地球の命の物語 by オスカー

neo

三億五千万年昔のデボン期、

サカナの一種が陸で暮らしたくなっちゃいました。

でも身体は重くて硬いガノイン鱗で覆われ、

浮き袋を変化させた肺はまだ未発達でした。

amph

やがて浮き袋は肺になり、

エラは退化していきました。

DSCF0404

サカナのような、そうでないような、

なんだか不思議な姿になりました。

sai

サカナがサカナでなくなる日が

とうとうやって来ました。

胸ヒレは腕になり、

指の先には爪まで生えました。

sai-b

でも、まだ水の世界に未練がありました。

腕でモノをつかむことができるのに

下半身をにょろにょろさせて泳いでばかりいました。

sa

やっと上陸しました。

子どもの頃は水中で育ち

大人になると陸に上がります。

半分だけ陸の生き物なので両棲類と言います。

kai

水の中で卵を産むことをやめて

陸で生まれ、陸で育つ生き物になりました。

爬虫類の登場です。

ka

卵は殻に守られていますから

水辺にいなくても大丈夫です。

砂漠地帯にも進出しました。

ko

しばらくすると

ふわふわで温かい毛におおわれた

哺乳類が誕生しました。

mo

長い年月が過ぎました。

陸の上は随分と賑やかになりました。

to

 とうちゃん類の

とうちゃんが現れました。

イヌの心を持ち、生物科学が行動基準のケモノのお医者です。

os

そしてとうちゃんの息子の

おいらが生まれました。

やりたい放題の甘やかされ坊主ですが

大きな心と大きなチンポは

とうちゃんゆずりです。

命の歴史ってすばらしいね!

以上、地球の命の物語 by オスカーでした。

 

★写真説明

オーストラリア肺魚・ネオケラトドス (魚類)

正体不明の肺魚の幼体 (魚類)

正体不明の肺魚の成体 (魚類)

グレーターサイレンの頭部 (両棲類)

グレーターサイレンの全身 (両棲類)

グレイタイガーサラマンダー (両棲類)

カイマンリザード (爬虫類)

カニンガムイワトカゲの親子 (爬虫類)

柴犬の赤ん坊 (哺乳類)

皆既月食

オスカーとうちゃん (とうちゃん類)

野村オスカー (とうちゃんの息子類)

「地球の命の物語 by オスカー」への17件のフィードバック

  1. 野村先生、はじめまして。
    私は15年くらいまえに、ハムスターを飼っていて、先生に診ていただいたことがあります。
    そのハムスターは食欲が激減して歯を使わなかったためか、
    異常に前歯が伸びきってしまい、食事使用にもできない状態でした。
    「数日、服薬して体力を戻したのちに前歯をけずりましょう」とのことでしたが、次回の野村先生の診察日まで日があいてしまい、運悪くその間に天国へ旅立ってしまいました。

    なので、実際はたった1回しか診察をうけていないのですが、そのときに野村先生にとても感動しました。

    ガラス張りの待合室で、中の診察の様子を見ながら待っていたときに、スタッフの方がミスをしたらしく、野村先生が激しく怒ってらっしゃいました。
    「ちょっとしたことが命取りになるんだ」ということをおっしゃってたと思います。
    それを聞いたときに、「あぁ、この先生は本当に真剣なんだな。信頼できるな」と思ったのと同時に、その直後に私の順番が呼ばれたときには「怖いのかな」とすこし不安に思ったのです。

    ところが、先生はサッと気持ちを入れ替えられて、おだやかな優しい微笑で「どうしましたか?」と聞いてくださいました。(さすが、プロ!)

    私は、これまでの経緯をまとめたノートを見ながら説明をしました。
    初めての自分のペットだったので、本当に可愛がっていて、症状を心配に思っていたので、説明の途中で涙がにじみ出てきてしまったのです。

    すると、野村先生は「わかりました。大丈夫ですよ。ちゃんと記録をつけていて良いですね」ということをおっしゃってくださいました。

    私は、私の面倒がいたらなかったせいでこのハムスターを病気にさせてしまったのでは?と自分を責め続けていた中だったので、その野村先生の優しさあふれるお言葉は、本当にとても救われた気持ちでした。おそらく、テンパってしまっていた私を診てくださったのだな、と思います。
    おかげさまで緊張と不安がとび、野村先生におまかせすれば大丈夫!と一瞬で私の気持ちも変わりました。

    激務と真剣勝負と同時に優しさを持ち合わせていられるのは想像もできないような精神の持ち主だと思いました。
    今思い出してもありがたくて涙がでてきます。

    今、私はミニチュアピンシャー(13歳オス)と暮しています。
    なぜかみるみる大きくなってしまい
    「ドーベルマンの3ヶ月くらいの子と同じくらいのサイズですね」と言われるような大きさのミニピンです。
    (まったく太ってはいません。スマートです)
    先日、脂肪肉腫ができて切除したばかりです。
    オスカーくんとちょっと似てます。

    オスカーくんの目、哲学者のような印象です。
    人のよう、と言ったらおかしいでしょうか、
    先生がただのペットとしてではなく、真剣に接してらっしゃるから
    オスカーくんもそれをわかっているからだと思います。
    すばらしい関係を築かれていることがオスカーくんの目をみるとわかります。

    野村先生、本当にありがとうございました!
    これからもずっとご活躍を願っています。

  2. 野村先生今日も大変な手術おつかれさまでした。
    診察の順番待ちの時遠くからガラス張りの手術室を見ていたのですが
    あんなに緊張感のある場面を生まれて初めて経験しました。
    銀色のお皿の上にガンの塊を乗せて先生は出てきました。
    先生に聞いて初めて見ましたガンってこぶだらけの肉の塊なんですね。
    そして一件目が終わったと思ったら二件目・・・。
    人間業じゃないと思いました。先生のお体が心配です。

  3. 正体不明な肺魚君(幼体・成体)なのですが・・・
    20年前 幼体で購入して数年前迄うちで元気にしていたハイギョ君に
    色+しわ+うろこぐあい+ひれや全体の形 全てそのまま生き写しです。

    写真の正体不明な肺魚(成体)は生まれて3~4年目でしょうか?
    うちにいたハイギョ君が若いときほんとそのままです!!

