・・・そうですね!
    とはいつつ  知りたいのが   性と 申しましょうか
    野村先生の  お写真のP-15 の  ダブルヘッドは   もしかして・・なのかしら?
    擬態なのかな?

    うう〜〜〜知りたい!

  7. >ローラン佐藤さま
    子供のころは妖精や怪物などを
    見ることができたのに
    大人になるとそれらは
    目の前からいなくなってしまうものです。
    永遠の謎はそのままにしておく方が良いのです。

  8. 双頭~トラキドサウルス
    佐藤と申す者です。ジャズのサックス吹きを生業としております。
    突然のメールにて  失礼いたします。

    かれこれ20年ほど以前の  事と記憶しますが
    野村先生が TVに出演された折
    双頭の爬虫類(両生類)を  お見せ下さったことが在りました。

    古い~楽譜帳を  ひっくり返していましたら
    その事を書いたメモの  小さな紙片が  ポロリ落ちて来ました。
    そう云えば
    ず~~~っと脳の片隅にひっかかっておりました。
    「アレは  なんだったのだろう???」
    ほんの今   Googleで検索してみましたが・・・うまくヒットしません。

    お忙しい中  煩わしいとは 思いますが
    永年の疑問符に   お答えを  欲しく思います。

    ローラン佐藤

  9. デジタル時代のイヤな面ですよね・・・
    顔が見えないから、人の気持ちを考える事が少なくなるのでしょうか。
    出所不明の情報に踊らされず、自分の信じる道を歩もうと思います!

    ・・・センセ、その手にお持ちのカメラは 私が欲しくてたまらないNikon Dfですね?
    嗚呼〜、見せびらかさないでください〜!(笑)

  10. 先生だと思い込んで個人的なメールを送ったりして、なりすましの被害にあわれた方がいないといいですね。
    作業着姿もなぜかカッコイイです。
    姿勢がよくて、どんなポーズもピシッと決まるからでしょうか。
    イヤなことも率先してやる姿は、見習わなければと思います。
    毎日お疲れ様です。

  11. 野村先生、初めまして。

    11年ほど前にフェレットを飼ったことがきっかけで、野村先生の著作を読んでから、先生こそ最も尊敬すべき獣医師であるとずっと信じています。

    世の中には妬み嫉みのかたまりのような人もいますが、さらっと笑い飛ばして、どうかこれからも先生を頼る者たちのために生きて下さい。

    私もよりよく生きることに悩む時がありますが、そんな時は先生の本を読んで力を頂いています。

    僭越ですが、これからも陰ながら応援させて頂きます。

  12. 先生にそんな事があったなんて~!びっくりです!

    子供の頃に、自分が言われて嫌な事は人には言ってはいけないと
    教えられたので、100パーセント守るのは無理ですが、
    そういう気持ちを持って生きなきゃなあと思います。
    でも、いろんな所でコメントを見るとこれは傷つくだろうなあ・・・っと思う事がたくさん
    あって、ブログやる方はそれだけで勇気があるなあっと思います。
    ブログでせっかく憧れの人の情報を得ることができるのに、なんとも悲しい。
    先生のお写真ウルトラ隊員みたいです!!(ウルトラマンよく知りませんが・・・そんな感じ!)かっこいいです!!

  13. 正義の味方の風貌ってあるんですね。
    先生を見るたびにドーベルマンに似ているなあって思います。
    それも世間一般の悪いイメージではなく本当のドーベルマン。
    実際はドーベルマンって強いだけでなく優しくて愛情あふれる犬種ですよね。
    本気で怒るとものすごいけど…。

  14. こんばんは。先生がそんな目にあわれているなんて知りませんでした。
    ネットの世界は恐ろしいです。
    4番めのコメントのひろこ、は、ここ数年私が使用していた名前ですがわたしではありません。
    新しい方かと思います。
    体調をくずし、何回かコメントを休んでいます。
    応援しています。

  15. 正直先生でもメディアに出していない繊細な面があって安心しました。
    自分が弱くても平気と言い訳できます!冗談はおいておいて、
    先生がメディアに出始めから見てるのですが、当時小学生~中学生
    くらいの私が直感的にこの人は凄い人だと思った記憶があります。
    当然ランボルギーニに乗る前ですので、そう言った所有物的な凄さで無く、
    今に思うとホームレスになっても獣医を続ける人だと感じたんだと思います。
    私以外にも所有物ではなく、社会人=仕事をするという事で、この人には
    かなわないと感じる人は大勢いると思います。今でもみみず~とか
    ダーツ~を読んでいますよ。私は悪口言わないで先生には負けと認め
    少しでも稼げるように頑張ります。あと先生の著書や動物を飼うことで
    物を考えるという事に大きな助けになってます。

  16. 作業着の割には正義の味方の匂いがプンプンしますね(^^)

    先生が送られてきた経験は波乱万丈過ぎて常人では考えられないことだったと思います。しかし、先生の病院が発展し続けたのは先生を信頼し、訪れる人が後を絶たなかった証です。味方が多いということでもあります。

    先生の本を殆ど読みましたが考え方、生き方など、非常に勉強になりました。また、正しいことをきちんと実行し続ける先生を心から尊敬しています。

    これからも我が家の愛犬を診てください。そしてまたお会いできる日を楽しみにしています。

  17. twitterのなりすましは有名人の間では問題になってますよね。
    先生も被害を受けたんですね。
    忙しい先生なのにtwitterなんておかしいと思ってました。
    メールださないでよかったです。
    にしても犯人は何考えてるんでしょ。

  18. 悪の心を持たない純真な先生は
    ひきょう者たちの卑劣な行為によって
    己の強さを知ってしまい
    ますます強くなったわけですね。
    たくましくて素敵です。
    これからも私たちの希望であり続けてください。

  19. 野村先生

    本当の強さとは己の弱さを知り、己の中にもある悪を見続ける事ではないかと思います。
    ごく普通の善良とさえ言われる人々が、集団となればどれほどの残虐な行為を行い得るかは歴史が示している通りです。

    他者へのちょっとした優しさを惜しまない、そういう人になりたいものです。

    先生は、本当にかっこいいヒトですよ!

  20. 先生、尊敬しています!
    うちの子を丁寧に診ていただいて感謝しております!
    カッコいいです^ ^

  21. >Mayさま
    おはようございます!
    病院内では免許や資格を必要としない仕事が山ほどあります。
    知識は私たちがすべて教えます。
    経験はベテランスタッフの補助をしていればつきます。
    必要なのは動物たちの苦痛を取り除くために力の出し惜しみをせず、
    いつも「かわいそうに、なんとかしなくちゃ」と思う優しい心と
    彼らの命を守る強い情熱です。
    病院に直に電話してくださいね。
    求人担当は看護婦長の山崎です。
    尚、勤続年数16年以上の人が
    複数在籍していることからもわかるように
    雇用条件は非常に良好です。

  22. 野村先生、初めまして。

    免許、資格、知識、経験など何もない者が
    先生の所で雇って頂ける可能性はありますか?
    無い物は気力と体力で補う自信があります。

    メール頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*