ハミルトンガメ

DSC01120

ハミルトンガメの“タマ太郎”も

すくすく成長しています。

体積的には四倍になりました。

大人の手のひらくらいの大きさですが

甲羅の厚みがあるので結構なボリュームです。

食いしん坊なので私の姿を見つけると

大急ぎで水底を走ってきてエサをねだります。

水中のカメはすばしっこくて機動力抜群ですね。

写真のタマ太郎の姿勢を見てください。

左腕を腹甲の中央に置いて身体を支えています。

次の動作は左腕を後ろに蹴りだすわけですが

これを左右交互に行って推進力を得るのです。

重い甲羅を地面に打ち付けることなく

水平に安定させながら前に進むには

利にかなったフォームですね。

この世の全ての答えは

実は自然界にあります。

「ハミルトンガメ」への3件のフィードバック

  1. おはようございます!
    今日も一日、元気に頑張りましょうね!

    みなさまへのお返事です。

    >takさま
    人間の友人から恋愛相談を受けた際、
    怒張した局部をメスに見せつけてはどうだろうかと
    提案したところ当人は半分本気にしていましたが
    その後連絡が途絶えています。

    >マロンのパパさま
    人類の発明はいつも随分と
    遠回りをしているように思えてなりません。
    実際に年月をかけて進歩したテクノロジーは
    どんどん生き物に似てきます。

  2. タマ太郎くんも大きくなりましたね(^^)

    この世の全ての答えは自然界にあるなんて奥が深いです(^^)v

    お写真を見たときに一瞬、欽ちゃん走りかと思いました(^○^)

    動物から学ぶ事が多いですねd=(^o^)=b

  3. ポルカちゃんといい、黒白の水玉模様がカワイイですね~。
    でも その衣装は 我々の眼を楽しませるためのものなんかじゃなく、生きるための迷彩服なのでしょうか・・・

    ホントに自然や動植物には学ぶことが多いですね!
    私も、気になるアノ娘の前で フウチョウみたいに求愛ダンスしてみようかな?

    ・・・オマワリサンに 連れて行かれちゃいますね。きっと。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*