    僕が購入した20年前はアンフィビクスとして売られていました。価格¥5000前後
    肺魚でいえば御求め易い価格はドロイ、綺麗な模様のはエチオピクス
    で、ドロイをずんぐりした幼魚がかわいく購入しました。」

    90cm水槽で飼育していたのですが・・確か成長は50cm強
    ぐらいでストップだったきが・・・。

    何か飲み込んだ後、写真のような動きをしていたのを思い出します♪
    (目がひくひくして) 

  4. 私も前から思ってました。
    野村先生とオスカーくんはそっくり!

    とうちゃん類と
    とうちゃんの息子類。。。ですものね!
    (*^_^*)

  5. はじめまして。 先生の動物に対する愛情の深さと、情熱に感動しています。 ところで、オスカーくんと野村先生の顔が、まるで一卵性の双子のようにそっくりで、なんだかほっこりして笑っちゃったのは私だけでしょうか? 

  6. コンニチハ☆

    野村先生 カッコイイ(><)

    私は まだドーベルマンを近くで見た事?ないですけど

    オスカー君 とても綺麗 なのでしょうね☆。・* 

  7. 命の歴史は神秘的ですね。
    サイレンの指が赤ちゃんのゆびみたいで、でも、全身の写真だと魚ですし、とても不思議な気がしました。
    先生のお話は飽きさせませんね。どんどん引き込まれていく感じでした。
    素晴らしい命の歴史のお話をありがとうございました。

  8. センセイのウチのコだけで、生物の進化の過程が表現できるとは!
    しかし、こうして見ると 少しずつ適応進化して来た様子がよくわかります。

    いきものたちが、少しづつ変わりながら 生き抜いてつなげて来た生命の環。
    人間たちが断ち切る事の無いよう、気をつけて行かないといけませんね!

  9. 野村先生の多才ぶりにはいつも驚かされてしまいます。

    手術の上手さは定評ですが
    本を書いたり絵を描いたり万能選手ですね!
    新刊を心待ちにしています。
    このブログを本にまとめてくださるだけでも
    絶対に買いです!
    先生の写真もプロ級ですから。

    先生が「笑っていいとも」に
    レギュラー出演していた頃からのフアンです。

    野村先生いつもありがとう!

  10. 獣医さんってやっぱりすごいなーっと、素直に感動しました^_^
    学校の授業の100倍はわかりやすく、面白かったです!
    生き物の歴史の美しさにも感動までしました☆彡
    野村先生は、すごく憧れの先生で(まだ高校1年ですが笑)、いつもかっこいいなー、と思いながら生活しています!
    オスカーくん、かわいすぎですね!幼さもまだ抜けてなくて、あどけない感じも大好きです♥
    大好きな生き物についてもっともっと知りたいです!
    いぬが特に好きなので、たくさん教えてください^_^

  11. 進化の過程がとっても分かりやすかったです。
    ありがとうございました。
    とくに正体不明の肺魚の成体が印象的でした。

    同じとうちゃん類としてとうちゃんの息子類を大事にしてゆきます。

    お忙しいことと思いますが、ブログ楽しみにしています。
    お体に気をつけて、けもののお医者様頑張ってください。

  12. すごく感動的!モデルはすべて自前ですからさらに感動的。
    みんなかっこいいやつら(失礼ながら)ばかりですね!
    byオスカー、だけあって、最後が笑えちゃいました。
    とうちゃん類のとうちゃんって・・・・。あははは、おもしろい。
    おもしろくかっこいい親子ですね。

  13. 素晴らしい!!!

    これは教科書に出来ますね(^o^)

    大変な年月を重ねた進化の過程。分かりやすく早速子供にも見せたいと思います。

    きちんとした理由があって生まれてきた動物達。本当にかけがえの無い存在なんですね。

  14. 今回のお話、大変わかりやすく感動しました。
    オスカー君は美しいドーベルマンに成長されましたね。
    まだあどけないお姿の頃に一度拝見しましたが、愛らしい瞳が印象的でした。

    生物の進化過程、深く勉強させられました。
    しかし、野村先生は本当に素晴しいですね。
    難しい言葉を一切使わずに、きちんと必要なことを示してくださいます。
    いつまでも、お優しく、強く、カッコイイ先生でいてくださいね★

  15. 自分の身体のかたちを変化させることが出来るなんて、
    よく考えたらすごい事なんだなあ(*_*;っと改めて思いました。
    私が鰓呼吸したいと願っても進化してくれないし~。

    しかし、先生もカッコイイですがオスカー君のイケメンぶりにびっくり!
    精悍な顔つきで目がいいです!眼力あって毛も艶々筋肉すごくて
    めちゃくちゃカッコイイですね!!モテモテでしょうね~!
    どんどん大人っぽくなってておばちゃんびっくりでした!
                   

  16. どの生き物も愛らしく、命の尊さ、不思議さを思います。

    自分もまた長い長い時の流れの今に存在する不思議も思います。

    楽しく素晴らしい物語でした、解説をありがとう、オスカー君。

    オスカーとうちゃんが、激務ながらこんなにも楽しい物語を作ってヒトを笑顔にできるのは、犬の心を持っているからなんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*