カーグラフィック(CG)

NIK_0026

もうお気づきの皆様もいらっしゃることと思いますが

実は私は通常、テレビに出演したり雑誌の取材を受けたりしても

宣伝告知はしない主義なんです。

二十年以上もの長きにわたり様々なメディアに露出していますが

黙っていた方がカッコいい気がするんですよ。

これは所謂、やせ我慢の一種でもあり

男の美学のようなものとご理解してくださいませ。

でも今回は特別なんです。

憧れのクルマ愛好家のための由緒正しい雑誌

であるカーグラフィック(CG)に載りました。

大手の一流誌といえば家庭画報や

クラッシイなど色々と取り上げていただきまして

それはもう嬉しかったけれど

カーエンスーたるものやはりこれでしょう。

たったの二ページですが

いえいえそれでも大変に有り難いことなんですが

実は今月号と来月号の計二回の登場になります。

今回も本業とは全く関係の無い話題になってしまい

そういうのを期待している方々には誠に申し訳ありませんが

だってほら、ここはコーヒブレイクですから。

オフの時間くらいは仕事の話とかは抜きにして

楽しく粋にまいりましょう。

「カーグラフィック(CG)」への6件のフィードバック

  1. 雑誌の取材でもなんでも、「好きなこと」で人とつながれるって、とってもシアワセなことだと思います。
    先生と車を見ていると、車が無機質な素材の塊でなく、生き物のように感じます。

  2. 一昨日CG購入しました!
    真面目でとても美しい盛り沢山な重い雑誌です。
    先生は自然で楽しそうに写っていますね。
    来月も楽しみにしています~。

    お忙しいのにみなさんにお返事をありがとうございました。

  3. おおっ! カーグラに登場とは、素晴らしいですね!

    数ある自動車雑誌の中でも、カーグラは別格ですから
    センセイがテンション 上がっちゃうのも 分かります!(笑)

    カーグラTVのテーマ曲とか、大好きでした・・・

    今月、来月は、ちょっと奮発して カーグラ久しぶりに買ってみようと思います!

  4. 実際に野村先生の病院で何度も見ていますが野村先生は大汗をかきながら長時間の大手術をガラス越しの飼い主の見守る中で何一つ隠し事もなく頑張って時には疲労で膝をついてもまた立ち上がって…そんな厳しい毎日を送っているのにそれを感じさせることなく普段は常に涼しい顔をして本当に粋な人です。政治家より官僚よりずっとずっと本当に偉い人だと思っています。尊敬できる人です。先生どうかいつまでも動物たちと飼い主たちを守ってください。

  5. 先日のSMAPの番組は偶然見れました。
    先生かっこよかったですよ。

  6. 仕事の事を忘れて趣味に没頭して、なおかつ雑誌にまで載ってしまうなんて流石です(^^)

    笑顔も良いですね!

    キャンピングカーに乗ってらっしゃるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*